歌の日々 ヒヨドリの枯れ木にとまる年の暮れ

2017-12-31 11:46:51 | 日記

 

摩滅して どの顔とても 均一に ロボット時代を 先取にして

 

利にさとく 離れ集まり 横目して 去るもの追わず 来たる拒まず 

 

独り言 連ねて来たは この一年 問わず語りも 納める時か 

 

コメント

歌の日々 差別を超えた調和

2017-12-31 09:49:55 | 日記

 

なあなあの 和を尊んで 事なかれ 長いものには 巻かれて終わり

 

ベール剥ぎ 立ち現れる 現われに 一つに融けて 全て繋がり

 

個と生まれ 過ごせる時の 尊さを 人のみ気づき 気づいて人に

 

コメント

歌の日々 惰性に流れ

2017-12-30 15:57:51 | 日記

 

後追いが 優位に立てる 世のならい 遅れをバネに 創案うまれ

 

無為なるは 可能あふれた 充実を 無聊かこつは 路線を走り

 

近々と 遠目に見ると 合わせ見て ことの真相 正しくとらえ

 

コメント

歌の日々 主体性を生き

2017-12-30 11:48:47 | 日記

 

横目にて ギロリと睨む 達磨の目 うわべを透かし こころを見抜き

 

本来の 人の自由を 気付かづに 為に屈する 誇りのなさよ

 

外向かう 関心捨てた 落ち着きに 生きたおのれを 身近に感じ

 

コメント

歌の日々 年の瀬近く

2017-12-29 15:38:31 | 日記

 

揺らぎつつ 過ごした日々の わが支点 ゼロに整え 来る年を待ち

 

用無きを 始末の部屋の ガラス戸に 暮れゆく庭の 枯れ木を眺め

 

忘年に 飲んだ友との 語らいは 思い出だけに 花咲き終わり

 

コメント