いつも最高 in 北九州

「今日は最高」「明日はもっと最高」。与えられた環境と自分の力でベストを尽くす。だから後悔しない。だから「いつも最高」。

クーデター

2016年07月18日 | 日記・エッセイ・コラム

トルコでクーデタが起きました。幸い失敗に終わったようですが、この現代においてもこのような原始的でお粗末な軍事革命を引き起こそうという輩がいるのには驚きです。わが国においてもこの近代においていくつかのクーデターがありました。いずれも、失敗に終わりました。その一つで国民に大きな衝撃を与えたのは、昭和11年(1936年)2月26日に起きた「2.26事件」です。今から80年前のこと。珍しい大雪の早朝、国家改造を目指す陸軍のごく一部の青年将校達は1400人のの部下将兵を率いて、時の国の要人を襲った事件です。この事件では東京以外で唯一の現場が湯河原の「光風荘」です。老舗旅館伊藤屋の別館「光風荘」には前内大臣の牧野伸顕伯爵が家族と共に静養していました。ここに反乱軍8名の別動隊が襲ったのです。幸い伯爵は無事で救出されましたが、光風荘は放火で焼失しました。その後すぐに再建され、今では資料館として保存されています。湯河原といえば前東京都知事の舛添氏の別荘があったことで有名になりました。
さて、この「光風荘」に昨日、ハイキンググループと一緒に見学しました。トルコの事件とは無関係の見学でしたが、改めてこの事の重大さを認識しました。

コメント

これでもスイカ

2016年07月14日 | 日記・エッセイ・コラム

暑い日が続きます。いつのまにか7月になり、いつのまにか盛夏となり、梅雨が明けぬままに猛暑の日々です。わがマンションのエントランスの天井に息吹いた新しい命は今日もすくすくと育っています。元気です。また、近くの小学校の菜園には、思わぬ小さな命が芽生えていました。スイカです。直径3cmくらい。それでも縦じまが入ってすっかり大人のスイカの様相。なかなか見つけにくい大きさですが、なんだか小さな命の連続に勇気をもらいます。世情、国政選挙で与党が圧倒的な勝利、その余勢を買って東京都知事の選挙が始まりました。また、今日は天皇陛下の生前退位の問題が話題になっています。わが国の根本をなす諸問題、なんとか穏やかに解決して欲しいものです。

コメント

新たな誕生

2016年07月08日 | 日記・エッセイ・コラム

わが住まいのマンションのエントランスの天井に、先月中旬ころから番のツバメが巣作りを始めました。最初はなんとも頼りない貧弱な巣でしたが、いつのまにか立派な頑強な家になりました。いつ、新しい命が誕生するのかと住人一同楽しみにしておりましたら、せっせせっせと夫婦で餌を運び始めました。そして、今日やっと三羽のひなを確認。親が餌を運ぶたびに大きな口を開けています。四羽がいるようですが、確認できたのは三羽。健康に育って元気に巣立って欲しい。住人皆で見守ることになりました。不肖の高齢の誕生日の直後、新しい命の訪問に改めて感動した一日でした。

コメント (2)

誕生日

2016年07月04日 | 日記・エッセイ・コラム

今日は7月4日。アメリカの独立記念日ではありますが、不肖 この私の誕生日でもあります。多くの方からお祝いのメッセージをいただきました。ありがとうございます。私のような高齢になるとなんとなく、今まで生きてきた時間が長いだけで、これからの時間がその分減っていくわけですから、嬉しいような哀しいような複雑な気分になるものです。四捨五入すれば、80。さらに四捨五入すれば、100歳になるわけです。ということで、この歳の誕生祝は、よくここまで生きてきたねというごほうびなんでしょう。感謝です。でも、来年も80歳、100歳です。再来年も80歳、100歳です。当分は、もうこれ以上歳をとりませんから、このまま健康で、元気で余生を楽しみたいものです。

コメント (2)

早くも七月

2016年07月02日 | 日記・エッセイ・コラム

まだ梅雨明け宣言はありませんが、7月に入り猛暑となりました。北陸地方はいずれも猛暑日となってしまいました。今夏も猛暑が続くのでしょうか?
 ここ横浜の近郊は農園が沢山ありますが、あるお宅の庭先には「桃」の実が色づき、「栗」も「柿」も小さな実が育ち始めました。早くも秋の季節の前触れです。今年は台風の発生がまだないとのこと、なんだかこの夏の異常気象の前兆のような感じがします。ヨーロッパでもアジアでも変な事象が起きていますね。

コメント