忘れじの記 付かず離れず離れ

2018-05-31 08:47:53 | 日記

 

若者の 離れが進み その極み この世を唾棄に 世も変わるかな


喰うことに 困らぬはずの 内情の 覗いてみれば なお四苦八苦


努力して おのれ自身に 行き当たる 皮肉にできた わが生まれ付き

コメント

忘れじの記 ギブアンドテイクは処世かな

2018-05-30 09:37:50 | 日記

 

両様に どちらも活かし 適応し 適応せぬが 自立の人に


うまく乗せ 利益を図る 風潮に 呑まれぬように 身を一歩引き


政治さえ 企業に近い 経営に 人も要素の 道具に堕して

コメント

忘れじの記 正直はおのれを尽くし

2018-05-29 08:55:08 | 日記

 

単純に 囀る声の 明朗さ 正直ものに 神は宿りて


息をする 平凡さえに 喜べる おのれに気づき こころ定まり


覚悟して メメントモリを 常にして 平々凡々 光彩放ち

コメント

忘れじの記 透明なネットワーク

2018-05-28 07:07:08 | 日記

 

虫たちの 自己中ならぬ 生き方の 運命のみに 黙って従い


運命の 自由にならぬ かかわりの 目には見えねど われらを支え


利便さの 進むにつれて 頭さえ 押したボタンに 回答だして

 

コメント

忘れじの記 言葉は使い使われず

2018-05-27 07:53:27 | 日記

 

切り替えの 出来ぬ頭の 血の巡り 悪い記憶を いつまで運び


死ぬ時は 豪華ひきつれ  道連れに 世の一切を 土産にあの世


おれおれで 息子と思う 反応に 言葉の秘める 魔法の力 

コメント