余滴々 それがあるは倒錯あるはそれ

2019-01-12 07:43:50 | 日記

 

一片の 影さえ見えぬ 無にこそに 核の秘めたる エネルギーかな


如が来たり 常に住する 存在の 美醜を越えて 全て尊く


言葉もて 言葉を掃う 道元の 独楽は回って 動中の静 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 余滴々 人は絶えても自然は続き | トップ | 昨年千百首から自選五十首(... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事