老いの繰り言 去るも残るも悲しいこの世

2019-02-26 10:52:21 | 日記

 

手付かずも 毎朝供え 愛し子の コーヒー飲むと 思う親心


死の床に 伏して無口に 気遣いの かっての兄の 面影消えて


行雲に 無常となって 哀感を 歌に託した 古人慕わし

コメント   この記事についてブログを書く
« 余滴々 只はただに楽しく | トップ | 余滴々 エウレーカ叫ぶアル... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事