余滴々 裸の王様

2019-01-13 05:54:44 | 日記

 

おさな児の 純なこころを 汚染から 知恵の衣に 包んで守り


畜類を 類逐くほどの 優秀が 痴愚の至りへ 落ちるは人か


金ぴかの 衣を着れば 恐れ入り ボロを纏えば 人はさげすみ 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成31年 賀状の歌 | トップ | 昨年千百首から自選五十首(... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事