ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「ラジオ日本、カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」第143回 (12/31) 

2018-01-05 00:00:01 | Weblog

 

今回も、オープニングトークと、メッセージ紹介の一部をレポさせて頂きます。

(M=小関舞ちゃん、F=船木結ちゃん)

F 「中西さん、竹内さん、カワムー、新年早々、お疲れ様でした~!」
M 「お疲れ様でした~!」
F 「っと、言うコトで、中西さんからメッセージが有りましたが!・・」
M 「は~い、イヤ、そうなんですよ、アノ~、そう、結構、前に~、中西さんと2人で遊ぼう~って、
言う話をしてて~!」
F 「はい!」
M 「で~、時が経ち・・」
F 「うん!」
M 「今になって、もうね!」
F 「早、何年!フフ」
M 「新年、明けちゃいましたよ~!」
F 「そうですねぇ!」
M 「そうなんです。だからアノ~、でも~、女子有る有るのね!」
F 「はい!」
M 「遊びに行きましょう~、そうですねぇ!って、言う、そういうんじゃなくて~!ちゃんと、連絡、
取ってるんですけど~!」
F 「はい!」
M 「中々、予定が合わなくて~!」
F 「ア~、う~ん・・」
M 「予定が合わないから遊べないだけで、ちゃんと計画は立ててるんで~!」
F 「はい!」
M 「2018年ね、今年こそ!・・」
F 「はい!」
M 「しっかり・・」
F 「しっかりフフ・・」
M 「遊べるように!」
F 「はい!」
M 「努力したいとフフ、思います。」
F 「は~い、それでは2018年、最初の放送もスタートです!1422ラジオ日本、カントリーガールズの・・」
F&M 「只今、ラジオ、放送中!」
(マァ、ハロプロメンバーは、マジで忙しいですが是非、今年は2人でのデート、実現して欲しいですね)(^^)

(ここでオープニングミュージックが流れました)

F 「明けまして、おっめでとうございま~す!カントリーガールズの、船木結です!そして・・」
M 「明けまして、お~めでとうございま~す!カントリーガールズの、小関舞で~す!」
F 「イエ~ィ!(パチパチ拍手してます)・・っと、言うコトで~!もう、そうですね!」
M 「はい!」
F 「アノ、日を跨いで、エ~、2018年に、なったと言うコトなんですけども~!」
M 「は~い、なっちゃいましたねぇ!」
F 「やっぱり、1発目なので~!」
M 「は~い!」
F 「今日も、私達も、テンション高めで!」
M 「高めですよ~!」
F 「明るく、お送りしたいなと、いう風に思いま~す!」
M 「は~い!」
F 「っと、言うコトでですねぇ、ま、2018年が始まって~!ま、約30分位、経ったんですけれども~!」
M 「経ちました~!」
F 「アノ~“Hello!Project 20th Anniversary! Hello!Project COUNTDOWN PARTY
2017 GOOD BYE & HELLO!“がですねぇ・・」
M 「は~い!」
F 「今、絶賛、盛り上がってる頃・・」
M 「ナウですねぇ!」
F 「に、なると思うんですけれども!」
M 「は~い!」
F 「マァ、私達は~、アノ、ピチピチ、フレッシュなので~!」
M 「は~い、まだ、15ちゃいなのねぇ・・」
F 「15ちゃいなので~!そうなんですよ~!出たかったんですけど~!」
M 「は~い!」
F 「出れなかったんですけど~!」
M 「は~い!」
F 「カントリーガールズからは~、アノ、山木梨沙ちゃんが・・」
M 「は~い・・」
F 「出ると言うコトで~!」
M 「ねぇ!」
F 「後で沢山、お話、聞きたいなァと・・」
M 「そうですねぇ、是非!」
F 「ま、ライブに限らずですねぇ!」
M 「はい!」
F 「ま、年越しの~、ワクワク感に、ついても、お話、したいんですけど~!」
M 「は~い!」(マァ、梨沙ちゃんも、ちょっとインフルエンザで、今は休んでますけどね)(^^;

F 「いつも、どんな風に、年越し、過ごしてますか~?」
M 「エッ?アノ~、去年~・・」
F 「は~い!」
M 「私、ジャンプしたんですよ~!フフフ」
F 「アハァ~、いい~!」
M 「そうなんです、だから~、去年の~、年越しは~、アノ、この地上に居ませんでした!」
F 「ア~、カッコいいですね!」
M 「そう~!」
F 「地上に、居なかった訳ですね?」
M 「地上に居なかったから、私!」
F 「カッコいい~!」
M 「アノ~、その、みんなとは違う空間に居たと思う!」
F 「ア~・・」
M 「そう~!」
F 「だから、お家で、まったり、過ごす方と~、アノ~、外で、神社とか、お寺とかに行く方、
いらっしゃると思うんですけど~!どっち派ですか?」
M 「エッ?もう~、フツーに、ゆったりしてますね!」
F 「ア~?」
M 「は~い、もう、のんびりな感じですね!」
F 「いいですねぇ!」
M 「う~ん・・」
F 「私は~、そうですね、2017年?・・」
M 「うん!」
F 「・・の~、お正月って、言うか、年越しは~、アノ、家族と、花屋敷の方に!」
M 「ア~、言ってたねぇ!」
F 「そうなんですよ~!カウントダウンパーティとか!」
M 「うん!」
F 「カウントダウンを、したんですけど~!」
M 「うんうんうん!」
F 「アノ、毎年、12月31日に~・・」
M 「うん!」
F 「いつも、年越し蕎麦をフフ、食べるのが~、ここ最近では、恒例ですね!」
M 「アッ、年越し蕎麦か~?」
F 「っと、言うコトで~、マァ、様々なアノ~、お正月の過ごし方、有るんですけども~!」
M 「は~い!」
F 「マァ、皆さんも、どんな、お正月を、お過ごしなのか?」
M 「う~ん、なのか?・・」
F 「皆さんも、是非、又、聞かせて頂きたいなと、いう風に、思います!」
M 「はい!」
F 「それでは、今日のファーストナンバーです!」
M 「はい、エ~、新年1番最初に、聴く・・」
F 「はい!」
M 「曲に、凄い相応しい曲だなと、いう風に思います。カントリーガールズで・・」
F&M 「“VIVA!!薔薇色の人生”」
(マァ、マァ、フナちゃんは、結構、庶民的な大晦日を過ごしてると言う感じですかね)(^^)

♪VIVA!!薔薇色の人生♪ (カントリーガールズ)

F 「1422ラジオ日本カントリーガールズの、只今ラジオ放送中!改めまして、こんばんは!
カントリーガールズの船木結です!」
M 「小関舞で~す!」
F 「それでは、今週も、皆さんから頂いたメッセージを時間が許す限り、読んで行きましょう~!」
M 「読むねぇ~!・・」(語尾上げて言ってます)
F 「ねぇ~!」(少し、テンション低めです)
M 「フフフ、違う!いつになったら、ホントに上手くなるのか、判んない!」
F 「次こそは、2018年こそは・・」
M 「それさァ?」
F 「はい!」
M 「マァ、いいや、いいや!」
F 「フフフ」
M 「そこは、新年だからね、止めときます」
F 「そうですね・・」
M 「はい、読んで行きま~す!静岡県のカントリーネーム“ヨダレモチさん”からです!有難うございます。」
F 「有難うございま~す!」
M 「“オゼコ、フナッキ、こんばんは~!”・・」
F 「こんばんは~!」
M 「“最近、急に寒くなってきましたね!そんな中、私には悩みが有ります。それは~、コタツが、
私から離れてくれないことです。大学へ行くことも、部屋の中を移動することすら、止める勢いです。
どうしたら、いいでしょうか?“」
F 「う~ん・・」
M 「イヤ~、アノ、実は~・・」
F 「はい!」
M 「小関家~、コタツを~、初めて~、買ったんですよ~!」
F 「オ~ゥ、凄~い!」
M 「そうなんです、アノ~、今まで~、無くて~!・・」
F 「はい!」
M 「何か、コタツ~、凄い、欲しかったんですけど~!」
F 「う~ん・・」
M 「マァ、いいや、みたいな、そんな感じで~!」
F 「はい!」
M 「でも~、凄い、判ります!」
F 「判りますよねぇ?」
M 「スッゴイ判ります!もう~、み~んな、そこに、ずっと集まって~!」
F 「フフフ」
M 「それこそ、みかん、置いて~!」
F 「は~い!」
M 「ずっと食べてて~!」
R 「はい!」
M 「それは~・・」
F 「コタツって、いいですよね?」
M 「いい~!」(マァ、北海道は、コタツでは、冬は越せませんけどね)(^^;

F 「何か、何だろ?ホントに、私もマァ、実体験が有るんですけど~!」
M 「う~ん・・」
F 「ガチで、そのまま、知らない間に、コタツで寝ちゃってて~!」
M 「う~ん!」
F 「朝、起きたらフフ、ちょっと熱が出て、脱水症状で・・フフ!」
M 「エッ?フフフ、暖か過ぎて~?」
F 「は~い、暖か過ぎて脱水症状、起きて、熱出ちゃったんですけど~!」
M 「う~ん・・」
F 「ま、それも~、何か、何だろ?風物詩じゃないですけど~!フフ」
M 「確かに、確かに!」
F 「何か、コタツの、いい思い出だな、って、いう風に!」
M 「そうだねぇ、後、猫、飼ってるんですけど、私!」
F 「ア~?・・」
M 「アノ、猫はコタツで丸くなる、って、有るじゃないですか!」
F 「はい!」
M 「アレ、ホントなんですよ~!」
F 「エ~?」
M 「ホントにアノ~、何か、コタツを~、設定した瞬間に、猫、2匹が、バ~、って、入ってて~!
やっぱ、暖かいからか、ずっと、くるまって寝てるんですよ!」
F 「は~い、うん!」
M 「だから、もうホントに、家族みんなで、あそこにバ~、って、集結して~!」
F 「は~い!」
M 「何か、もう、みんなで暖まるのは~、もう、冬ならではじゃないですか!」
(マァ、何か、家族、みんなでコタツを囲んで、暖まってる様子が目に浮かびますね)(^^)

F 「でも、何か、イメージ、いいですか?舞ちゃん家の、コタツって~、やっぱ何か、庶民的なコタツとは、
又、別だと思うんですよ!」
M 「イヤイヤイヤ・・」
F 「何か、ちょっと~、イヤ、例えば~・・」
M 「うん!フフ」
F 「何だろ?テーブル、その、コタツの上のテーブル有るじゃないですか、テーブルが~、ガラス張りで~!」
M 「待って~?違う、違う!全然違う・・」
F 「その周りの~、アノ、布団が~、何か、ちょっと~、お幾ら万円するような~!フフフ、イメージです!」
M 「フフ、違う、違う、違う、違います!アノ~・・」
F 「エ~?」
M 「アッ、それ、梨沙ちゃんだから!」
F 「アッ、そうですか、梨沙ちゃんですね?」
M 「そういうキャラじゃないから!」
F 「イヤイヤイヤ、言うても~?・・」
M 「イヤイヤイヤ、ホントに違いますからね!ホントにアノ~・・」
F 「うん、そういうイメージなんですけど!」
M 「はい、ニ〇リさんですから!ニ〇リさんの、アノ、アレですから!ニトリさんね・・
ニトリさんの、アレですから!」
F 「ア~!フフフ、ニ〇リさんの~!・・」
M 「フフフ、ニ〇リさんの、ヤツ!」
F 「いいですよ~!ニ〇リさん!」
M 「いいですよ~、ホントに素晴らしいです!」
F 「有難うございます。フフフ、ね、コタツも、そういうの、有るんですけど!」
M 「は~い!」
(マァ、ニトリ家具のコタツは、価格は庶民的でも、製品は、みんな素晴らしいですからね)(^^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加