ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

HBCラジオ「Hello!to meet you!」第153回 後編 (9/1) 

2019-09-05 00:00:01 | Weblog

 

中編からの続きです。

状況は、星座占いコーナーで、雑誌、minaに載ってた、今月の星座占いの紹介が、
一応、終わった場面からです。

(S=沙菜ちゃん、KI=石栗奏美ちゃん)

S 「ちなみにですねぇ、アノ、今月の~、minaに~、アノ~、北研だった~、太田が載ってるんですよ~!」
KI 「は~い!フフフ」
S 「ビックリしちゃった~!アラ、アラ、アラ~?」
KI 「ハーちゃんが~、はい!」
S 「何だか、ちょっと~、キンチョーしてますねぇ?」
KI 「はい!」
S 「太田さ~ん!」
KI 「頑張って、カッコいい感じに、なってま~す、ハーちゃんが!フフフ」
S 「何か、元気で~・・」
KI 「は~い!」
S 「何か、いっつも笑顔の~、イメージだから~!何か、新鮮ですよ!」
KI 「は~い!」
S 「カッコいい感じで~!」
KI 「フフフ」
S 「まずアノ、チェックの~、グレーのジャケットに~・・」
KI 「はい!」
S 「白いTシャツを着て~!後~、結構、濃い目なブラックの、アノ、デニムですね!」
KI 「は~い!」
S 「で、シューズもねぇ、アノ、ブラックで~・・」
KI 「フフフ」
S 「って言うか、全然~!太田~?太田のイメージと違うね?」
KI 「もう、パッと見たら、ちょっと、オ~?って、なる位~、凄い、変わってて、カッコいいなと思います!」
S 「アノ、4名、アノその~、1ページに登場してるんですけど~!太田、出てるんですよ!って~、ねぇ、
ディレクターさん、教えてくれたんですけど!」
KI 「はい!」
S 「気付かなかった!」
KI 「アハハハ」
S 「何処に、写ってるのか?」
KI 「アハハ・・」
S 「カッコいい感じに、なってますので、是非、minaの~、129ページですね!」
KI 「はい!」
(マァ、ハーちゃんは、北研メンバーの中では、最初にメジャー入り、してますからね)(^^)

S 「チェックして上げて下さ~い!イヤ、今回のmina、もね、中々ねぇ、トレンドも抑えてて~!
楽しいページが多いですね!」
KI 「は~い!」
S 「何か、気になったページとか、有りますか~?」
KI 「うんと、私は、高橋愛さんが~・・」
S 「うんうんうん!」
KI 「載ってらっしゃるページが~、凄く、気に、なりま~す!」
S 「オ~!ちょっと開けてみますか~?」
KI 「はい・・はい、ここです!・・はい!」
S 「アッ、可愛い~!エ~、高橋さん、オシャレだもんねぇ・・」
KI 「はい!」
S 「インスタとかも~!だから、ファッションが、メチャメチャ、オシャレで~!参考にしてるんですけど~!
身長も~、アノ、150㎝台で~!」
KI 「はい・・」
S 「アノ、低めなんですよ!だから、私、151㎝なので~・・」
KI 「はい!」
S 「かなりねぇ、バランス~、お洋服のバランスとか、取るのも凄い、上手で~!」
KI 「はい・・」
S 「アッ、高橋さん、髪も、かなり、ショートにして・・」
KI 「そうです!」
S 「ねぇ、何か、ベレー帽とかも可愛いですね!秋になるとねぇ・・」
KI 「はい、ってか、私も、その~、参考にしてみようかなと思ったんですけど~!」
S 「うんうん・・」
KI 「ちょっと、私、身長が165㎝有るので~!フフ」
S 「ア~?そっか、高め~?」
KI 「そうですね!」
S 「うんうんうん!」:
KI 「でも、その色の使い方とかは、凄く、私も、よくアノ、ベージュを着てる、って、周りの人に、
言われるコトが・・」
S 「ホゥ、ホゥ、ホゥ!?」
KI 「多いので~!凄く、参考に、なるなと思います!」
S 「秋に、ベージュも、いいですねぇ・・」
KI 「はい!」
(マァ、ベージュは、今年の秋のトレンドと言う感じですかね)(^^)

S 「チェックで!私はですね、アノ、26ページの~、パフェとメニューと週末服、って言う~・・」
KI 「オ~?!」
S 「その服、注目したいんですけど~!3人の~、minaの?モデルさんが~、アノ、登場していて~!」
KI 「はい!」
S 「例えば、ベレー帽と、玉子サンドとか~!」
KI 「オ~?!」
S 「何か、玉子サンド、食べる時は、ベレー帽が可愛いじゃな~い?とか~!」
KI 「ア~・・」
S 「後は、トレンチコートと、コーヒースタンドとか~!」
KI 「オ~!」
S 「何かこう、キーワードが書かれてて~!それに合うような、ファッションが載っているんですよ!」
KI 「は~い!」
S 「だから、そう言うのも~、ちょっとした物語チックな感じで~!楽しみ~ながら読めるなァ、と思ってて、
参考にしたいなと思いました!是非是非、mina、楽しいので~!今月号、見てみて下さ~い!」
KI 「はい!・・そして今回のように、月始め放送で、色々な雑誌の運勢を、紹介してみようかなと、
思っているので、来月も楽しみに、していて下さい!来月は、違う雑誌の運勢を紹介したいと思います!
もし、私の星座を、紹介して欲しい、っと、言う方が居たら、○○座も紹介して~!っと言う、
メッセージを送って下さい!お待ちしています!」
(マァ、今後は毎月、初めの週に、1ヶ月の星座占いが楽しめると言う感じですかね)(^^)

ここで少し、間が空きました。

S 「サァ、今週も、沢山、メッセージが届いていま~す!」
KI 「はい、ラジオネーム“デカチナさん”から頂きました。有難うございま~す!」
S 「有難うございま~す!」
KI 「“沙菜さん、石栗ちゃん、こんばんは!友人たちと東京で、ジンギスカンを食べに行ったのですが、
店員さんから、タレを、先浸けにした物か、後に浸けて食べるか?どうしますか?と、聞かれました“・・」
S 「う~ん?・・」
KI 「“その時は、両方を用意して貰いました。皆さんは、どちら派ですか?”っと、頂きました!」
S 「エッ?アッ、先に浸けるってコトは、タレに浸けて有るヤツを~、食べたいのか~?
それとも、生ラムみたいな、タレに浸けて、食べるのか?どっちが、いいですか?って、コトなのかな?」
Ki 「だと思います!」
S 「でも、そういう風にさァ、店員さんに聞かれる、ジンギスカン屋さんって~、珍しくないですか~?」
Ki 「はい・・」
S 「ねぇ~!?」
KI 「私は、ジンギスカンは、家でしか、食べたコトが無いので~!」
S 「アッ、お店で無いんだ~?」
KI 「無いです!」
S 「そっか、そっか~!お家派?」
KI 「お家です!」
S 「お家で食べるか、ま~、北海道だったらねぇ、やっぱり~、アノ~、何ですか?
ジンギスカン、食べる用に、鍋がね、お家に有ったりとか~・・」
KI 「はい!」
S 「・・するので~!食べるかた、多いと思うんですけど~!東京ならでは、なのかなァ?
そうやって選ぶ~、コトが、ま、両方ね、色んな種類が有るから~!」
KI 「は~い!」
S 「で、メニューの中で、こう、自分でねぇ、選ぶコトは、有りますけど、店員さんに~、
どっちがいいですか~?って、聞かれるコトって、珍しいですよね?」
KI 「そうですねぇ!フフ」
S 「エ~?そっか、そっか~!エ~、両方・・どっち派ですか?」
KI 「どっち派?フフ・・」
S 「お家だったら、どっち?タレに浸けたい、アノ、パックでさ、冷凍して~!私も必ず、冷凍庫に、
アノ~、有りますけど、お家の!それか~、後から、タレに浸ける物か~?」
KI 「うんと~、そうですね、私は、そのパックに入って、冷凍の、タレに付いてるヤツ~!」
S 「ホゥ、ホゥ、ホゥ!?」
Ki 「・・を~、食べて、焼いて、それを更に~、アノ、ベルのジンギスカンのタレ、って言うヤツで~!」
S 「ハァ~?」
KI 「浸けて食べます!」
(マァ、ジンギスカンは、その時に依って、タレ付きが良かったり、後で浸けて食べるほうが、
良かったり、別に拘っていない家庭も、多いと言う感じも、しますけどね)(^^;

S 「ア~、成る程ねぇ!でも、私もね、へぇ~?って、言っときながら、そうなんですよ!」
KI 「フフフ・・アハハハ」
S 「2度浸けですね?」
KI 「はい、そうです!」
S 「そう言う家庭、多いんですかね?」
KI 「私は、もう~、それ~しか、知らないです!逆に!」
S 「私も、タレ、浸けちゃう!エッ、でも、タップリさァ、ちゃんと浸けて有るのにね?」
KI 「はい!フフフ」
S 「何か、違うタレに浸けると、又、旨味が増す感じがして~!ライスが進むんですよ!」
KI 「は~い!」
S 「ご飯が、食べたくなっちゃって・・食べたくなっちゃってね!」
KI 「フフフ」
S 「イヤ、でも、お店~、私、イヤ、もし、お家だったら~!タレの物~が、用意されてるので~!
こう、食べますけど~!」
KI 「はい!」
S 「お店だったら~、生ラム?で、若干~、そのジンギスカン独特の~、こう、美味しいんですよね!」
KI 「はい!」
S 「臭みもね・・それがちょっと、こう~、何か、少ない感じの、薄い感じの!」
KI 「ア~?」
S 「食べ易い、感じの物で~!タレに浸けて~、食べる物が好きですね!」
(マァ、お店のタレは、独特の味わいが有りますからね)(^^)

KI 「はい、何か、薄い、丸い~・・」
S 「うんうんうん!」
KI 「ラム肉~?」
S 「本当~に薄い~!うんうん・・」
KI 「それが、一杯、バ~、って、重なってるヤツを~、石栗家では、丸ぽっち肉、って、
呼んでるんですけど~!フフ」
S 「エッ?ぽっち、は、何処から来たんですか?フフ」
KI 「フフ、お父さんが、そうやって呼んでて~!私は、その、丸ぽっち肉、って、呼んでるんですけど~!」
S 「エッ?北海道のトコでも、地域で、そのような言い方するのかなァ?初めて聞いた~!」
KI 「フフ、判んないです・・アハハハ」
S 「エッ、札幌でも、アハハ・・エッ?石栗家、ならでは?」
KI 「そう、お父さんは室蘭出身なんですけど!」
S 「オ~!でも、室蘭の~?私、知り合いの方も居ますけど~・・」
KI 「アハハハ」
S 「初めて聞いたなァ?」
KI 「は~い!」
S 「お父さん、勝手に、名付けた系だね?」
KI 「だと思いま~す!フフフ」
S 「でも、可愛いね!」
KI 「は~い!」
S 「フフ、丸ぽっち~肉、フフフ」
(マァ、これは、石栗家、独特の呼び方と言うコトですかね)(^^;

KI 「フフフ・・」
S 「エッ?でも、それは、どうやって食べるの?」
KI 「それをフツーに焼いて、その時に、塩コショウで焼いて~!」
S 「う~ん・・」
KI 「そのまま、食べるって言う~・・」
S 「エ~?でも、かな~り、薄くてさァ、こう、丸い形はさァ、もう、無くなりますよね?」
KI 「はい!」
S 「クシャクシャクシャ~、って言う形、何か、私~、アノ、焼き肉も、焼き肉って言うか、ジンギスカンの、
焼いて食べるのも好きなんですけど~!その、しゃぶしゃぶも好きなんですよ~!ラムの~!」
KI 「しゃぶしゃぶ?・・」
S 「ラムしゃぶ、美味しくないですか~?」
KI 「はい、私は、しゃぶしゃぶ、何か~・・」
S 「アハハハ、ちょっとウソついたよね?」
KI 「アハハハ」
S 「理由は~、判り易い、ウソ、ついたよねぇ?」
KI 「最近、その~、お鍋を食べていないので~・・」
S 「う~ん?」
KI 「ちょっとまだ、何か、その、自分が、どの、お肉を食べている、って言うのが、フフ、
あまり、判らなくて~?・・」
S 「ア~?そっか~、う~んと、こう、牛の~フフ、アッ、牛じゃない、ジンギスカンの中でも~、フフ」
KI 「アハハハ」
S 「それこそ、ラムだったり、マトンだったりとか~、タンだったりとかも?」
KI 「ホゥ~?・・」
S 「色々、有りますよね?」
KI 「はい・・ちょっと判らないです!フフ」
S 「アハハハ」
KI 「でも、どれも、北海道の~、ホントに美味しいので~!」
S 「う~ん・・でも、お家でしか食べない、って、なったら~?しゃぶしゃぶは無いか?」
KI 「しゃぶしゃぶ、しますけどね!」
S 「する?」
KI 「します!」
S 「エ~?」
KI 「お兄ちゃんが、凄く、好きで~す!」
(マァ、カナミンは食べなくても、しっかり、しゃぶしゃぶは、石栗家でも、やってるようですね)(^^)

S 「アッ、そうか、その、お肉が~、どの、お肉なのか、判んない?」
KI 「フフ、判んない!」
S 「判りませんかねぇ?」
KI 「アハハハ」
S 「フフフ、豚なのか、牛なのか~?羊なのか、判りませんか~?」
KI 「フフ、ちょっと判んないです!」
S 「ちょっと判らず~?アラアラ、怪しいですねぇ?」
KI 「アハハハ」
S 「これからの食レポとかも~?・・」
KI 「は~い!頑張りま~す!フフフ」
S 「フフフ」
KI 「アハハハ」
S 「おっかしい~?エ~、そうか、そうか~?」
KI 「はい!」
S 「イヤ~、でも、やっぱり~、好きな味って、有りますねぇ!」
KI 「はい!」
S 「エッ、ちょっと、お店でも食べてみてよ!」
KI 「そうですねぇ!」
S 「きっと、お家で食べる~、ジンギスカンと~、違うと思う!」
KI 「はい!」
S 「味って言うか~、同じ、羊なのに~、アッ、これは~、かなり~、羊、羊、してますねぇ?」
KI 「アハハハ」
S 「ラム感、有りますね?・・」
KI 「へぇ~?」
S 「って、言うのと~、あっさり~?こうしてて~!アッ、食べ易いな、って言う、お肉と~!
色々、有るけど、でも、女子は嬉しいですよ!かなり、もう、ヘルシーですから!」
KI 「へぇ~?」
S 「そう~、ねぇ、聞いたコト、無い?:
KI 「無いです!何か、牛は、凄い~、色んなのを食べるんですけど~!羊は、そんな、拘ったコトが、
無いんで~!」
S 「う~ん、何かさ、東京から、それこそ、ゲストさんで、アノ~、来てるねぇ、方とかと、一緒に~、
ご飯、食べに行くとか、って、あんまり無いのか?」
KI 「あまり、無いですね!そんな時間が・・そんなに無いので~!」
S 「それ、何かねぇ、道外からの、お客さん~で、ジンギスカン、食べたい、って言う方、多いので~!」
KI 「はい!」
S 「それこそ、一緒に、行ったりとかしたら・・」
KI 「そうですねぇ!」
S 「エッ、何処の、お店が美味しいの?とか、聞かれるコトも~?」
KI 「はい!」
S 「これから、出てくると思いますよ!」
KI 「ちょっと勉強したいなァ、と、フフ、思います!」
S 「アハハハ、フフフ・・」
KI 「その時の為に!フフ、」
S 「イヤねぇ、一緒に行けたりとか、したらね~、いいんですけど!っと言うコトで、
はい、メッセージ、有難うございま~す!」
KI 「有難うございま~す!」
(マァ、カナミンとしても、これからは市内の美味しい、お肉屋さんを食べ歩いて、
ゲストに、そのお店を、紹介出来るように、頑張って欲しいと言う感じですかね)(^^)

ここで少し、間が空きました。

S 「今週のSanastagram~!イエ~ィ!」
KI 「イエ~ィ!」(パチパチ拍手してます)
S 「今日はですねぇ、アノ、先週、8月25日に、滝野すずらん丘陵公園で、行われました、
LIGHT UP NIPPON HOKKAIDOに~、私、行かせて頂きまして~!アノ、花火がね、
とても綺麗だったんですよ~!」
KI 「ア~?」
S 「写真、撮って来ましたので、アップしたいと思います!是非、番組Twitterにてチェックしてみて下さい、
以上、今週のSanastagramでした~!・・はい、改めて、エンディングで~す!
今週も有難うございま~す!」
KI 「有難うございました~!」
S 「でも何か~、盛り沢山でしたねぇ!」
KI 「そうですねぇ!」
S 「ねぇ、どうでしたか?」
KI 「アノ、自分の占いに~、ついてですが、私は自分の~、その星座も、あんまり、
気にしたコトが無かったので~・・」
S 「エ~?」
KI 「凄~い、アノ、為に、なりました~!フフフ」
S 「石栗って、やっぱさァ~、マイワールドと言うか~!フフフ」
KI 「アハハハ」
S 「こう、自分の道を行く~!・・」
KI 「は~い!フフフ」
S 「人ですよね?・・」
KI 「そう~かも知れない!フフ」
S 「結構、私、頼りますもん、そういうのに!」
KI 「フフフ」
S 「いいコトしか、信じたいけど~!アッ、じゃあ、ラッキーカラーはパープル!じゃあ、パープルの物、
着けてみよう~、みたいな?・・」
KI 「は~い!フフフ」
S 「感じですよね!そう言うコトで来週も、皆さん、是非、ま、占い、しないですけどね・・」
KI 「はい!」
S 「楽しみに、していて下さい!来週の放送は、いつも通り、8時30分からに、なりますので、
お聴き逃しの、ないよう、お願い致します!以上、お相手は、私、伊藤沙菜と・・」
KI 「石栗奏美でした~!」
S&KI 「バイバ~イ!」
(マァ、来週の、カナミンワールドは、どんな内容になるのか?期待して待ちたいですね)(^^)

9月1日のお・告・げ♡

S 「ボーダーのアイテムを取り入れると、ハッピーな気分が2倍に、なりそう~!」
KI 「梨を食べると、1週間、忘れ物、なし!で、生活、出来ますよ~!」
S 「明日からの1週間、頑張りましょう~、又、来週~!」


コメント