ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

HBCラジオ「Hello!to meet you!」第145回 前編 (7/7)  

2019-07-09 00:00:00 | Weblog



今回も諸事情により、前編、中編、後編に、3分割して、更に、オープニングから、
トーク方式でレポさせて頂きます。

(S=沙菜ちゃん、KI=石栗奏美ちゃん)

S 「皆さん、こんばんは!伊藤沙菜です。今週も始まりました、Hello to meet you!
30分間、最後まで、宜しくお願いします。そして今週はですねぇ、先週の放送で、工藤ちゃんと、
山崎ちゃんが、番組を卒業!っと、言う形になったんですけども~!ま、研修生ね、みんな~、
ドンドン、レベルアップ!っと、言うコトで~!ま~、2人の卒業も踏まえまして!
Hello!to meet you!も、レベルアップを、して行きたいと、思っております!
ま、今までね、研修生達が、こう、アシスタントとして、2人ずつ、登場して、くれてたんですけれども~!
アシスタント卒業!(拍手してます)・・っと、言うコトで、これからは、私、伊藤沙菜と、2人体制で、
番組を進めて行く形に、なりました!っと、言うコトで、今月は、この方と、進めて行きま~す!」
KI 「ハロプロ研修生北海道の石栗奏美で~す!」
S 「いいぞ~、石栗!」
KI 「宜しくお願いしま~す!」(パチパチ拍手してます)
S 「宜しくお願いしま~す!」
KI 「フフフ」
S 「2人、凄い、久し振りだねぇ?」
KI 「は~い!」
S 「ね、ドンドン、この番組も、盛り上げて行きましょう~!」
KI 「はい!」
S 「宜しくお願いしま~す!」
KI 「お願いしま~す!」
S 「ま、編集の時期では無いんですけれども、こう、番組の中味もね、ちょこっと、変えながら!
お届けして行きたいと思います!早速、今日は素敵なゲストも登場しますので、
楽しみにしていて下さ~い!皆さんからのメッセージ、ドシドシ、お待ちしています!
宛先は、こちらで~す!」
KI 「(ここでアドレス告知していました)」
S 「そしてTwitter、やってます!(アドレス告知してます)・・番組からの、お知らせだったり、オフショット、
Sanastagramと言うコーナーが有るんですけども、そちらの、写真などもアップして行きます。
是非是非、チェックしてみて下さい!それでは今週も張り切って参りましょう!」
(マァ、北研メンバー、5人中、3人がメジャー昇格と言うコトで、当然、番組内容も、今後は、
変化して行くと言う感じですかね)(^^)

ここで少し、間が空きました。

S 「イヤ~、今週も、ですね、沢山、メッセージを頂いておりまして~!」
KI 「は~い!」
S 「マァ、7月7日と言えばね、この日、と言うコトで~!」
Ki 「はい!」
S 「もう、バッチリなメッセージ、頂きました!」
KI 「はい!」
S 「はい・・」
KI 「“若年寄エビスさん”から頂きました、有難うございま~す!」
S 「有難うございま~す!」
Ki 「“今日、七夕、元々は、織物の名人だった、織姫に、あやかって、女の子の手芸の上達を、
願う日でしたが、現在は短冊に、願い事を書いて飾ることが、主流と、なっているようです。
皆さんなら、短冊に、どんな願い事を書きますか?“っと、頂きました!」
S 「ホォ~?7月7日、七夕なんですけども・・」
KI 「はい!」
S 「北海道は、8月7日なんですよねぇ・・」
KI 「はい!」
S 「だから、7月7日のほうが、覚え易いよね?」
KI 「そうですねぇ!フフフ」
S 「フフ・・」
KI 「ラッキーセブンで!」
S 「フフ、ラッキーセブン!」
KI 「フフフ」
S 「7、7のね、ラッキーセブンで~!マァ、その、地域に依っても~、その七夕の日って~、
アノ~、2種類、有ってね!」
KI 「はい!」
S 「7月7日と、8月7日、有るみたいなんですけれども~!」
KI 「はい!」
S 「願い事が~、叶う日ですよ~!石栗さ~ん!」
KI 「は~い!フフフ」
(マァ、最近は、テレビとかでは、よく、短冊に願い事を書いてぶら下げるシーンは見ますけどね)(^^;

S 「何か、小っちゃい時のほうが~、その、七夕に、お願い事をして!って、言う~コト、
してたような気がするなァ、私!」
KI 「私~、した覚えは、そんなに無いんですよ~・・」
S 「ウソ~?何かさァ・・」
Ki 「小学校で~、1回だけ、書いた記憶は有るんですけど~!」
S 「う~ん・・」
KI 「それ以外は無いです!」
S 「マジで~?」
KI 「はい~!フフフ」
S 「そんな1回きりの、お願い事、何、書いたか?スッゴイ、気になるんですけどね!」
KI 「何だろう~?多分~、アレです!何か~、机~?が、欲しいって書きました!」
S 「オホホホホ・・」
KI 「フフ、アノ、勉強机が~、1コ、有ったんですけど~・・」
S 「フフ、う~ん?」
KI 「何か、白い勉強机が欲しくて~・・」
S 「う~ん・・」
KI 「欲しい!って、書いた記憶が有ります!フフ」
S 「へぇ~?何、願って・・叶った~?」
KI 「はい、叶いました!」
S 「アラ、凄いですねぇ!」
KI 「ゲットしました~!フフフ」
S 「きっと、母が、バッチリ、見てたんだね?それね!」
KI 「は~い!フフフ」
S 「アノ・・ローソク出せ~!っての、判りますか~?」
KI 「ア~、ア~、はいはい!」
S 「皆さん、ご存じですかねぇ?それも何か、北海道ならでは、って!」
KI 「は~い!」
S 「何か、聞いたんですけど~!アノ、小さい時に~、色んなね、お家にね・・」
Ki 「フフフ」
S 「ローソク出せ~、出せ~よ!って、周ってね!」
KI 「はい~!」
S 「お菓子を貰うんですけど~・・」
Ki 「そうです!」
S 「何か、こう~、短冊に、願い事を~、アノ、書くって言うよりかは~・・」
KI 「は~い!」
S 「お菓子を~、貰えるって言う~!」
KI 「フフフ」
S 「直ぐ、貰えるって言うコトで、やっぱり、それも楽しみの1つでしたね!」
KI 「はい~!」
(マァ、直ぐ、手に入るほうが、子供としては嬉しいと言う感じですかね)(^^)

S 「サァ、サァ、大人になって~・・イヤ~、いいですねぇ~!」
KI 「は~い!」
S 「短冊に願い事~、何、書く~?何、書きますか~?」
KI 「エ~?イヤだ・・アハハハ」
S 「まだ、間に合うよ!北海道~、8月7日だから~!」
KI 「そうですね、でも私は~・・」
S 「う~ん・・」
KI 「みんなから、憧れられるような~・・」
S 「う~ん・・」
KI 「素直な人に、なりたい、です!フフ」
S 「エヘヘヘへ・・待って、待って!可愛いじゃん!」
KI 「アハハハ」
S 「エッ、どうして・・エッ、素直になりたいと思うの?素直じゃない~?」
KI 「エ~、何か、その~、もっとちゃんと、その~、有難う~、とか、ごめんなさい、とか~!」
S 「ア~?」
KI 「ちゃんと、伝えられるような!フフフ」
S 「最近、何か、有ったんでしょう?・・」
KI 「フフ、イヤ、無いです!」
S 「アハハハ」
KI 「何か、その~、何って言うんですか?その~、勿論、ファンの皆さんにも、そうなんですけど~!」
S 「う~ん・・」
KI 「もっと、その~、感謝、日頃~、その凄い、応援とかで~・・」
S 「うんうん!」
KI 「感謝、ってか、パワーを、こっちは頂いているので、それを、もっともっと~、120%、返して行けるように、
なりたいなァ、って言う~・・」
S 「いい子ですねぇ~!イヤ、充分、伝わってると思うけどなァ~?・・」
KI 「フフ」
S 「成る程ねぇ!」
KI 「は~い!」
(マァ、カナミンの、その、素直な気持ちは、しっかり、リスナーやファンには伝わっていると思いますけどね)(^^)

この後、中編に続きます。


コメント   この記事についてブログを書く
« モーニング娘。'19牧野真莉愛... | トップ | HBCラジオ「Hello!to meet y... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事