広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

どうでもれいわ 年賀のわが歌

2020-01-04 11:57:44 | 日記

 

年始め 干支や出揃う 初日の出 マウスの矢先 光を浴びて


輪の中に 回るネズミの 木阿弥に 老いの話の 先へは行かず 


まとわりの もがけば嵌まる 泥沼に つかず離れず ハチスは咲いて

 

偏見の 井戸のイドラに 囚われて 渇きの癒し 虚空に求め


生の何に 求める旅の 一巡り 常の暮らしに 満月かかり


言の葉の 影さえささぬ 地に深く 根っ子おろして 言葉は生まれ 


わくら葉の 漂う露天の 湯を共に 同じ老残 湯煙のなか 


人ごとに 携帯見つめ けったいや 世の形態の どこへつながる

 

コメント

何必 簡素の含意の奥深さ

2019-12-27 10:22:10 | 日記

 

簡と素の 固いと柔らか 知と情の 簡素でなべて 美と真は尽き 


素の生地に 簡の言葉を 上に添え 簡素に過ごす 人の生き方 


歌詠めど どうにもならぬ 左様なら ただ沈黙へ サヨナラするか 

コメント

何必 高炉へと溶けては産まれ

2019-12-26 10:48:53 | 日記

 

原理とて 切れる利剣の 道具かな 紅炉の上の 一点の雪 


色を産む 色即空の 空は愛 産むはすなわち 愛にしあれば 


愛と智慧 力一つに ものを産み 原初以来に はたらき続け

コメント

どうでもれいわ カタストロフは突然襲い

2019-12-25 10:25:41 | 日記

 

カエサルに 返して残る 別天地 住む人減って 過疎は進んで


ミツバチの 貯めた貯金 奪い去る 魔の手は伸びて 空箱にされ


金利ゼロ 先へ進めぬ 資本主義 後ろを向いて 貧者を増やし

コメント

何必 嘘を許して倫理は立たず

2019-12-24 09:26:46 | 日記

 

嘘吐きに 生理が狂う 身となって いかに生きるか 答えは得られ


身の丈に 合わせて変わる 見え方に 人の尊卑を あべこべに見て


演技する こころに潜む 不真面目さ こころ麻痺して 役者で通し  

コメント