いつも最高 in 北九州

「今日は最高」「明日はもっと最高」。与えられた環境と自分の力でベストを尽くす。だから後悔しない。だから「いつも最高」。

八幡の変わりよう

2016年02月14日 | 日記・エッセイ・コラム

北九州市に来て二週間を過ぎました。思いのほか寒くて冷たい日々が続き、空模様も不順です。この旅の前半は北九州市の変わりようを巡っています。かつて、八幡製鉄所、新日本製鉄が中心となって栄えていた八幡はすっかり様相を変えています。数多くあった溶鉱炉はモニュメントとなりました。会社の本事務所は日本の産業の起点となったことということで、世界遺産になりました。また、八幡の西にある黒崎はロボット開発で安川電機が新しい起点になっています。そして長崎に通ずる江戸時代の「長崎街道」の面影を残し、今や歴史の街になっています。

コメント

北九州市は良かとこばい!

2016年02月07日 | 日記・エッセイ・コラム

久方ぶりの投稿です。元気にしております。先月末30日から北九州市に来ています。市のあるプロジェクトに協力するため、スタッフを引き連れて今月一杯の一か月、小倉に滞在しています。想像以上に連日、冷たく寒く、しかも雨にも遭遇しましたが、この地の良さを満喫しています。この地はスタッフ共々の故郷ですが、改めて素晴らしいところが多々あることには驚いています。逐次、PRしていきます。写真は、小倉駅前にある「小倉祇園太鼓」。明治維新まで小笠原藩が統治していた小倉城。森鴎外が軍医として一年半にわたり勤務していた旧陸軍12師団司令部跡です。

コメント (1)