忘れじの記 評価はおのれで下し

2018-07-05 06:47:20 | 日記

 

夜の月の 光受けつつ 自らに 光放って 闇夜を照らし


地平なき 海原進む 世の生の 指針と頼る おのれの自覚


他に知れず 己と交わす 対話ほど 時空を越えて 頼れるは無し

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 忘れじの記 それぞれ一人独... | トップ | 忘れじの記 今ここに接して... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事