放送作家村上信夫の不思議事件ファイル

Welcome! 放送作家で立教大大学院生の村上信夫のNOTEです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

落合信彦「無知との遭遇」

2010年11月01日 19時17分46秒 | この本を読め!!
会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)
村上 信夫
中央公論新社

知識ゼロからの田中角栄入門
クリエーター情報なし
幻冬舎

無知との遭遇 (小学館101新書)
落合 信彦
小学館

落合信彦氏が、『無知との遭遇』(小学館刊)で、国際政治の舞台で言われているジョークを紹介している。
面白いので 3つ引用する。

日本の総理大臣が自信満々にこう言った。
「景気はこれからよくなる。株は今が買い時ですよ。私は総理大臣だから株を買うのは問題だが、総理でなければ絶対に買いますね」
すると、その場にいたビジネスマンはこう言い放った。
「私だって、あなたが首相じゃなかったら絶対に株を買いますよ」

尖閣問題に対応した仙谷由人官房長官について、こんなジョークがある。

永田町を日本人と中国人が歩いていた。前を見ると、快晴だというのに官房長官が傘をさして歩いている。
日本人が笑う。
「バカじゃないのか、あいつは。晴れているのに傘なんかさして」
中国人が返す。
「なんだ知らないのか? 今日の北京は雨だぜ」

中国に関してもこんなジュークがある。

中国の農民が、その年は畑の収穫を上げようと思い立ち、春に新しい種を買ってきて畑を耕した。だが、秋になっても収穫はゼロだった。種が偽物だったのだ。
絶望したその農民は、農薬を飲んで自殺しようとした。だが、死ねなかった。農薬も偽物だった。農民が住んでいる村の人たちは「死ぬことはない」と彼を励まそうと村をあげて宴会を開き、そこでギョーザが振る舞われた。
農民は生きる希望を取り戻し、ギョーザを口にした。すると農民は死んでしまった。

企業不祥事が止まらない理由
村上 信夫,吉崎 誠二
芙蓉書房出版

このアイテムの詳細を見る

犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル (グラフ社ミステリー)
村上 信夫
グラフ社

このアイテムの詳細を見る



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 属国化は今に始まったことで... | トップ | 2010年ヒット商品ベスト30 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マルチモニターのイートレード)
2011-10-03 14:57:52
落合さんの著作は結構読んでいます。
昔の著作はフィクション小説だと思って読むと面白いですよ。一応ノンフィクションライターらしいですけどね。

コメントを投稿

この本を読め!!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事