世迷いごと 鶏口より牛後に歩き

2018-08-31 07:30:50 | 日記

 

木鐸(ぼくたく)の ジャーナリズム いつやらに 僕宅の犬と 

おとろえ吠えず


つつしみに おのれを正す 余裕消え 強さをのみに こころ奪われ


操つられ 平気に殺す 人とする オウムといわず 国の怖さよ

 

 

 

コメント

世迷いごと カラマーゾフを読み

2018-08-30 07:56:39 | 日記

 

俳句的 日本のあっさり 目くるめき カラマーゾフの ドラマは生めず


親鸞と ゾシマ長老  至りつく 境地は似たり 日本とロシア


寸前に 死刑免れ 恩赦され 死生を超えた ドストエフスキー

 

コメント

世迷いごと 異邦の空の下(4)

2018-08-29 06:59:12 | 日記

 

夏の日に ミンクのコート 老婦人 プラハの人も 逸らし目に見て


ジプシーの 物乞い女 恵まねば 肘鉄砲に やにわ逃げ去り 


ベランダで バナナパパイア もぎ取って 見上げる木には パンは実って

コメント

世迷いごと ブレイクスルー(打破)

2018-08-28 09:39:24 | 日記

 

半煮えの レアかミディアム ぬるま湯を 脱して燃えて ウェルダウンへ


礼節を 衣食足って かって知り 今は足っても 霊性なくし


苦しみを 離れ見るさえ 困難を 楽しむまでは いかにも遠く

コメント

世迷いごと 愛は言うは易し

2018-08-27 06:51:09 | 日記

 

うたた寝に そっと置かれた 薄物の 羽衣触れた 心地に眠り


書置きを 子細に しるし 妻出かけ 不精なわれを 先手に封じ


ネクタイの 歪みを直す 気遣いの 愛の言葉に どれほどまさり

コメント