忘れじの記 スポーツも為に従い

2018-06-30 08:50:19 | 日記

 

スポーツに 算盤さえも 持ち込んで ハラハラよりも パチパチの音


損得の アニマルなりの レッテルを 蘇らせた 日本のサッカー


 純粋に 技を競う 真剣を 無くしたゲーム ただ退屈に

コメント

忘れじの記 別れた人や世の別れ

2018-06-29 09:00:32 | 日記

 

耳の奥 今にも響く お父さん いとしいわが子 呼びかける声


枯草の 倒れて道を 塞ぐごと 縁ある人の 途次に横たい


想像に 死を思わない 生きものの その時だけに 苦しむのみに

コメント

忘れじの記 虫も驚き乱舞して

2018-06-28 07:40:52 | 日記

 

球一つ 飛び交うさえに 国は湧き 川に飛び込む 英雄も産み


戦勝に 提灯下げた 熱狂に 弾も球さえ 同じにさせて


個人より 国のことなら 声そろえ 熱狂できる 人の集まり

コメント

忘れじの記 発散と収束

2018-06-27 06:54:44 | 日記

 

朝夕に 開けては閉める カーテンと さして変わらぬ わが人生よ


身近くも おのれ自身に 立ち返り 思いの過熱 平熱となり


揺れつつも 倒れぬ木々の 平衡を 気づけば人も 同様備え

コメント

忘れじの記 伝統と環境に身を投じ

2018-06-26 09:12:53 | 日記

 

ネット張り 中空生きる クモのごと 見えぬネットに 生きるはわれら


幸せも 不幸も知らぬ 動物の 屈託無さに われも見習い 


今ここを 脱して次へ いのちかな 水の流れと 全ては移り

コメント