ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「ラジオ日本、カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」第136回 (11/12) 

2017-11-17 00:00:01 | Weblog

 

今回も、オープニングトークをレポさせて頂きます。

(R=山木梨沙ちゃん、N=梁川奈々美ちゃん)

R 「ムロタン、カミコ、カワムー、お疲れ様でした~!」
N 「お疲れ様でした~!・・はい、って、言う訳でですね、ANGERMEさんと言えば!・・」
R 「うん!」
N 「先日、ANGERMEさんの出演舞台、テレビジョンを!・・」
R 「ホゥ?・・」
N 「観に行って来まして!」
R 「うん!」
N 「アノ、梨沙ちゃんは残念ながら、その日、バースデーイベントのリハーサルが有ったとのコトで!」
R 「そうねぇ、行きたかったワ~!」
N 「アノ~、ちぃちゃんと、舞ちゃんと・・」
R 「うん!」
N 「私と、3人で!」
R 「うん・・」
N 「ちょっと、アノ~、船木結ちゃんの保護者、みたいな!感じで・・」
R 「フフフ」
N 「フフ、行って来たんですけれども~!」
R 「うん!」
N 「でも、凄く~、ホントに舞台が楽しくって~!」
R 「うん・・」
N 「アノ、ホントに~、カミコちゃんとかも~、凄く~、何か、歌の透明感とかも、凄かったりだとか~!」
R 「うんうんうん!」
N 「アノ、何か、結構、皆さん~、その役?に、嵌まってらっしゃる方って言うのが、凄く多くて~!」
R 「へぇ~!?」
N 「後、個人的に、私は、和田彩花さんの~、その、結構、その、ま、キャリアウーマンっぽい役、
だったんですけど~!」
R 「アッ、そうなんだ?」
N 「アノ、手足の長さと、メチャクチャ、マッチしてて~!」
R 「フフフ、ア~?フ~ン!」
N 「スッゴイ、カッコいいなァと思って~!」
R 「う~ん!」
N 「でも、ホントにね、舞台の、お話自体も、物凄く、楽しくて!」
R 「へぇ~?」
N 「何か、自分も、感情移入して楽しませて頂きました!」
R 「うん!」
N 「アノね、又、是非、ANGERMEさんの舞台とか、有れば、観に行きたいなと思います。
有難うございました~!」
R 「うん、その時は、又、私も、絶対に行きます!」
N 「はい、それでは今夜もスタートです!1422ラジオ日本、カントリーガールズの・・」
R&N 「只今、ラジオ、放送中!」
(マァ、是非、今度は、カントリーガールズメンバー主演の、舞台も実現して欲しいですね)(^^)

(ここでオープニングミュージックが流れました)

R 「皆さん、こんばんは!カントリーガールズの山木梨沙です!」
N 「梁川奈々美で~す!」
R 「っと言うコトで、この2人と言えば~?」
N 「はい!」
R 「最近~、2人で~、ご飯に行ったんですよねぇ!」
N 「行って来ました~!」
R 「はい、マァ、初めてじゃない?・・私、あんまり~、その~、初めて、ヤナミンと、
ご飯、行った時の記憶が、あんまり無いんですけど~・・」
N 「フフフ」
R 「だけど、2回目なんだよね?」
N 「多分、初めてじゃ無~かったと思いますけどね!?」
R 「うん、ヤナミンの記憶からすると、多分、2回目みたいなんですけど!」
N 「はい!フフ、判んない!フフフ」
R 「そう、私の記憶じゃね!・・」
N 「は~い!」
R 「初めてに、なっちゃってるんだけど~!」
N 「は~い!フフフ」
R 「エ~、でも~、でも、それ位~、2人で~、ご飯、食べに行くのは~?・・珍しくて~!」
N 「中々、無いですよね?結構、ちぃちゃんと、ご飯、食べに行ってるイメージが有るんですけど~!」
R 「ア~、そうね、そうかも~?私は確かに、ちぃと、多いかもね?」
N 「う~ん!」
R 「うん、偶々~、予定が2人で合ったので~!」
N 「は~い!」
R 「お仕事の前に~、ランチしたんですけど~!そう、何?何だろうなァ?
何か、やっぱ、話が尽きないよね!」
N 「フフ、私ですか~?」
R 「うん、ヤナミン!フフだから~、話が~、終わったなァ、と思ったら、もう、フツーに、
アノ、聞いて下さい、アノ~、梨沙ちゃん?みたいな感じで、凄い、話し掛けながら~!・・」
N 「フフフ」
R 「アノ、話が尽きないから~!そういう~、何って言うの?ま、空白~?・・」
N 「フフフ」
R 「沈黙の時間?とかが、あんまり無くて~、面白かったなァ、って!」
N 「面白かったですね!」
R 「うん!」(マァ、2人の息はピッタリと言う感じですかね)(^^)

N 「でも何か、その時に~・・」
R 「うん・・」
N 「アノ~、お昼ご飯で頂いたのが~、何か~、ボロネーゼ、だったんですけど~!」
R 「ア~!?」
N 「ナスが入ってたんですよ!」
R 「うんうん!」
N 「で~、私~、ナス~!今まで、ちょっと苦手だったんですけど、何か、美味しそう!と思って、
食べてみたら食べれたんですよ!」
R 「そうですよねぇ!?」
N 「で、やった~!と思ってフフ、梨沙ちゃん、隣りに居たんですけど!」
R 「はい!」
N 「何か、私、ナス、苦手だったんですけど食べました~!って、言うの、何か、照れ臭くて~!
言うの、止めたんですよ!フフフ」
R 「そうだったの~?私、多分、ブログで~、気付いて~・・」
N 「それでブログに書いて~!・・」
R 「そう~、アッ、だから言わなかったんだ~?」
N 「だから何か~、言うの、恥ずかしかったけど~!ブログでアピールしとこうかなァ、と思って~!」
R 「そうだったんだ~?」
N 「ブログに~、書いちゃいました!」
R 「そう言えば、食べてたなァ、と思って~!」
N 「そう!」
R 「後々、気付いたんだけど~!」
N 「そうなんです!」(マァ、何か、照れて言えなかったと言う、ヤナミンが可愛いですね)(^^)

R 「その時にアノ~、足つぼ?・・」
N 「はい!」
R 「に、凄い、痛いって言う噂の~、足つぼに~、行こうとしたら~、行けなかったので~!」
N 「はい!・・」
R 「又、それにも~、ねぇ、今度は行きたいなァ、と思うし~!」
N 「そう、今度、絶対、行きましょう~!?・・」
R 「ねぇ、後は~、フフ、アノ~、その、リアル脱出ゲーム!?」
N 「はい!」
R 「ポケモンの~!」
N 「フフフ」
R 「脱出ゲームにフフ、ちょっと、いい加減、行かなくちゃイケないな、って!」
N 「そう、ずっと行けなくて~!」
R 「そう、この前~、宮澤茉凜さん、LoVendoЯの、宮澤茉凜さんが~・・」
N 「はい!」
R 「グループを作って下さったんですよ!」
N 「は~い!」
R 「私と~、ヤナミンと~、アノ、おかまりさんと、宮澤さんの!」
N 「はい!」
R 「何ですけど~!ま、ちょっと、それも又、動いてなくて~!フフフ」
N 「フフフ、取り合えず、参加~!ボタン、押しただけ、みたいな感じですね~!」
R 「うん、ちょっと申し訳ない~ので~!」
N 「はい!」
R 「マァ、年末まで、確か、やってたから~、延長して!ね、ちょっと、これだけはねぇ、
みんなと行けたらな、と思っています!」
N 「ちゃんと、計画を立ててね!」
R 「ね・・」
N 「頑張って行きたいと思っています!」
(マァ、梨沙ちゃんがLoVendoЯメンバーと、繋がっていると言うのも素敵ですね)(^^)

R 「はい、そして、ちょっと、話は、変わるんですけども!お二人が・・アッ、違った!」
N 「フフフ」
R 「エ~、ヤナミン的に、これから出演したい、攻めたい、ラジオ日本の番組、教えて下さい?って、
有るんだけど~!・・」
N 「はい!」
R 「有りますか?これ!アンケートですね、きっと!」
N 「アノ~、私は、マァ、ラジオ日本さんの番組に、出られるなら、どれでも勿論、嬉しいんですけど~!」
R 「ア~?媚た!フフ」
N 「アノ~、いつも~、何か、フフフ、アレなんですよ!アノ、この前も、出演させて頂いたんですけど!」
R 「うん!」
N 「もっともっと、攻めた~い、って言うのは、多分、BAKUNAIですね!」
R 「ア~?・・」
N 「聴いてますか?元爆さん、金澤さん!?って、言う感じなんですけど~!」
R 「聴いてくれてるかなァ?」
N 「アノ~、この前~、その、出演させて頂いた時も、凄い~、アノ、楽しくて~!
後、元爆さんが~、アノ、ライブを観に来て下さった時に~、アノ、その、ご挨拶させて頂いた時に~・・」
R 「うん!」
N 「もう、ホントに、10分間位、ずっと、元爆さんが、お話してフフ、下さったんですけど~!」
R 「へぇ~?」
N 「お喋りが、尽きないと言うか、凄く、私達自身も聴いてて~、アハハハ~、って、笑っちゃうような?」
R 「フフフ」
N 「面白かったもので!」
R 「へぇ~?・・」
N 「ちょっと又、アノ、お話、聞きに~、そして、私も喋りに行きたいなと思って!」
R 「う~ん・・成る程~!」
N 「は~い!」
(マァ、カントリーガールズの番組と、BAKUNAIは、今後も交流の輪が広がりそうですね)(^^)

R 「イヤ、私は~・・私も~、ラジオ日本さんの番組、出られたら、もう全然、何でも、
大丈夫なんですけど~!」
N 「フフ、は~い!」
R 「それだけで嬉しいんですけど~!」
N 「は~い!」
R 「フフ、そうだなァ?マァ、BAKUNAIもね、出てみたいな、とね、ずっと私、言ってるでしょ?」
N 「はい!」
R 「だから、出てみたいし~!後はアノ~、リリース前とかに~、たまに、
60TRY部(ロクマルトライブ)さんに・・」
N 「ア~?!」
R 「出させて頂くんですけど~、何か~、それも何か、私のイメージの中で~、アァいう、生放送が~、
私の、小ちゃい頃から、イメージとして、居たラジオなので!」
N 「判ります、判ります!」
R 「判る~?」
N 「はい!」
R 「だから~、アレ~が、アレこそ、ラジオだと思って!・・これもラジオだよね?!」
N 「はい!フフフ」
R 「そうなんだけど~・・何か・・」
N 「只今ラジオ放送中、ですから!」
R 「そう~!ラジオ放送中なんだけど~!私の~、ラジオと言えば、の、王道が~、アァいう、生放送の~、
ラジオだから~!何か、アァいうのに~、ゲストじゃなく、ちょい出?・・」
N 「ア~?フフフ」
R 「10分出、15分出、とかじゃなく~、しっかり~、出てみたいな!って、気持ちも有る!」
N 「う~ん、そうだね、何でも!」
R 「ホントに、でもね、色々、他の~、ラジオに出演させて頂く機会って、中々、無いから~!
ま、色んな経験をね、して行けたらいいな、と思います!」
N 「思います!」
R 「それでは今日のファーストナンバーです!」
N 「可愛い、あざとい、そんな1曲です!カントリーガールズで・・」
R&N 「“小生意気ガール”」
(マァ、梨沙ちゃんは、生放送の緊張感に、魅力を感じてると言うコトですかね)(^^)

♪小生意気ガール♪ (カントリーガールズ)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HBCラジオ「Hello!to meet y... | トップ | モーニング娘。'17牧野真莉愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事