余滴々 無償に授かるいのち

2018-12-20 06:01:50 | 日記

 

苦労の実 鳥の食らうに うち任せ  柿の木静か 庭に佇み


一度切り 授かるいのち いとおしみ 無言の声を 聞き分けいかん


繰り返し 噛みしめ消化 肉となる こころの糧や 意義ある言葉

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 余滴々 感じるに尽きるは生か | トップ | 余滴々 言詮不及の広大さ »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログを拝見しました (つねさん)
2018-12-28 07:30:15
こんにちは。ブログを拝見させて頂きました。これからもブログの運営頑張って下さい。

投稿して下さった作品(イラスト・詩・小説・エッセイ・漫画など)に、直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)を主催しています。投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。よろしかったら私の名前をクリックして、ホームページでの詳しい案内をご覧になって下さい。ホームページの申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。失礼致しました

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事