歌の日々 主体性を問う

2017-03-31 16:35:33 | 日記

 

両断に 断ち切る覚悟 持たずして こだわり捨てた 自由のいずこ

 

自己愛の ぐずぐず渋る 不決断 諦め決心 行為へ移り

 

サムライの 風儀は最早 後を絶ち 恰好ばかり ただ勇ましく

 

コメント

歌の日々 いずこも浮薄

2017-03-31 09:47:14 | 日記

 

泣いて生まれ 怨念叫び 世を過ごし 呻きに死ぬか 過去向きの人

 

かにして 自尊のこころ 傷つけた われら浅薄 一等国の人

 

文明に 一目置くも 文化では 引け目なかった 具眼の人たち

 

コメント

歌の日々 今も昔も

2017-03-31 05:02:14 | 日記

 

社会は 今見るごとく 旧約に 書かれた様も なんら変わらず

 

人類の 浄化の理念 謳い上げ ニーチェの後裔 ヒットラーたるを

 

主体性 真の自由は  望まれず 人気の無さは 昔も今も

 

コメント

歌の日々 忖度

2017-03-30 18:26:54 | 日記

 

ほのめかし 察しつかぬは 鈍感の レッテル貼られ 愚物にされて

 

兵あまた 忖度死んで 御心の 責任とらぬ 神輿を担ぎ 

 

世に倣う 暮らしは楽に 見えながら 気遣いゆえの 煩い多く

 

コメント

歌の日々 盛衰 

2017-03-30 10:50:35 | 日記

 

往返に 膨らみ縮む ふいごかな 世は動的に 盛衰重ね

 

拡散と 収束向かう 一点に 綱引のごと 世は往返し

 

同じこと 二度と起こらぬ 厳しくも 過ぎ行く時の その崇高さ 

コメント