ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「ラジオ日本、カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」第238回 (11/3)

2019-11-08 00:00:00 | Weblog

  

今回は、オープニングトークをレポさせて頂きます。

(R=山木梨沙ちゃん、M~小関舞ちゃん)

R 「中西さん、莉佳子ちゃん、リンちゃん、お疲れ様でした~!」
M 「お疲れ様でした~!」
R 「はい、マァ、莉佳子ちゃんから、パスでね、今までの思い出、って言う~!」
M 「はい!」
R 「リクエストが来ておりますけれども!」
M 「フフ、はい!」
R 「思い出、って、言う程の、過去の話では、ないんですけど~・・」
M 「は~い!」
R 「私は~、ちょっと~、3人に、モノ、申したいコトが有るんですよね!?」
M 「3人?・・ア~?はい・・」
R 「私以外の~・・」
M 「フフフ、はい・・」
R 「やっぱねぇ、イヤ、何かさァ、カントリーで仕事・・全員で仕事、終わった後にさァ・・」
M 「は~い!フフフ・・判った~!」
R 「フフフ・・」
M 「判った~!フフ」
R 「イヤ、よく、みんなで、その場のノリで、ご飯、行くじゃん?」
M 「行きますね!」
R 「エッ、ちょっと、結とかが、エッ、ちょっと、まだ、帰りたくないです、みたいな!
ご飯、行きません?みたいな!」
M 「フフフ」
R 「言うじゃん、だけど、私って~、その前日までに、その次の日の~、スケジュール、
決めたいタイプの人間だから~!アッ、仕事終わりに、こう、空き時間だと思うと~・・」
M 「うん!」
R 「ご飯、元々、予定、入れちゃってるんだよね?」
M {はい!}
R 「私がね!・・だから~、エッ?予定、入れちゃったよ~?って、言うコトが、結構、
マァマァ、多々、有って~!」
M 「うん・・」
(マァ、4人、居たら、何人かは、予定、入れちゃってるケースが多いと言う感じですかね)(^^;

R 「で、私も、でも4人で、やっぱ、ご飯、食べたいから~!ア~、いいなァ、何か、予定、
入れなきゃ、よかったなァ?って、思うコトが、良く、有ったんですよ~!」
M 「はいはい!」
R 「だから~、こないだも、その反省を活かして~・・」
M 「フフフ」
R 「ちゃんとね、前日にね・・」
M 「フフフ」
R 「みんなにね、聞いたのよ?舞ちゃんとかに!」
M 「うん!」
R 「エッ、明日ってさァ?仕事、早く終わるけど~、その後、集まったりする?みたいな!
ご飯、食べに行く~、感じかなァ?って!」
M 「フフフ」
R 「聞いたんですよ!舞ちゃんとか、結とかにね!」
M 「うん!」
R 「したら、舞ちゃんが何か、エッ?う~ん?・・」
M 「フフフ」
R 「決めてな~い!」
M 「アハハハ」
R 「判んな~い!?う~ん、でも~・・」
M 「フフフ」
R 「別に~、ちぃと、結も~、結ちゃんも~、アノ~、無いって言ってた!仕事、無いとは言ってたけど~!
う~ん、でも判んない?・・(物真似口調で言ってます)みたいな!結構、投げ遣りだったの!」
M 「うん・・」
R 「アッ、この感じだと、ご飯、行かないのかなァ?と思って~!で、結に~、こう、聞いたんですよ!」
M 「うん!」
R 「したら、エッ?どうだろう?どうだろう?取り合えず、予定、無いけど、どうだろう~?判んない!って、
う~ん?とか言って!」
M 「アハハハ」
R 「何か、2人共~、そこまで、その日、乗り気じゃなかったのね!」
M 「う~ん?」
R 「次の日、ご飯、行くコトに!アッ、これは無いワ!絶対、無い!と思って、私は~、アッ、じゃあ~、
予定、無いんだったら~、私~、美容院、入れちゃうよ?美容院の予約、入れちゃうね!って、
言って~!う~ん?OK~!って、私、ちゃんと聞いたの、前日に!」
M 「はい・・」
(マァ、この時点では、梨沙ちゃんの感覚的に、4人で、ご飯は無いと、判断したと言う感じですかね)(^^;

R 「なのにね、次の日に、なったらね!」
M 「アハハハ」
R 「イヤ、ちょっと~、ご飯、行きません?みたいな!」
M 「アハハハ」
R 「チキン、食べたいです!チキン・・とか、後ろから、言い始めて~!」
M 「う~ん・・フフ」
R 「でね、でも~、みんな~、アノ、で、私、美容院の予約、入れられるか、判んなかったから~?・・」
M 「はい!」
R 「ずっと、当日、予約が一杯で~!」
M 「は~い!」
R 「で、その、美容院、予約、電話して~!行けたら~、3人は、ご飯、食べないって言ったんだよね?」
M 「うん!」
R 「ちょっと、やらなきゃイケないコト、それぞれ、有るし~!ダメだワ!これ、じゃあ、梨沙ちゃんが、
美容院の予約、入れられたら~、もう、解散しよう、って!」
M 「うん・・」
R 「話に、なって~!で、私は美容院に電話したら~、何か、アッ、行けるよ!って、
言われちゃったから~!」
M 「うん!」
R 「アッ、ゴメン、行けるワ!じゃあ、解散しようか?って、なったら~・・」
M 「フフフ」
R 「チキン、食べたいしさァ~・・とか!」
M 「フフフ・・フフ」
R 「フフ、結局、3人で、ご飯、行ってたんだよ~!」
M 「は~い・・」
R 「やっぱ~、寂しかったなァ・・」
(マァ、結局、その時は、梨沙ちゃんだけ、参加出来なかったと言うコトですかね)(^^;

M 「フフフ、イヤ、判ってないね?ホントに!」
R 「何が?フフフ」
M 「アハハハ、イヤね、いくら~?・・」
R 「うん・・」
M 「その、判んない、って、前日、言ってたとしても~!」
R 「うん!」
M 「行くコト位、判っるっしょ~?フフフ」
R 「イヤイヤイヤ、フフ、聞いてたら・・聞いたじゃん?ちゃんとさァ・・」
M 「イヤ、それは~、アノ~、梨沙ちゃん?明日、予定、入れないでね!の、裏返しだから!」
R 「そしたら、私が美容院に予約、入れちゃおうと、入れようと思うんだけど!って、時に~、
引き留めてくれたら良かったじゃん?エッ、待って、待って?可能性、有るから、って!?」
M 「フフフ」
R 「引き留めてくれれば!・・」
M 「イヤイヤイヤ、そんなね・・」
R 「良かったのに~!?」
M 「強制してまではさ?・・」
R 「うん!」
M 「流石にさ、私達もさ・・」
R 「エッ?」
M 「アレだから!」
R 「違く・・だって、その当日、メチャクチャ、引き留めたじゃん?私のコト!」
M 「フフフ、イヤ、でもねぇ、アノ~、そのね、何か、勘違いしてるかも知れないけど~!フフフ」
R 「ないよ~!フフ・・」
M 「前日の私と~、翌日の私は、全く、違う人間だから!」
R 「イヤ、小関舞は、小関舞でしょ?」
M 「イヤ、ホントに違うの!細胞とか、入れ替わるから、ホントに!」
R 「エッ?・・」
(マァ、舞ちゃんは、特殊な感覚の女の子だったと言うコトですかね)(^^;

M 「その、前日のコトを、とがめられても~、もう、全く、変わってるから!しょうがない訳よ!
だから~、梨沙ちゃんが、今回は・・」
R 「うん・・」
M 「ちょっとね、悪い!フフフ」
R 「アッ、私がイケなかったのか?」
M 「そうだよ!」
R 「エッ、次は~、どうしたら、いいの?」
M 「エ~、次は、もうねぇ、だから~・・」
R 「うん!」
M 「もう、何も入れない、予定を!」
R 「フフ・・」
M 「予定は要らない、入れない!」
R 「入れちゃイケないの?」
M 「そう!」
R 「う~ん、判った、ちょっと善処、してみるワ、そう・・許そう~!」(叫んでます)
M 「フフフ、ヤダ~!」
R 「アハハハ」
M 「う~ん・・」
R 「それでは今夜もスタートです! 1422ラジオ日本、カントリーガールズの・・」
R&M 「只今、ラジオ、放送中!」
(マァ、今後は、4人でライブとか、行った当日は予定を入れないようにしよう!と言う感じですかね)(^^)


コメント