少しづつ

アップロードする場所

意味を知っていてもやるバカ

2017年01月27日 04時17分13秒 | パンドラ(見てはならぬ)
 アメリカの大統領に就任したトランプ、その支持者には
ナチス式敬礼を儀式にしている連中が居るらしい。

ネオナチやKKKがいまだに現存しているので在り得ない話では
無いが思い出すのは日本でも真昼間の全国生中継での出来事。

笑っていいともというその番組、調子こいた司会者Tが悪乗りして
「ハイルヒットラー」とあのポーズをやったら観覧していた全員が
声を合わせて「ハイルヒットラー!」と大声で同調。
その場に居た奴等は勿論、その意味を知っていただろうがノリが
悪いものは省かれる国民性は何でもやるという実例である。
(後にその司会者自身が「あれは気持ち悪かった」と無責任に述懐している)


焚付けように依ってはどうとでも動くだろう。
脳天気な識者は人の重責を思いやる事さえせず、また破滅に向かって
日々は過ぎてゆく。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« メタボ街道まで | トップ | ストレッチは重要 »
最近の画像もっと見る

パンドラ(見てはならぬ)」カテゴリの最新記事