ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「里田まいの ふぁふぁmignon(ミニョン)」第6回 その3(12/10)

2008-12-15 00:01:06 | Weblog


その2からの続きです。

CM後、画面には再度、狸小路を歩く4人の姿が
映っていました。

(M=まいちゃん S=沙菜ちゃん ST=沙織ちゃん A=あっきぃ 
N=ナレーション橘早希さん )

N 「甘いモノを食べながら狸小路をブラブラ、お散歩している4人!
いい~匂いに誘われて、又々、寄り道!こちらは、パンと、お饅頭の中間、
ぱんぢゅう、が人気の、お店!」
字幕に“正福屋 中央区南3条西6丁目狸小路6丁目”と出て、
更に“ぱんぢゅう1ケ50円、チョコ60円、大正ぱんぢゅう65円”と出ていました。

そして4人が、ぱんぢゅうを購入して食べていました。

S 「モチモチして~・・美味しい。」
M 「美味しい!」
ST 「美味しい~!」
M 「何?これ!(沙織ちゃんの、ぱんぢゅうを見ています)・・アッ、
ソーセージだ。これ!」(ぱんぢゅうの中にソーセージが見えていました)
ST 「うん!」
S 「ア~、中に入ってるんだ!」(この辺はパンの感覚なんですかね)(^^;

M 「頂きま~す!」
ST 「こりゃ、美味い!」
S 「美味しい~!」
ST 「うん、甘~い!」
M 「うん、美味しい!」
ST 「美味しい~!」(かなり全員に好評のようです)(^^)

M 「クリーム~!」(中身をカメラに見せています)
A 「ウワ~!美味~い!」
M 「おやきみたいな感じだけど、おやきじゃないのね!」
S 「じゃない!」
M 「パンと饅頭の境風だね。やっぱり!」
S 「そう、ホント、ホント!」
A 「ウワ~、アンコ~!ファファで美味しい~!」
S 「メッチャ、湯気、立ってる!」(あっきぃの、ぱんぢゅうを見て言ってます)(^^)

N 「もう1つの看板メニュー!ベビーカステラも、勿論、頂きます!」
字幕に“ベビーカステラ1ケ10円”と出ています。

M 「ウワ~!美味しい。牛乳、飲みたくなる感じ!」
ST 「ウワ~!飲みたいね~!」
A 「ウワ~、頂戴!」(あっきぃも袋から取り出しています)
ST 「甘味が丁度、いいね。アッ、これ、一杯食べれる!」
S 「美味しい。何個でも、いいかも!」
(かなり小さい感じなので、直ぐ、一杯食べちゃいそうでしたね)(^^;

この後、又、更に4人は西に進み、字幕に
“新倉屋 中央区南2条、西6丁目狸小路6丁目”と出ていました。

N 「今日は、まだまだ食べます。続いて、やって来たのは、お団子が有名な新倉屋!」

画面には店内に入った4人が、コートを脱ぎ、テーブル席に座っている様子が
映っていました。

M 「いいね、何か、こういう、ちょっとオシャレな~、ね~、味の有る喫茶店と言いますか~!」
A 「高校生とか、何か、こう言う所とかさ~・・。」
M 「アッ、イヤらしいね!」
A 「エ~?エ~?フフ」
S 「何が?何が!」
M 「喫茶店ってさ~、ちょっと大人しか入れないみたいなイメージ無い?」
S 「うん!」
A 「有る、有る、有る!」
M 「良く有る、うちの実家のバス停の近くに、アノ、凄いこう言う感じの~、
ちょっと味の有る喫茶店が在るんだけど、入ってみたら、こうやって、
ちょっと楽しいけど~、入るまで、ちょっと、こう、暗い感じがして~!」
ST 「ア~、はい、はい、はい!」
M 「何か、派手な感じじゃない?喫茶店って!だから、ちょっと中が、
どういう感じなんだろう?って~!何か、イヤらしい~・・。」
A 「アダルトなイメージで~ホントに喫茶店って、何で窓を茶色っぽくするんだろうね?」
M 「アッ、そうだよね~!」(結構、まいちゃんと、あっきぃの意見が合うようですね)(^^)

ここで、テーブルに、お団子が運ばれて来ました。
字幕に“花園だんごセット670円(飲み物がつきます)”と出ています。

M 「オッ!来た。ウワ~、凄い!」
S 「ウワ~、美味しそう~!」
ST 「ウワ~!」
M 「美味しそう!」(早速、まいちゃんが食べていました)
字幕に“花園だんご、1本84円”と出ています。

M 「アッ、美味しい~!」
A 「ウワ~!・・」
A&ST 「柔らか~い!フフフ」
(沙織ちゃんが、あっきぃが話すのに合わせて同じように言ってます)(^^;

A 「何か、さおり、言った?今!フフフ」
S 「うん、美味しい!」
字幕に“クリームぜんざい600円、クリームあんみつ680円”と出て、それぞれ
テーブルに運ばれていました。

N 「勿論、お団子以外にも、クリームぜんざいや、あんみつ、おしるこなど、
人気のメニューは、しっかりチェック!でも、あんまり美味しいと、テレビだと、
言うコトを忘れてしまうんですよね~!4人共!」

字幕に“栗おしるこ630円”と出ていましたが、この時点から、画面には、
殆ど、言葉を発せず、黙々と食べるだけの4人の映像が流れていました。(^^;

ST 「フゥ~・・・。」
A 「フフフ・・。」
S 「誰も喋んなくなっちゃった。・・・。」
M 「テレビなのにね。」
S 「はい・・。」(そう言いながらも、一生懸命食べてます)(^^;

ST 「フフ、ダメじゃ~ん!」
S 「そういう番組ですよね。何か・・・。」(又、少し、沈黙が続きました)(^^;

ST 「フフ、ダメだろ?」
M 「フフフ」
A 「その通りだよ~!フフ」
M 「喋って!じゃあ~!」
A 「餅、みんな好きでしょ?」
M 「うん!」
S 「モチ、好きですね。」
A 「餅つき、する?・・人、居る?アノ、家で!」
S 「エッ!家で?」
A 「そうそう、しない?」
字幕に“もちつき、したい”と出てます。

ST 「友達んちでするよ!」
A 「するよね~!」
M 「実家とか?」
A 「うん、実家とか!」
M 「でも、したコトな~い!」
S 「ない、ない!」
A 「ホント?イヤ、マイ臼が、欲しくて、どうにも!で、オークションで見ても、
やっぱり高いのよ!」
M 「うん、うん、うん!」
A 「で、落せないんだけど~、何故、ここまでしたいかと言うと~、餅つきって、
何故、するかったら、愛を深める為に、するのよ!」
S 「エッ?それ、多分、あっきぃしか思って無い~!」
A 「イヤ、思ってるでしょ?」
M 「それ何?何の?何で、そういう風に思うか、何で言ったの?それ!」
A 「何で、言ってた?私が言ってたんだけど~!」
S 「フフフ」
字幕に“独自の理論”と出てます。餅つきと愛を結び付けると言うのも凄いですね。(^^)

A 「フフ何か~、うん、だけど~、この例えば番組とかの全員で、こう、やりたい訳よ!」
S 「フフ、スタッフも招いて?」
ST 「アハハハ」
A 「もう、全員で!3ヶ月に1回位、やりたいの!」
M 「エ~?面倒くさい~・・。」(拒否反応、示してます)(^^;

ST 「エ~?!」
S 「イヤ~、いいワ~!」
字幕“もちつき企画、総スカン”と出てます。(^^;

A 「何で、そんなテンション・・・面倒臭いって言った?」(まいちゃんに聞いてます)
S 「結構、1回なら、やってみたいって気持ちにはね~、なった!」
M 「マァ、1回ぐらいならね~!」
ST 「試しに、やろうかなァって!」
M 「お付き合いでね~!」(マァ、正月1回とかがフツーでしょうけどね)(^^;

A 「イヤイヤ、イヤイヤ!」
(かなり、3人とは餅つきに関してはズレが有るようです)(^^;

そして、まいちゃんが、上がりの、お茶を飲んでいました。
M 「お茶、美味しい!」
A 「フフ、温まる?」
M 「でも、今日は狸小路を巡りましたけれども・・・。」
ST 「はい!」
S 「楽しかった!」
M 「楽しかったね。」
A 「う~ん!」
ここで字幕に“狸小路の想い出”と出ていました。

M 「狸小路って~、何か、私は割りと小っちゃい頃から知ってて~、高校生の時とかは、
大体、学校が終って~、そして学校の校則が凄い厳しかったから~、スカートとか長くて、
で、まいが高校生の時とかは短いスカートとか流行ってたから~、トイレで着替えて~、
短いスカートにして、ルーズソックスとか穿かせて貰って・・。」
A 「ア~!」
S 「ア~、成る程!」
M 「・・で、狸小路行って~、3、4丁目位がって、言ってさ!」
ST 「そうだね~!」
S 「賑わってた所!」
M 「賑わってる所で、こう、チョロチョロしたり、ロッテリアで~・・。」
S 「ア~、行った~!」
A 「何か、理由も無く、ロッテリアに行って~!」
M 「そう、そう、そう!」
(やはり2人は同年代なので色々、通じ合うコトが多いみたいですね)(^^)

A 「もう、ずっと喋ってたりとか~!」
M 「そうなんだよね~!で、何だっけ?“アルシュ?”」
(狸小路4丁目に在るファッションビルの名前ですね)(^^)

S 「アッ、プリクラでしょ?」
M 「そう!アルシュでプリクラ撮って~!」
A 「そう、撮った~!」
M 「それを行って~、フフ、で、ロッテリアで喋る!みたいな。」
A 「フフ、みんなで、やって~!」
M 「そう、歩き方・・繋がってたの!」
A 「繋がってたの!繋がってたの!2階繋がってたの!」
M 「2階から繋がってるから~!」
ST 「アハハハ」
M 「そう、あそこに在ったからね。チョー懐かしい~!で、上の古着屋とか、
行ったりとか~!古着屋さんの名前、何だっけなァ?」
ST 「半次郎?」(結構、沙織ちゃんも知ってますね)(^^;

M 「半次郎!半次郎!半次郎、回ったよね!」
A 「広い所が~・・メチャメチャ広い~!」
ST 「いらっしゃいませ~~!」
(店員さんの口真似していましたが、語尾を上げていました)(^^;

A 「ア~、そうそうそう!」
M 「・・って、上がるトコだよね。」
ST 「そう~!」
M 「エッ?彼氏とデートとか来た~?狸小路~!」
字幕に“彼氏と一緒の時は”と出ています。

A 「何だろう?手を繋いで~、こう、たくさん人が居る前で歩いたりしたコトが無いの!」
ST 「エ~?!」
M 「エ~?何で!意識、高いね?」(プロ意識ですかね?)(^^;

A 「イヤ、何で~・・フフ」
ST 「アハハハ」
M 「無くない?何か、ソノ、芸能人としてみたら!」
S 「まだ、なって無い時でも~?フフ」
M 「なって無い時から、もうね!」
A 「そっちじゃないよ~!」
ST 「イヤ、でも、手とか繋げないんだね?」
A 「繋がない!何か、イヤだ!何か、アノ、私のペースで歩きたい!」
ST 「アハハハ」
M 「ア~、そう言うコトか~!」
ST 「もう、全然、無理!フフフ、もう、くっ付いて歩きたい!」
(沙織ちゃんは、あっきぃとは逆パターンのようですね)(^^;

M 「へぇ~?」
A 「ア~、可愛い!」
M 「そう。冬だしね~!そう、へぇ~?」
A 「素直に、もう、甘えられるんだね?」
ST 「アッ、もう~、甘え上手だね~!アハハハ」
S 「イヤ、だって、上手、って言っちゃダメなんだよ。」
ST 「アッ、そうなの?」(遂、本音が漏れちゃいましたね)(^^;

ここで、CMになっていました。

“Colle Café”

M 「コレカフェ~!」(最初に、お決まりで、まいちゃんが1人でコールしてます)
A 「はい、このコーナーはですね。私達3人が、mignonのアイテムを、お届けする
コーナーです。
ST 「はい、mignonって言うのは可愛い!って言う意味ですよ!」

この後、最初に、あっきぃが商品を紹介していました。

最初は“レアモデル!シーバイ クロエ☆トートバック ホワイト”14800円で
白地にレインボーカラーで“CHLOE”の文字がプリントされたトートバッグでした。
特徴は、まず、かなり大きくて、更に、中を開けると内袋が有り、紐で
閉じれるようになっていました。
そして、日本では未入荷でイタリア直輸入とのコトで、まいちゃんがバッグの臭いを
嗅いで「ア~、何か、イタリア臭が~!」と言っていました。(^^;

とにかく、クロエとしては14800円は安過ぎる値段とのコトで、実用性が有って、
ハイセンスな感じ!と説明した時点で、あっきぃが、みんなに「何か、みんなが
何か、こう、センス、いいな!思う時の出来事?」と聞いていました。
しかし、あっきぃの言い方がイマイチで、まいちゃんが「フフ、出来事?
センス、いいな、この出来事?みたいな!・・・」と迷っていた為、
あっきぃが「ちょっと待ってね!ちゃんと読むね!」と言って自分の台本を
見直していました。(^^;

その後の遣り取りです。
A 「・・ア~、この人、センス、いいかも?って、ア~、センス、いいよな!って
思うコトって有りますか?」
字幕に“センス良いなぁって思う時”と出てます。

S 「ア~、でも何か、無地の服を着こなしている人とかだったら、やっぱ、
オシャレだなって思います。何か、全部、グレーに、黒、黒、白とか!」
(最後は、帽子の位置を示していました)
M 「男の人とかには~、そういうシックって言うか、アノ~・・。」
S 「そうですね。」
M 「・・憧れる人で!う~ん?意~外!一緒にチャラチャラする感じかと思った!」
(沙菜ちゃんのキャラについて言ってます)(^^;

ST 「アハハハ」
S 「違います。チャラチャラしてないですから!私。フフ、チャラチャラしてない!」
A 「まいちゃんは、どう言うトコ、見ますか?」
M 「私は、でもホント、こう言うコトですよね。例えば~、ちょっと、さり気なく
持っている物とか~、例えば付けてるアクセサリーとかが、ちょっとオシャレだったり、
後は、自分に合う物を知ってる人って言うか、形にしても、そうだし、色使いとか~、
そういうのが、いいなと思うね。色使いだね。うん!」
A 「何か、今年とかも、そうだけど、何か、柄と柄を合わせたりとか!ってフツーに
するでしょう?」
M 「ア~、そうだね。うん!」
A 「私は、何か、そう言うの、ちょっと何か、どうなの?って自分で~、鏡見て、
合ってるのか、合ってないのか?悩んだりするんだけど、そういう柄と柄を合わせて、
堂々と歩いてる人を見ると、アノ人、センスいいな!と思ったり。フフ」
(中々、自分1人だけで判断して着こなすのは難しいですからね)(^^;

ST 「アハハハ」
M 「何か、志茂田景樹さん、みたいな?」
A 「そう、そう、そう!」
M 「柄の服に、柄!みたいな。」
A 「フフフ、ホント、そうじゃないワ!フフ」
M 「それでも、今年、多いよね?志茂田スタイルみたいな!」
ST 「アハハハ」
(志茂田さんは何でも、あの衣装のまま電車に乗るとのコトで凄いですよね)(^^;

ここで、再度、最初の商品紹介が有り、今度は、沙菜ちゃんが担当になり、
“360度回転するマスカラ スピンラッシュ”3780円を紹介していました。
テーブルに置かれた商品はオレンジ色で、ケースもブラシも同じ色になっていて、
特徴は、360度回転する電動マスカラで、沙織ちゃんがスイッチを押すと、
ブラシがゆっくりと回り出し、まいちゃんが指で触って「アッ、ホントだ!」と言って
驚いていました。(^^;

沙菜ちゃんの説明では、パワーブラシが、まつ毛を1本1本、しっかりキャッチして、
マスカラを瞬時に重ね付けするとのコトでしたが、まいちゃんが、何処からマスカラが
出るのか質問した処、付属のケースにブラシを浸けるとのコトで、あっきぃが
「ちょっと、まつ毛が引っ掛かっている時、ブラシとしても使えるってコト?」と聞くと
「そうです。そうです。たまに、なってたら、もう、マスカラは浸けずに、これだけで
ビュ~ンってやったら、もうスポンスポン、スポンスポン!」と言って表現していました。
まいちゃんは「ア~、成る程!フフ」と言って納得していましたが沙織ちゃんが
「エ~?」と驚いた時点で字幕に“擬音が不適当”と出ていましたね。(^^;

ここで、ナレーションで「イチイチ良く判らないので、今回も実際に使ってみて
貰いましょう!」と声が入り、メイクの本間さんが登場して、沙菜ちゃんが
モデルになり、電動マスカラを使って、アイメイクしていました。

その様子を見て、沙織ちゃんが「ア~、凄い、カールしてる!」と言うと
まいちゃんも「ア~、凄い、カールしてる。チョー、いい!これ。アッ、見て、見て!」
と興奮気味に沙菜ちゃんのまつ毛がカールしていく様子を眺めていました。

そして、今回は、右目は普段通りで、左目だけメイクして両方をカメラに
見せて見比べていましたが、その差は歴然で、メイクの本間さんも
その効果を認識して、素で欲しがっていましたね。(^^)

ここで沙菜ちゃんが「電動で有ったらいいなって思う時とか、皆さん、有りますか?」と
質問して字幕に“電動になって欲しいもの”と出ていました。

その後の遣り取りです。

ST 「イヤ~、沙織、お洋服を畳めないんだよね~!」
M 「ア~、電動掃除・・アッ、掃除機は電動だ!」
ST 「アハハハ」
S 「今、でも、アッ!って思っちゃった!」
(沙菜ちゃんも、ホウキで掃除してるんですかね?)(^^;

A 「私、でも、何か、自動になったら、いいなって凄い1人で居る時、考えるんだよね。
で、1番、思ったのは~何か、お風呂に入ってる時って半身浴でしょ?で1時間位~・・。」
M 「半身浴?それは知らない!フフフ」(まいちゃんは違うようですね)(^^;

S 「新たな~・・。」
A 「違うの?フフフ」(世間では女の子は、みんな半身浴だと思ってたようです)(^^;

M 「半身浴じゃない人も居る!」
A 「アッ・・アノ~、私、半身浴なんですけど~、こう、本とか読む訳!で、
手、濡れてるでしょ?で、めくれないの。本を!こう、こう、置くんだけど、
めくれないの!」
ST 「はい、はい、はい!」(ちょっと冷めてます)
A 「だから、めくって欲しいんですよ!」
M 「フフ、自分で、めくって貰っていいですか?」
S 「頑張ろう、頑張ろう!」
ST 「フフ、置いといて!」(マァ、そんな装置を付けるとしても、防水対策も
必要ですし、かなり高額になりそうですね)(^^;

この後、再度、商品紹介が有り、次のコーナーに進んでいました。

“mignon’s eye コーナー”

ここでは、お奨めのエンタメ情報をお届けするとのコトで、今回は沙菜ちゃんが
担当していました。

まずは、映画の中で、今週は“ティンカーベル”12月23日公開を
紹介していました。
この映画では、今まで語られる事の無かったピーターパンに出会う前の、
彼女の物語が、美しいCGアニメーションで映画化されるとの事で、
今作で、初めてティンカーベルが喋ると説明していました。

そして、音楽では、なっちのシングル“スクリーン”1050円を、紹介していました。
沙菜ちゃんは「現在、ソロとして活躍中の安倍なつみさん!待望のシングルが、
リリースされました。タイトルは“スクリーン”哀愁漂う、切ない歌詞世界と、
より深みを増した、なっちの歌声!ソロシンガーとしての進化を感じる1枚です!」と
語っていました。何か、このコーナーでハロプロメンバー、特に道産子メンバーが、
紹介されると、ちょっと嬉しいですね。(^^)

そして、CMを挟み、これまでの、おさらいが流れた後、洋菓子店“ラ・ヴェリテ”で
対決していた、赤チームと青チームの最後の判定のシーンが映っていました。

M 「では、ちょっと店長さん、判定のほうを!」
F 「判定ですか?・・決めました!はい。」
M 「お願いします!」
S 「ウワ~、キンチョーする!なんまらキンチョーする!」
(全員が手を合わせ、目を閉じて、お願いポーズしています)(^^;

F 「勝者は赤で!」
S 「よ~し、やった~!」
M 「やった~!イエ~ィ!」
S 「イエ~ィ!」(2人は抱き合って喜んでいます)(^^)

M 「ってコトはですよ。店頭に~?」
F 「店頭に並べさせて頂きます!」
M 「よっしゃ~!見に行こう!」
S 「行こう!絶対行こう!」
字幕に“白いダースを使ったロールケーキ、300円、カット売り、
洋菓子店ラ・ヴェリテにて12/11~14まで期間限定発売“と出ていました。

N 「っと言う訳で白いDARSを使ったロールケーキが洋菓子ラ・ヴェリテで
販売されます。期間限定ですので、この機会に是非!」

M 「有難うございます!」
S 「有難うございま~す!」
A 「アノ、例えば、どういった処が?」(あっきぃは判定に納得出来ないようです)(^^;

ここでエンディングで「アーティのタロット占い」12月11日~17日までの
生まれ月別運勢が紹介され、更にエンディングテーマ曲として、
℃-uteの“FOREVER LOVE”のPVが映った後、最後の青チームの抵抗?の
シーンが流れていました。(^^;

ST 「マァ、でも言わせて貰えばですよ。店長の策略も感じますよ!フフフ」
A 「ア~!」
M 「まさか!店長じきじきにダメ出しですか?」
ST 「アハハハ」
M 「料理は愛情ですよ!」
S 「何にも店長さん、悪いコトしてない!」
ST 「違うって!」
A 「何?その言い方~?」(ちょっと、カチンと来てるようです)(^^;

ST 「イヤ、何言ってるの?店長さんの手が1番、加わってるってコトですよ!」
M 「イヤ、全然、全然!」
S 「半分は、まいちゃんですから!」
M 「うん!」
ST 「アハハハ」
S 「半分、まいちゃん!」(再度、念押ししてます)
ST 「半分も~?」
S 「半分、まいちゃん、半分、店長ですよ!」
ST 「あなた、どうしたら?・・・フフフ」(沙菜ちゃんは、どうしたのか聞いてます)(^^;

M 「メチャメチャ食べてるよ!フフ」
ここで字幕に“又、来週”と出て、終っていました。
マァ、結果的に、まいちゃん達の作ったスイーツが店頭に並べられましたが、
それにしても4日間限定は、ちょっと短過ぎですね。せめてクリスマス当日までは
お店に置いて頂きたいですよね。(^^;
コメント   この記事についてブログを書く
« 「里田まいの ふぁふぁmignon... | トップ | 「ノービスリーグ2nd STAGE第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事