歌の日々 歴史の流れ

2017-07-31 08:51:04 | 日記

 

物々の 交換すたれ カネと成り ものの直感 意識へ離れ


シトシトと 音に聴き入る 統一が 雨の意識に 途端に破れ


ことを為す 主人であった 人間を ものが主人と 人間使い

コメント

歌の日々 全てが疎遠

2017-07-31 06:50:03 | 日記


われさえも 離れ眺める 習性の 意識が作る よそよそしさよ 

 

わが外へ 連れ出す意識の 働きを 切り替え内へ 戻すは直感

 

意識から 離れぬ生の 自己の殻 まるでカプセル 内部の暮らし 

 

コメント

歌の日々 知識は他人事

2017-07-30 10:26:25 | 日記

 

知識あれ おのれ自身に つまされて 気づきとなって はじめて分かり

 

可能性 あると知るさえ 可能性 気づきに振れる われらが人生

 

可能性 活かせぬとても 持前の おのれの可能 尽くしたまでか

コメント

歌の日々 感じることの豊かさ

2017-07-30 06:58:05 | 日記

 

考えの 自己を離れぬ 枠組みを 直観のみが 容易に越えて

 

考えて 生きてる実感 生みもせず 疑う余地ない 感じる確かさ

 

生き方が そのまま給付の 人生の 報いるシステム 独特なるかな 

 

コメント

歌の日々 イロニーからユーモアへ

2017-07-29 09:05:55 | 日記

 

人生を 大方見切る 達観に ユーモア放つ こころの余裕

 

斜の構え イロニーならば 正面に まともに向い ユーモア生まれ

 

曖昧な 日本文化の 雰囲気に イロニーユーモア いずれも遠く 

コメント