いつも最高 in 北九州

「今日は最高」「明日はもっと最高」。与えられた環境と自分の力でベストを尽くす。だから後悔しない。だから「いつも最高」。

青春の大谷エリア

2017年03月30日 | 日記・エッセイ・コラム

もう三月も終わりです。今年は全国どこでもそうでしょうが桜の開花が遅いですね。小倉も今週初めに開花したものの、まだまだ見ごろには至りません。今日30日夕方、高校の同期会の懇親会が八幡東区の「大谷会館」で行われました。名目は「観桜会」でも、実質は懇親会。私にとっては、久方ぶり(58年ぶり)の同期生との顔合わせです。ここ大谷会館は、皿倉山山麓の大谷地区に1927年(昭和2年)に八幡製鉄所の社員用の厚生クラブとして建設されました。建物は当時のままの姿を残しています。そのお隣には「大谷球場」、これも会館とほぼ同じ時に開場、「八幡製鉄大谷球場」となりました。今では「北九州市立大谷球場」です。ここ大谷地区には体育館があり、かつては50mの競泳プールもありました。まさに製鉄所の文化厚生地区であったのです。大谷地区は私の青春時代の思い出そのもの。変わらぬ皿倉山を仰ぎ見ながらしばし感動の思い出に浸りました。

コメント

森 鴎外 小倉を去った日

2017年03月27日 | 日記・エッセイ・コラム

桜花の便りがやっと届きました。3月26日は小倉に赴任中だった明治の文豪「森 鴎外」が東京に帰った日です。明治35年(1902年)のことです。この日「鴎外をしのぶ春の集い」が小倉の街であり、私も参加しました。前半は鍛冶町の旧居で「高瀬舟」の背景となる江戸時代の経済を中心とした講演。後半は京町の住居跡碑の前で記念式典。「北九州森鴎外記念会」が主催する今年で40回目となるイベントです。115年経ても北九州市民に愛され続ける鴎外です。

コメント

福岡県初のラウンドアバウト 八幡東区

2017年03月22日 | 日記

3月1日に、八幡東区の尾倉交差点が「ラウンドアバウト」として運用開始されました。これは3本以上の道路が接続する交差点で、信号がなく車が一定方向に運行するもので、ロンドンやパリや欧米では既に多く取り入れられた方式のようです。「環状交差点」といわれ、日本では2014年9月に19ヶ所で運用が始まったようです。ここ八幡東区の尾倉交差点は福岡県では初めてのことで、今日22日に現場で確認しました。車は少ない時期でしたが、これからは環境美化の面からも普及していくことを期待します。

 

コメント

頑張っちょるね  もう少しで 小倉❀

2017年03月18日 | 日記・エッセイ・コラム

まだまだ肌寒い日が日が続いています。16日、桜を探しに行きましたが、まだまだ北九州市役所前の勝山公園はこのような状態、つぼみが少しだけ色づく程度。小倉城はつぼみさえありません。予報では来週25日頃が開花とのこと。初めての小倉での春。楽しみです。「頑張っちょるね。はよ咲いちょくれ 小倉花」。この北九州弁、おかしいかな?

コメント

河豚は福に通ず まもなく本格的な春

2017年03月15日 | 日記・エッセイ・コラム

三月も中旬となりました。今年はなんとなく寒い日が続いているようですが、それでも春はもう目の前です。横浜から古郷北九州市へ転居して、半年が過ぎました。少しづつ生活に慣れてはきたものの、関東での友人達との別れは時として寂しくもあります。そのような時に関東での中学の同期生の送別会で頂いた「色紙」には勇気づけられます。この河豚の絵、北九州や下関では「ふく」と言います。福に通ずるのです。この絵は友人の知人で絵手紙でご活躍の「外村節子さん」の直筆です。この福々とした表情。なんとも言えない幸福感に浸ることができます。裏に書かれた友人たちの激励の言葉、そして鶴亀の扇、ありがたい贈り物です。そして間もなく初めての春が訪れます。

コメント