少しづつ

アップロードする場所

羅生門

2018年05月24日 03時58分55秒 | MOVIR
1950年、大映 黒澤明監督

原作は芥川龍之介の「藪の中」
平安時代の混乱時、山の中で起きた殺人について
関わった盗賊、侍、市女笠が検非違使の前でそれぞれの
立場を己に都合良く証言する。

自己保身の為に誰が嘘をついているのかは結局分からない。
唯一、事を始めから終わりまで目撃していたという杣売りは
「皆、嘘だ」と切り捨てる。
見栄が真実を上回り当人達は誰一人真実を述べない。

見ながら考えた、今の時代でこれを題材に現代の弁護士が
それぞれに付いたらどんなやり取りになるのだろう。

言葉尻を捕らえる世界で生きている人達は優れているので
常人とは違った感覚で信念を持って突き進むのだろう。

裁判員制度に辞退者が過去最多となっている現在、益々
世間常識から司法はかけ離れて行くのだろう。

アメフトでも昼のコメンテーターが「このケースでは監督の
責任は云々」と違和感満点のお話しをしているが誰が卑怯者なのか
そちらが問題なのではないかと思うのだが。
運営、統括団体、チームとしての責任は?

事はアメフトに限らず、他のスポーツでも水面下だと言えない風潮は
今後も変わらず。

最後にエピソードを一つ、甲子園を沸かせた投手が大学の野球部に
入った時。 先輩達が牛乳瓶に唾を一杯に入れてそれを一気飲みしないと
退部とせまった事実はもう40年以上前の事実である。


そう言えば文書を捨てた、関係者には会っていない、セクハラという罪はない
立法府も優れた、偉い人達の集まっている所で官僚やお役人もまた然り

記憶力も相当良いのだろう
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 優秀が故に | トップ | 後出し~ »
最近の画像もっと見る

MOVIR」カテゴリの最新記事