ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

モーニング娘。'19牧野真莉愛の「まりあんLOVEりんですっ♡」第146回その3(3/12)

2019-03-18 00:00:01 | Weblog

  

その2からの続きです。

状況は、マリラブ初の公開録音の途中で、リスナーのメッセージ紹介が終わって、
次のコーナーに移る場面からです。

(M=マリアン、A=石田亜佑美ちゃん、R=横山玲奈ちゃん、T=森戸知沙希ちゃん、Z=3人全員
【】=客席のファンの反応)

M 「はい、続いてのコーナーは、こちら!」
A 「バースデーケーキ、争奪!・・」
Z 「ダジャレ選手権~!」【イエ~ィ!】(拍手してます)
M 「イエ~ィ!」
A 「エッ、ダジャレ?」
M 「ダジャレです!アノ、石田さんは、1月7日!」
A 「はい!」
M 「私、牧野真莉愛は、2月2日!」
A 「うん・・」
M 「森戸ちぃちゃんは、2月19日!」
T 「はい!」
M 「ヨコヤンは、2月22日と、皆さん、お誕生日が近いですよね?」
A 「近い~!もう~・・フフ」
R 「近い、近い!」
M 「スッゴイ、近い!」
T 「うん!」【アハハハ】
M 「そこで~、この4人で、ダジャレを・・ダジャレ対決をして!」
A 「はい!」
M 「1番、お客さんの拍手が多かった人に!名古屋の美味しい、ケーキ屋さんの、バースデーケーキを・・」
R 「ヒャ~?!」
M 「プレゼントしたいと思いま~す!」
A 「欲しい~!」
R 「ウワッ、頑張る~!」
T 「これ、いい企画ですねぇ!」
R 「やった~!貰うのは得意やからねぇ・・」
A 「そう、真莉愛はねぇ・・」
M 「うん、そう、私~、そうですよ!ダジャレも完璧で~!」
A 「オッ?・・」
(マァ、マリアンは、マリラブ内で、ダジャレコーナーも持ってますからね)(^^)

M 「アッ、今回、ダジャレの評論家として・・」
A 「はい!」
M 「私も参加しますけど~、皆さんの評価も、したいと思います!」
R 「ウワッ?・・」
A 「厳しそうだなァ?」
T 「コワいよ~!」
M 「順番、どうします~?」
A 「エ~、ちょっと、自信が有る人~?」
R 「無い、無い、無い!でも、ヤダ、先に、やりたいかも?先!」
T 「私も先にしたい!」
A 「先に行きたいかも!?」
M 「私も先!」
A 「エッ?でも、1番は~、ヤダ!【アハハハ】・・2番がいい!」
R 「待って!?2番が、いい~!」
A 「アハハハ、1番はヤダ~・・」
R 「じゃあ、2番争奪、ジャンケンで!」
A 「アッ、そうね?OK~!」
Z 「最初はグ~、ジャンケン、ホイ!・・あいこでしょ!」
R 「セーフ!」
A 「ヨコヤン、2番ね!」
R 「2番!」
A 「じゃあ~、勝った人が1番ね!」
T 「判りました~!」
A&T 「最初はグ~!ジャンケンホイ!」
A 「アレ?・・」
T 「アッ、やった~!1番?・・」
A 「よ~し!」
T 「何で~?」
A 「ちぃちゃんが、1番!・・」
M 「で~、ヨコヤン、2番~!」
R 「ア~?」
M 「石田さん、3番~!」
A 「はい!」
M 「で、真莉愛は、もう、最後に、ビシッ、と!・・」
A 「オ~?」
M 「やると思うので!」
A 「OK、OK~!」
(マァ、どうやら、ちぃちゃん、ヨコヤン、アユミン、マリアンの順番で決まったようですね)(^^;

M 「では、まず、トップバッターの~、エ~、石田さん?・・」
T 「私、森戸知沙希!」
M 「ちぃちゃん!」
A 「今、言った~!フフ、今、言ったのに~!」
M 「フフ、ゴメン、ゴメン!エ~、森戸知沙希ちゃんの、ダジャレ、3、2、1!」(ゴ~ンのSE)
T 「“名古屋は、なごやか!”」
M 「オ~?」【オ~・・】
T 「フフ、恥ずかしい~!もう、ヤダ~!これ、だからヤダ!マァ、トップバッターだから、この位で!」
A 「ア~?成る程!」
M 「でも~、シンプルで~、キュッ、と、纏まってるの、自分、好きなんで~!」
T 「アッ、ホント~?」
R 「自分、好きか?・・」
M 「結構、いい~!」
T 「牧野先生かな?・・それは、有難うございま~す!」
R 「評論家ね!」
M 「フフフ・・じゃあ、続いて行きますよ~!続いては、ヨコヤンのダジャレ!3、2、1!(ゴ~ンのSE)」
R 「“綺麗な、玲奈!”」【フゥ~、フゥ~!】
M 「オ~、今回、レベル高~い!」
R 「エッ、ウッソ~?アハハハ」
A 「ウワ~?」
M 「アノ~、アノねぇ、良く、リスナーさんからも~、何か、メンバーの~、アノ、名前でダジャレ、
送ってくれる人、多いけど~!」
A 「はい!」
T 「へぇ~?」
M 「結構、トップクラス!」
R 「やった~!」
A 「ヨコヤ~ン!」
R 「私、トップクラスですか?」
T 「凄~い!」
A 「ウワッ!」
M 「ヨコヤン、素晴らしかったです!」
R 「やった~、キングも近いぞ、これは!?」
M 「アハハハ」
A 「ヤバい、ヤバい、ヤバい!これは・・」
T 「まだ、判んない・・」
(マァ、スッキリ纏まった、素晴らしい、そして綺麗なダジャレと言う感じですかね)(^^)

M 「はい、じゃあ、続いて、石田さんのダジャレ、3、2、1!」(ゴ~ンのSE)
A 「“せんべえが、ダンスなんて、せんべぇ~?”」【オ~?】(パチパチ拍手起きてます)
M 「オ~!?」
R 「オ~!フフフ」
M 「大丈夫、ダジャレって、テンテンテン、オ~、だから!」【アハハハ】
A 「エッ、何か、私だけ、フォローがヒド~イ!」
R 「アハハハ」【アハハハ・・】
A 「あ~、みんな、レベルが高いとか、言われてるのに、私だって、良かったと思うんだけど~・・」
M 「そう、ちゃんと、頭の中で理解して~!オ~?って、なりましたよね?・・なりましたよね!」
【ヒュ~!】(又、拍手してます)
R 「ヒュ~!」
M 「だから、いい、ってコトです!いい、ってコト!」
A 「判ったよ!よ~し、ビシッ、と最後、締めて貰ってもいいですか?」
R 「そうそうそう~!」
M 「ダジャレノートを書いている、牧野真莉愛から!」
A 「オ~?・・ラジオじゃ、伝わらないけど、センターに行きました!」【オ~!?アハハハ】
M 「はい、じゃあ、牧野真莉愛の、ダジャレ!3、2、1!(ゴ~ンのSE)・・
“カバの、カバー!”」【アハハハ・・】
A 「アハハハ・・オ~?」
R&T 「オ~?」
A 「ア~、オ~?この間か~?成る程ね!」
T 「成る程ね!」
R 「もう、言い慣れてる感、凄~い!」
A 「そうだよねぇ!」
T 「凄~い!・・」
M 「言い慣れてるから、凄いけど~!フフ、1番、しょうもない顔してた!」
R 「イヤイヤイヤ、でも、動き、好きで見てました!これは、ラジオじゃ、伝わらないけど・・」
M 「そう、アノね、カバのカバー、にするか?カバをかばうか?困ったの!?」
A 「ア~?・・」
R 「ア~、成る程ね!」
A 「カバを、かばう?・・」
R 「・・の、ほうが良かったかなァ?」
M 「エッ、じゃあ、もうフフ、触らないでよ、って顔、してますよ、みんな!」
T 「フフフ」
(マァ、どうやら、マリアンのダジャレは、現場のファンには、あまり、いい反応が得られなかったようですね)(^^;

M 「は~い、では、それでは、この中から~!誰のダジャレが1番、面白かったか?」
A 「大丈夫、ドングリの背比べ的なレベル!誰でも良くない?みたいな!」
R 「みんな何か、エ~?みたいな!」
M 「これは、皆さんには、どうでもいいかも知れないけど、私達には、バースデーケーキが、
掛かってるんですよ!」
A 「そうだねぇ・・」
M 「結構、本気だから!」
A 「真莉愛、確かにね、いつも、やってるからねぇ・・」
M 「そうだね、もう、自信、有り有り!エ~、で~、まず、1人目の、ちぃちゃんが、良かったと思う人~?
(それなりに拍手が起きてます)・・」
A 「辛い、辛い、辛い・・辛過ぎる・・」
T 「ホントに辛い・・有難う・・」
A 「じゃあ、次、行きましょう?」
M 「エ~、2人目の~、ヨコヤンが、良かったと思う人~!」(かなり大勢の人が拍手してます)
R 「オ~、やった~!」
T 「凄~い!」
M 「ここの会場、判り易い!」
R 「判り易い、有難うございます!フフフ」
M 「エ~、3人目の、石田さんが良かったと思う人!」(こちらも、それなりに拍手が起きてます)
M 「成る程~!」
R 「1人1人の、拍手の音が大きい!」【アハハハ】
A 「ア~、そう?・・」
R 「あのね、1人が頑張って叩いてる!」【アハハハ】
M 「フフ、はい、そして最後、牧野真莉愛が良かったと思う人~?!」(やや少なめな拍手が起きてます)
T 「エ~?」
R 「何と~!?」
M 「オ~!エッ、確かに何か、もうちょっと、もうちょっと、くれる?・・」【アハハハ】
R 「イヤイヤイヤ・・待って、待って!」
A 「オイオイオイ!」
R 「無いや~ん?ちょっと~?」
M 「フフフ・・」
A 「ウワ~、これね、鍛えられるねぇ、ハ~ト!」【アハハハ】
R 「ハ~ト、ハート・・メンタルね?」
(マァ、公開放送の中では、ファンの反応が直に伝わって来ますからね)(^^;

M 「っと、言うコトで~!1番、拍手が多かった、ダジャレ女王は~?ヨコヤ~ン!」
R 「イヤ、やった~!」(ファンファーレのSE)
A 「そうだねぇ!ヨコヤンがね!」(場内にハッピバースデーメロディが流れています)
R 「ねぇ、みんな、綺麗と思ってくれてるのかな?」
M 「綺麗なヨコヤン、良かったよ~!」
R 「ホントですか~?綺麗な、玲奈!」
A 「綺麗な玲奈!」
T 「綺麗な、玲奈!・・」
M 「これからも使わせて貰います~!」
R 「アリャリャリャ?フフフ」
M 「・・ア~?」(会場に、バースデーケーキが運ばれて来たようです)
A 「素敵な、バースデーケーキが登場しました~!」
M 「可愛い~!」
T 「おめでとう~!」
R 「やった~!やった、やった、ゴメン・・」
T 「1人で食べるの?」
R 「ゴメン、ゴメン・・」
M 「フフフ、は~い、っと、言うコトで、今~、この~、お誕生日の、私達、4人の~・・」
R 「はい!」
M 「バースデーソングを、みんなで歌いたいと思います!」
A 「せっかくなのでねぇ・・」【オ~!】
T 「やろう!」
R 「そう、これ、バースデーイベントなんですよね?」
M 「そうそう、そうなんです!で、お互いね、歌い合いましょう!」
R 「はい!」
(マァ、4人揃っての、合同バースデーソング合唱と、言う感じですかね)(^^)

M 「はい、ってコトで、名前は~~・・」
R 「うん!」
M 「石田さんは~、石田さんから順番に行きましょう!」
A 「アッ、全員の名前、呼んでくれるんですね?やった~!じゃあ~、石田は、アユミンで~!」
M 「で~、真莉愛は・・、マリアで!」
R 「じゃあ、私、ヨコヤンって!」
T 「ちぃちゃん、で!」
A 「OK~!」
M 「それ、ギュッ、て、入れて下さいね!」
A 「はい、頑張りましょう~!」
M 「はい、エ~、それでは、行きま~す!せ~の・・」
Z 「♪ハッピバースデートゥーユ~、ハッピバースデー、トゥーユ~、ハッピバースデー、ディア、
アユミ~ン、マリア~、ヨコヤ~ン、ちぃちゃ~ん♪・・」(ファンも全員、歌っています)
A 「せ~の!・・」
Z 「♪ハッピバースデー、トゥーユ~!♪」
A 「イエ~ィ!」
Z 「イエ~ィ!」【ウォ~!】
(マァ、しっかり、全員で歌い切りましたね)(^^)

M 「おめでとうございます!」
A 「おめでとうございます、アッ、有難うございま~す!」
R 「有難うございま~す!」
M 「アッ、お誕生日の方、おめでとうございま~す!フフフ」【フゥ~!】
R 「嬉しい~!」
T 「嬉しい~・・」
M 「嬉しいですねぇ、っと、言うコトで、有難うございました~!」
A 「は~い、有難うございました~!」
M 「このケーキは、アノ、後で、楽屋でね!」
R 「はい!」
M 「ザックリ、ヨコヤンが分けます!フフフ」
A 「アハハハ」、結構なホールのサイズ!」
T 「アッ、ホント~!」
R 「はい、私が食べます!」【フフフ】
A 「フフフ」
M 「以上、バースデーケーキ争奪、ダジャレ選手権でした~!」【ヒュ~!イエ~ィ!】
(マァ、最後に、又、拍手が起きて、バースデーソング合唱は終わったようですね)(^^)

ここで、少し間が有って、音源が、マリアン1人のブースに戻りました。

マリアンは「エンディングで~す!っと、言うコトで、皆さん、公開録音の模様、如何でしたか~?
又、やりたい!真莉愛は、絶対に、又、やりたいです!もう、やっと出来たので~!今度もね、
是非、皆さんの前で、公開録音、出来たら嬉しいです!又、公開録音の感想なども、
ドシドシ、送って下さい!・・」と言って、ここからインフォメーションを色々、語っていましたが、
最後に「・・来週は、いつも通りの、通常放送と、なりますので、宜しくお願いしま~す!
っと言うコトで、今日はここまで~!明日も嬉しいコト、楽しいコト一杯有るといいね!
お相手はモーニング娘。‘19の、牧野真莉愛でした~!おやちゅマリア!」と言って
終わっていました。マァ、公開録音は、マリアンの色んな表情も、一杯、見れるので、
それも楽しみです。是非、又、企画して欲しいですね。(^^)
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モーニング娘。'19牧野真莉愛... | トップ | HBCラジオ「Hello!to meet y... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事