ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「ラジオ日本、カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」第224回 (7/28) 

2019-08-02 00:00:01 | Weblog

 

今回は、オープニングトークをレポさせて頂きます。

(M=小関舞ちゃん、R=山木梨沙ちゃん)

M 「ムロタン、カミコ、カワムー、お疲れ様でした~!」
R 「お疲れ様でした~!」
M 「サァ、アノ~、食パンへの拘り、って言うね!」
R 「はい!」
M 「お題が出て来まして!」
R 「いい、お題ですね!」
M 「そうですね!」
R 「いい、お題ですね・・」
M 「素晴らしい、有難うございます。」
R 「有難うございます。」
M 「アッ、何か、有りますか?食パン、はい・・」
R 「食べる拘り~?ア~、その、聞いた話に依ると、ムロタンは、こう、繊維に沿って食べる、
みたいな話をしてた、みたいなんですけど~!」
M 「は~い!」
R 「そう言う拘りは・・ないかな?」
M 「う~ん・・」
R 「ただ~、ま、やっぱり~、出来立てのほうが~、柔らかくてさァ・・」
M 「う~ん!」
R 「美味しいじゃん!」
M 「うん、勿論!」
R 「アッ、ね、食パンってさァ、焼く人?」
M 「エッ?焼くよ!」
R 「焼くよね?」
M 「うん!」
R 「アッ、その、もう、焼かずに食べられる食パンも・・」
M 「ア~、うんうん!」
R 「有るじゃない?」
M 「うん、勿論!」
R 「エッ、それは~、焼く人!・・フフフ、イヤリング、落ちましたね?」
M 「イヤリングが落ちました!フフ」
(マァ、どうやら、舞ちゃんのイヤリングが、外れちゃったようですね)(^^;

R 「それは、焼くから~・・」
M 「は~い!」
R 「その出来立てのほうが~、やっぱり何か、噛み切り易いし~!」
M 「うん!」
R 「美味しいな、って思う!最近、好きなのは~・・」
M 「はい!」
R 「その、食パン自体に~、チョコレート味とか~・・」
M 「エ~!?」
R 「メープル味が、練り込まれている、食パンが有るのね!」
M 「はいはいはい・・」
R 「それ、美味しい~・・」(小声で言ってます)
M 「それ、凄いねぇ!」
R 「チョー、美味しい!」
M 「うんうんうん・・」
R 「ジャムも塗らなくていいから~!」
M 「ア~?」
R 「楽だし~!」
M 「ジャムミンですか?」
R 「アッ、ジャムミンですね!フフ」
(マァ、味付き食パンって言う感じですかね)(^^;

M 「バターミン!」
R 「エッ、バターだけなの?」
M 「エッ、そう!絶対、バター!」
R 「味、しないじゃん?」
M 「エッ、するよ~!」
R 「しない~!」
M 「エッ、舞は、絶対、バターミンで~!その室田さんとは逆に~、アノ~、ハム、って噛んで~!」
R 「うん!」
M 「何って言うの?それこそ~、歯型が~・・」
R 「歯形~?」
M 「付く位の感じで、食べて行くのが好き!で~、して~、そのバター?」
R 「うん!」
M 「・・が、こう、浸み込んでるじゃん!焼いた後に、融けて!」
R 「うん・・」
M 「で、その~、何って言うの?その、ハムって噛んだら~、ドンドン、ドンドン、それ~、何って言うの?
こう、絞り込まれて行くの!」
R 「ア~、判る!」
M 「バターが、ジュワ、って!」
R 「ア~、うん!」
M 「美味しいの!」
R 「へぇ~?」
M 「そうですよ!フフ」
R 「歯形~!」
M 「アハハハ」
R 「うん、じゃあ、私、ちょっとムロタン派かな?」
M 「アッ、ホント~?」
R 「歯形が付いた場所、もう~、食べる喜びが、無くなって行く感は有るよね?」
M 「そうねぇ、確かに、でも~、何か、耳が嫌いな人、ってのも、結構~・・」
R 「アッ、居るねぇ!」
M 「居るよね?」
R 「う~ん・・」
M 「それはでも、勿体ないなァ、とか、思うんですけど、ちょっとマァ、色々、有りますよね?パン・・」
R 「有りますね、うん!でも、繊維には拘って無いかな?」
M 「私も、拘ってないかなァ、って思います!フフフ、それでは今夜もスタートです!
1422ラジオ日本、カントリーガールズの・・」
M&R 「只今、ラジオ、放送中!」
(マァ、焼いた食パンの端っこを、好んで食べる人も、結構、居ますからね)(^^)

(ここでオープニングミュージックが流れました)

M 「改めましてこんばんは!カントリーガールズの小関舞です!」
R 「山木梨沙で~す!」
M 「サァ~・・」
R 「はい!」
M 「もう~、7月も終わっちゃうと言うコトで~!」
R 「はい・・」
M 「夏、ですねぇ、夏休み!夏休みですよねぇ?梨沙ちゃん?・・」
R 「アッ、私、夏休み!」
M 「オッ?」
R 「そう~!」
M 「入ったばっかり?」
R 「収録の日から、夏休み!」
M 「アッ、そうなの~?」
R 「そう!」
M 「ごめ~ん!」
R 「今日、試験が終わって~・・」
M 「フフ、うん・・」
R 「今日から夏休み!」
M 「ウワ~?」
R 「そう!」
M 「大変だ!・・で、舞は、全然、前に、もう、夏休みだったんだ!」
R 「そうだよね?でも、ホラ、私~、舞ちゃんより、夏休み、終わるの、遅いから!」
M 「そうだよねぇ?」
R 「そっから長いから!」
M 「ねぇ・・いいよねぇ!」
R 「ホントに、4年生にもなるとね、試験、受けなきゃイケない課目~、1課目しか、無くてね!」
M 「エッ、そうなんだ?」
R 「そう!こんなにも、期末テストが~、憂鬱じゃなかったの、初めて!」
M 「へぇ~?」
R 「1教科、頑張ればいいでしょ?」
M 「確かに、確かに!それに全部ね?」
R 「そう~、全力、注げるから、もう、全然、楽だった!」
M 「イヤ、いいですねぇ!」
(マァ、大学は、自分で課目の設定も出来ますから、早めに単位も取得出来ますからね)(^^)

R 「そう、だから、夏休みはねぇ、もう、色々なコト、したいな!」
M 「エッ、予定、有りますか~?色々、決めてますか~?」
R 「予定ですか?」
M 「うん・・」
R 「予定は無いですが~・・」
M 「うん?」
R 「そう、ゲーム、やりたいなァと思って!」
M 「ホォ~?」
R 「今までは~、最近、結構、外に出るコトが多くて~!」
M 「うんうん!」
R 「外で、遊ぶ~?」
M 「はい!」
R 「コトが多かったんですけど~!」
M 「う~ん・・」
R 「やっぱ、夏休みにもなると~・・」
M 「はい!」
R 「家に、じっとフフ、1日中、篭って~・・」
M 「う~ん!」
R 「クーラー、効いた部屋で~、プレステ4で、ずっとキングダムハーツ、やる1日でも、いいなァと思って!」
M 「イヤ、いい~!」
R 「そう、そういう日を、ずっと作って~、行きたいなァ!」
M 「イヤ、舞も~、その去年とか~?アノ~、ホントに、予定を何か、立てるのを~、サボっちゃって~!」
R 「うん!」
M 「もう、ホントに、1日ぐらいしか、遊ばなかったんです!」
R 「はいはいはい!」
M 「リアルに、友達と!で、その勿体なさ過ぎて~!思い出が、ホントに、なくて~・・」
R 「勿体ない!」
M 「で、今年は、ちょっと~、ホントに頑張ろうと思って~!今の今まで、実際~、
まだ1日も、遊んでないんですよ、友達と!」
R 「勿体ない・・」
M 「マジで、ずっと篭ってて、1人で!」
R 「夢の国、行きな!夢の国!」
M 「エッ、何か、行く人も居なくて~・・」
R 「エッ、学校に、友達、居るでしょ?もっと一杯!」
M 「イヤ、居るんだけど~、誰と行くか?って、重要じゃん!?」
R 「マァね!」
M 「例えば、私は、結構、4人で居るコトが多くて~!」
R 「う~ん、多いじゃ~ん!」
M 「で、4人で予定、合わないけど~、この2人で、どうなのか?とか、この3人・・アッ、3人は、
ダメだよねぇ?って、なったりとか・・」
(マァ、舞ちゃんは中々、メンバーが定まらないパターンが多いと言う感じですかね)(^^;

R 「4人で、予定、合わないの?」
M 「合わないんですよ!」
R 「エ~?」
M 「みんな忙しい!」
R 「忙しいの~?」
M 「受験とか、色々とか~!フフフ」
R 「ア~?」
M 「色々、習ってる子とか~!」
R 「そうなんだ~?」
M 「みんな有るので~!そう、何か、忙しいんですけど、でも絶対に、夏らしいコトを、したくて~!」
R 「イヤ、私、夏まつり、したいんだけど~!」
M 「イヤ、そうなの!今日さァ、今日ねぇ・・」
R 「う~ん・・」
M 「ここに来る~?時に、気付いちゃって~!地元で、夏まつり、やってて~!」
R 「アラ~?」
M 「ウワ~?」
R 「アラ、アラ、アラ~?」
M 「最大のチャンスを~、逃してしまった感!」
R 「逃しましたね?それは~?」
M 「そう~、イヤ、おかしい?と思ったんですよ~!何か、バス停が変なトコに移動してて~!臨時に!」
R 「はいはい、はいはい、はい・・」
M 「何で、こんなトコに、バス停、有るんだろう?と思ったら、やってたんですよ~、ホントに!」
R 「もう~、これ、終わる頃には、終わってるね?」
(マァ、丁度、番組収録の時間と、被っちゃったと言う感じですかね)(^^;

M 「勿論、終わってますよ、もう~、そう~、アッ、何か、みたままつり、って、知ってる?」
R 「知らない!」
M 「アノ、東京~の~・・」
R 「割と、有名ですよね?有名な~、お祭りが~、九段下?アレは、九段下辺りで~!」
M 「う~ん・・」
R 「やってる、結構、有名な、お祭りが有って~!」
M 「は~い!」
R 「で、中学、高校かなァ?ぐらいの時は、それに~、行ったコトが有ったんですけど~!」
M 「は~い・・」
R 「1回、何か、中止に、なっちゃって~!」
M 「う~ん?」
R 「それで何か、やらなかったの!」
M 「うんうん!」
R 「で、その間に、私は、もう、仕事、始めちゃったから~!何か、行かなくなって~・・」
M 「は~い!」
R 「で、アッ、そう!友達~が、こないだ、行ってたの!」
M 「うん・・」
R 「復活してたの!知らない間に!」
M 「ア~?・・」
R 「えっ、行けなかった、と、思ったんだけど、それ位~、有名な、お祭りになると~、人が、ごった返して・・」
M 「確かにね、人、多いよね?」
R 「屋台~、で、楽しむ前に、もう、人込みで疲れて、帰りたいと思っちゃう訳!」
M 「そうそう!」
R 「だから、そこまで有名な~、夏まつりじゃなくて、いいんだけど~・・」
M 「う~ん・・」
R 「でも~屋台は、程よく出るクラスの中ぐらいの~、夏まつりに、行きたいんだけど~!
そう言うのの、調べ方が判んない!」
M 「イヤ~、そう、イヤ、何か、ちゃんとした~、アノ、神社?とか~!で、やってる、お祭りは結構、
混んでるんだけど~!それこそ~、今日、舞が!・・」
R 「地元クラスね?」
M 「地元で、やってると、全然、人は居るけど~、行ける、みたいな感じだから~、そういうトコを狙って!」
R 「いいなァ・・」
M 「行きたいですよね!」
R 「ウワ~、いいなァ、はい!」
(マァ、やっぱり、地元に馴染みの有る、お祭りのほうが、楽しみも倍増すると言う感じですかね)(^^)



コメント