ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

HBCラジオ「Hello!to meet you!」第154回 中編 (9/8) 

2019-09-11 00:00:01 | Weblog

 

前編からの続きです。

状況は、沙菜のチューモクeyesのコーナーの途中で、今回、沙菜ちゃんが紹介した本、
“1泊2日で憧れを叶える! サク旅”の説明をしている途中からです。

(S=沙菜ちゃん、KI=石栗奏美ちゃん)

S 「そうそう、で、色々、こう、見てみたんですけど~!私はねぇ、うんとねぇ、こちらです!
“はしご酒してみる旅、博多!”」
KI 「オ~?」
S 「博多が~、ま、石栗君はね、まだ、お子ちゃまなので!」
KI 「はい!フフフ」
S 「フフ、味わえませんけれども!フフ」
KI 「ピッタリ、15歳です、は~い!フフフ」
S 「ピッタリ、15歳ですね!」
KI 「中学生です!」
S 「アハハハ」
KI 「フフフ」
S 「私、今年、30歳に、なりましたので、そういう、ちょっと大人の旅も、してみたいなァと思って~!
ま、博多と言えば、やっぱり、こう~、お酒?」
Ki 「う~ん・・」
S 「アノ~“夜が楽しいと言うけれど、食べ歩きや、お酒が好きな人に、とっては天国、
地元の人も、観光客も、みんなで、グルグルと店を周って、はしご酒をしている様子は、
街全体が、テーマパークに、なってるみたいです“」
KI 「へぇ~?」
S 「って言う、何か、そのちょっと、気になるような、ワードが沢山、有って~!」
KI 「は~い!」
S 「で、1日目?例えば、12時頃、博多に着きました!」
KI 「はい!」
S 「まずは、お昼ご飯だよね、っと!ま、そこ、うんと、お昼ご飯に行ったらいい、って言う所が、
書かれてます!」
KI 「はい・・」
S 「その後~、アノ~、意外と、スターバックスコーヒーに行ってみよう~!って、言って!」
KI 「ア~?」
S 「博多の、ちょっとした名店?」
KI 「はい!」
S 「の、所に行ってみよう、とか~、もう全部、書かれてて~!そう、これはねぇ、何か、
ふとした休み?・・」
KI 「はい!」
S 「急に出来た休みの時に~、この本を、1冊、持ってれば~!アッ、何処か、行けちゃうな!って言う・・」
KI 「ア~?」
S 「そう、勇気が持てる、一歩、踏み出せるような、本に、なってるんですよ!で、その食べマップも~、
その、はあちゅうさんのイラストだったりとか~、その行った所の~、その、自分で撮った写真などとか~!
一杯、載って有るので~!」
KI 「うんうん!」
S 「何か、文字だけじゃなくて、こう~、判り易くて、楽しみながら、見られるんですよね!
こう、ウキウキしながら、私、見てるんですけど~!」
KI 「はい!」
(マァ、自分のプランに見合った、旅先が本を通して、楽しく探せそうですね)(^^)

S 「で、石栗君、何処、行きたいですか~?」
KI 「石栗君は~・・」
S 「うん?」
KI 「山形に~・・」
S 「山形?」
KI 「行きたいです!」
S 「オッ、いいトコ、言いますね!“世界一のクラゲを見に行く旅!クラゲドリーム館”と、言うコトで~!」
KI 「クラゲドリーム?」
S 「山形は、クラゲを、お勧めしてます!」
KI 「オ~?」
S 「見て下さい!」(山形のページを広げてるようです)
KI 「アッ、綺麗~!」
S 「今、本ね、持って来てるんです!」
KI 「は~い!凄~い、クラゲが沢山、居ます!フフフ」
S 「だから、芸術~だよねぇ?」
KI 「は~い!」
S 「写真も、載ってるんですけど!」
KI 「はい“クラゲは、自分が生きていることを知らなくて、気付いていたら、生きていたから、
取り合えず、フワフワしているのだそう!そんな話を聞くと、気持ちが軽くなりますよね?“・・」
S 「フフフ」
KI 「って、書いて有ります。」
S 「石栗君が、フワフワし始めましたね、急に~!フフフ」
KI 「“人生に疲れた人は、クラゲドリーム館へ!”フフフ」
S 「アハハハ」
KI 「アレ~?フフフ、15歳、疲れてる~?フフフ」
S 「フフフ、まだ、疲れてないと思うけど~!」
KI 「まだ大丈夫です!エンジョイしてま~す!」
S 「イヤ、でも、癒されますよ~!世界一のクラゲの水族館って言ってますから!はあちゅうさん!」
KI 「行きたいですねぇ!?」
S 「そう、その何かねぇ、その場所、その場所で~!こう、グ~とね!」
KI 「はい~・・」
S 「こう~、1泊2日だったら~、ここを抑えとけば、いいんじゃない?」
KI 「は~い!」
S 「って、言うコトが~、こう、書かれているので~!是非是非、旅~、行きたいな、って言う方!」
KI 「はい・・」
S 「ちょっと、この本、お勧めです!“1泊2日で憧れを叶える、サク旅”っと、言うコトで~!
今日は、ご紹介してみました~!」
KI 「はい!」
S 「又、沙菜のチューモクeyes、やりたいと思います。宜しくお願いしま~す!」
(マァ、女性目線の旅行ガイドブックと言うコトで、興味が湧きそうな本と言う感じですかね)(^^)

ここで少し、間が空きました。

S 「サァサァ、今週も沢山、メッセージを頂きました~!ご紹介して行きま~す!ラジオネーム“チャパさん”
“カナミン、初の、ハロコン全国帯同、お疲れ様でした~!”・・お疲れ様でした~!」
KI 「有難うございます。」
S 「“私は仙台公演と、地元、公演を観に行きました。カナミンの研修生ユニットとしての、
パフォーマンスは勿論、素晴らしかったですが、ひな壇に座ってる時も、手を抜かずに、
大きく、手を振り上げたり、盛り上げようとしている姿が、キラキラと輝いていて、目に焼き付いています。
全公演が終わった今、感じていることが有れば教えて下さい“」
KI 「はい・・」
S 「そして、ラジオネーム“横浜のモモタンさん”も!
“ハロプロ研修生ユニット、初の、ファンクラブイベント、行って来ました~!”・・」
KI 「う~ん・・」
S 「“いつものガッツリライブは、勿論、大好きなんですが、トーク中心のイベントも、凄く楽しいですね。
5人、それぞれのキャラが、立っていて、凄く、良かったです!“・・」
KI 「はい!」
S 「“僕達から見ると、天使にしか見えないカナミンが”・・」
KI 「フフ・・」
S 「“桃太郎の配役決めでは、メンバー全員一致で、オニに、されてたり”・・フフフ」
KI 「アハハハ」
S 「“5人の中で、1番、女の子っぽいのは?の問いに、自分を選ぶも、誰もカナミンを、
選んでくれなかったりと、意外なイジられっぷりが、面白かったです“・・」
KI 「フフフ、は~い!」
S 「“笑い・・次の名古屋も、益々、楽しみ!発表会と、同時進行で、大変だと思うけど、
朝は、しっかり、ゼリーを食べて頑張ってね!“と、頂きました~!」
Ki 「フフフ」
S 「っと、言うコトで~!」
KI 「有難うございま~す!」
S 「改めて、ハロコン全国帯同、お疲れ様でした~!」
KI 「有難うございま~す!」
(マァ、今回は、しっかり、ユニットとして、一緒に、全国を周りましたからね)(^^)

S 「(拍手してます)・・イヤ~、まずは、そちらの、お話、聞きたいなァと思うんですけど!
どうでしたか?大変でしたよね?きっと、きっと~!?」
KI 「そうですね、でも、自分の、こう~、人生の中で~・・」
S 「う~ん・・」
KI 「夏休みを、これだけ~、このハロープロジェクトのコトに、捧げられたの、初めてだったので~!」
S 「そっか~?」
KI 「凄く、楽しくて~、嬉しかったですね!」
S 「もう、学生のね、夏休みって言ったら、やっぱり、もう~、海、行ったり、キャンプ行ったり~、
どっか、行ったり~、って、言うコトが多いと思いますけど!石栗奏美は~、ハロプロに~!・・」
KI 「はい!フフフ」
S 「捧げました!フフフ、捧げました・・色々、混ざっちゃった!」
KI 「そこに、ちょっとだけ~!フフフ」
S 「捧げました・・アハハハ」
KI 「フフフ」
S 「大変なコト・・失礼しました~!エ~?思い出の公演とか、有りますか~?」
KI 「思い出の公演は、その、今回のハロープロジェクトのコンサートでは~!
Beautifulと、harmonyって、2つの公演メニューで~・・」
S 「う~ん・・」
KI 「公演が有ったんですけども!やっぱり~、北海道公演が・・」
S 「地元ね?」
KI 「思い出でしたね!」
S 「エッ、どういう風に違ったの?その、公演の違いって?」
KI 「うんと、Beautifulと、harmonyでは~、そのまず、ダンス部が~、有るんですけど、
ハロプロダンス部の~、Beautifulチーム、harmonyチーム、みたいな感じで分かれて~!」
S 「う~ん・・」
KI 「そこに、Beautifulを題材にした、ダンスと~!harmonyを題材にしたダンスを、やったり~!
後は~、基本的に、その曲目が~、まず、違って~!Beautifulと、harmonyでは、全然、違って~!」
S 「う~ん?」
KI 「後~、各グループの~、メンバーが、色んな曲をやる、シャッフルコーナー、って言う部分が、
有るんですけど・・」
S 「ア~、面白そう~!」
KI 「はい、そこも~、全然、Beautifulと、harmonyでは違ったので~!」
S 「うんうん!」
KI 「凄く、見所だったなと思います!」
S 「で、石栗は~、もう、両公演・・だから、やるコトも全然、違ったから~?」
KI 「そうですねぇ!」
S 「それこそ、大変だよねぇ?・・」
KI 「はい、でも、それも~、やっぱり、自分もやってて~!袖で・・舞台袖で、見てるのも、
凄く、楽しいですし~!」
S 「うんうん・・」
Ki 「ホントに、いい経験に、なりました!」
S 「へぇ~?成る程~!」
KI 「はい!」
(マァ、カナミンとしては、大きなライブに全国帯同して、素晴らしい体験が出来たと言う感じですかね)(^^)

この後、後編に続きます。



コメント   この記事についてブログを書く
« HBCラジオ「Hello!to meet y... | トップ | HBCラジオ「Hello!to meet y... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事