ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

HBCラジオ「Hello!to meet you!」第68回 前編 (1/14) 

2018-01-16 00:00:01 | Weblog

 

今回も諸事情により、前編、中編、後編に、3分割して、更に、オープニングから、
トーク方式でレポさせて頂きます。

(S=沙菜ちゃん、HS=佐藤光ちゃん、KI=石栗奏美ちゃん、Z=北研メンバー2人)

S 「皆さん、こんばんは!伊藤沙菜です。今週も始まりました、Hello to meet you!
30分間、最後まで、宜しくお願いします。そして今日のアシスタントは・・」
HS 「ハロプロ研修生北海道の佐藤光と・・」
KI 「石栗奏美で~す!」
S 「宜しくお願いしま~す!」
Z 「宜しくお願いしま~す!」(パチパチ拍手してます)
S 「2人も、今年も宜しくお願いしま~す!」
HS 「はい・・」
Z 「宜しくお願いしま~す!」
S 「サァ、今日~、2人の意気込みを聞いてもいいですか~?」
Z 「はい!」
HS 「私、佐藤は、今年、初めてのアシスタントなので・・」
S 「う~ん!」
HS 「依り、皆さんに楽しく、お届け出来るように頑張ります!」
S 「そうだよねぇ!」
HS 「はい!」
KI 「私、石栗も初めてなので、とにかく楽しく、頑張りま~す!」
S 「は~い、今年も、明けて、もう14日、経ちますけれども!」
KI 「は~い!」
HS 「早い!」
S 「今年も頑張って行きましょう~!」
KI 「はい!」
HS 「はい・・」
S 「サァ、それでは本日のメニュー、宜しく、紹介、お願いします!」
HS 「はい、まず、ハロプロ研修生北海道のリアルトーク、そして、今週のホニャララは、
心理テストを行いま~す!」
S 「もう、大人気の心理テスト!」
HS 「はい!」
S 「今週も、やっちゃいま~す!」
KI 「フフフ」
S 「楽しみに、していて下さ~い!そして皆さんからのメッセージ、ドシドシ、お待ちしております。
研修生コーナーへのトークテーマ、そして私、伊藤沙菜へのメッセージ、要望、質問等々、募集中です!」
KI 「(ここでアドレス告知していました)・・」
S 「・・サァ、今月は皆さんの2018年の、抱負を募集中で、ございます。皆さんの今年の目標や、
宣言など、抱負を教えて下さい。沢山のメッセージ、お待ちしていま~す!それでは今週も張り切って、
参りましょう!(イントロが流れてきました)・・チャオベッラチンクエッティで“何度も 何度も...”」
(マァ、気付いたら、もう1月半ばと、言う感じですかね)(^^;

♪何度も 何度も...♪ (チャオベッラチンクエッティ)

“ハロプロ研修生北海道のリアルトーク”

S 「サァ~、ハロプロ研修生北海道の、リアルトークの、お時間です!」
HS 「このコーナーでは、皆さんからのメッセージを読ませて頂いたり、皆さんの質問に答えたり、
お悩みを解決したりして行きます。更に研修生が、それぞれ考えた企画も、やりたいと思っていま~す!」
S 「は~い、まずはですねぇ、私から幾つか、メールをご紹介したいと思います。」
Z 「はい!」
S 「去年のね、年末に貰ったモノも、ちょっと多いんですけれども、嬉しいメッセージが沢山~!・・」
Z 「オ~?!」
S 「有ったんですけど!・・」
Z 「フフフ」
S 「ちょっとね、時間が無くて~、読めなかったりだとかして、ちょっと纏めてヴワ~!っと、ご紹介させて・・」
KI 「フフフ」
HS 「はい!」
S 「頂きたいと思います。ホント、送って頂いて有難うございます。まずは千歳市ラジオネーム“バニラさん”
から頂きました“毎週、楽しみに聴いています。徐々にハロプロに詳しくなって来ました”・・」
Z 「オ~?!」
S 「嬉しい~!」
KI 「嬉しい~!」
HS 「は~い!」
S 「ハロプロ初心者さん向けの、アノ~、コーナーとかも有るね、番組ですので、凄く嬉しいですね!」
HS 「フフフ」
S 「“ハロプロ研修生北海道の7人が、ゲストで登場する度、成長するのが判るのが・・”」
Z 「オ~?!フフフ」
S 「“いいですね、大きく飛躍して欲しいです”っと!そうなんです。いつもね、毎週、2人ずつ、7人アノ、
メンバーが居るんですけど、2人ずつ、なんですが~!」
HS 「はい!」
S 「7人、登場する時は、やっぱ、楽しいですよねぇ!」
HS 「フフ、は~い!」
(マァ、フルメンバーでのトークは、毎回、大盛り上がりで聴いてても楽しいですからね)(^^)

S 「ドンドン、行きます。続いてラジオネーム“シシマルさん”
“いつも楽しく聴いています。2018年も、沙菜ちゃん、研修生の皆さんの魅力が詰まった番組に、
して欲しいです“」
KI 「フフ・・」
S 「続きましてラジオネーム“マナカボさん”
“2017年、2月の定期公演以後、毎回、定期公演、伺わせて頂き、ホントに北研ちゃん達が、
好きになりました・・”」
HS 「有難うございま~す!」
KI 「有難うございま~す!・・」
S 「スぺシャルなメッセージですね!」
HS 「は~い!フフフ」
S 「“これからも、楽しい番組、期待しています”っと!続きまして、
“沙菜ちゃん、そして北研の皆さん、こんばんは~!”・・」
Z 「こんばんは~!」
S 「“2017年は、北研メンバーにとって、飛躍の1年でしたね!是非、この勢いで、来年も更に、
大きく、成長して欲しいです!沙菜ちゃんと、皆さんの素敵なトーク、今年も楽しみにしていますよ“
っと、ラジオネーム“さっぽろスズランさん”から頂きました~!そして、ですね、続いて・・
“初メールで~す!”・・」
KI 「うん?・・」
S 「“元々は、美勇伝の、三好絵梨香さんのファンとして、さなみよアップステージを、
拝聴しておりまして、その流れで、ハロートゥーミーチューを聴き始めました。
もう、ハロプロのグループからは、すっかり遠ざかっていた私ですが、伊藤沙菜さんのMCがキッカケで、
ハロプロ研修生に興味を持ち始めました“・・」
HS 「へぇ~?」
KI 「へぇ~、凄~い!」
S 「嬉しいねぇ!」
Z 「はい!」
S 「“ラジオを聴いているだけでは、居ても立っても居られず、遂には、先日の定期公演Vol5に・・”」
Z 「へぇ~?」
S 「“有給を取って、東京から”・・」
KI 「エッ、凄~い!」
HS 「凄~い!」
S 「凄~い!“研修生に会いに行って来ました”・・」
KI 「成る程~!」
HS 「へぇ~!?」
S 「凄いね~!“ユルリと、ハロプロファンとして舞い戻った私ですが、これからもハロプロ研修生北海道、
そして伊藤沙菜さんを、応援して行きます“っと、ちょっと、ラジオネーム無いんですけれども!
東京都の“ヒロトさん”かな?から頂きました。」
Z 「へぇ~?!」
(マァ、北研メンバーの魅力で、新たなファンを増やして来てると言う感じですかね)(^^)

S 「フラっと・・嬉しいです~!」
HS 「有難うございま~す!」(パチパチ拍手してます)
S 「嬉しい~!でも、やっぱり、こう、ラジオをキッカケに!」
HS 「はい!」
S 「もう、そう~だけどさ、やっぱ、北研~への、こう、応援のメッセージが・・」
Z 「フフフ」
S 「ス~ゴイ、多いんですよ!」
HS 「は~い!」
KI 「フフフ」
S 「で、毎回、来てくれるって、どうですか~?」
HS 「は~い!」
KI 「イヤ~・・」
S 「そういうメッセージ、頂いて?・・」
KI 「私も、東京とかからも来て下さって、ホントに嬉しいです!」
S 「エッ、東京以外からも~、アノ、来てるよ~!って、その情報とかも入ってるんですか?みんな!」
HS 「そうですね・・」
KI 「はい!」
HS 「ハイタッチの時とかに、何処何処から来ました~!って、一杯、言って下さる方、います!」
KI 「は~い!」
S 「そうですか、ホ~ントに飛躍の年だよね!」
Z 「フフフ」
S 「今年も何だか~、みんなから目が離せないんですけれども~・・」
Z 「フフフ」
S 「は~い、沢山、メッセージ頂きました~!ホントに有難うございます。ドンドンね、
アノ、メッセージも送って下さい、嬉しいですので!」
Z 「フフフ」
(マァ、是非、今年はイベント会場を、大きくして、来たファンを一杯、楽しませて欲しいですね)(^^)

この後、中編に続きます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加