いつも最高 in 北九州

「今日は最高」「明日はもっと最高」。与えられた環境と自分の力でベストを尽くす。だから後悔しない。だから「いつも最高」。

どこか遠くへ

2015年07月27日 | 日記・エッセイ・コラム

連日、猛暑が続いています。家の中でもじとっとした蒸し暑さに、知らずに汗が流れます。そんな朝、庭の一角に大きな白い花が開きました。「浜木綿(ハマユウ」です。5年前に伊豆の下田で手に入れた種子が育ち、大きな葉を広げていましたが、花も咲かず名前すら忘れていました。それがいきなりこの花です。驚きました。調べてみたら別名「ハマオモト(浜万年青)」と呼ばれ,温暖な海浜で見られるとか。花言葉は「どこか遠くへ」。ふとそんな気持になるこの頃。あまりのタイミングの良さにも驚きです。そういえば「浜木綿子(はま ゆうこ)」という大物女優さんがいますね。香川照之のお母さんです。

コメント

青春のパワー

2015年07月21日 | 日記・エッセイ・コラム

関東地方もやっと梅雨が明けました。いよいよ本格的な夏の始まりです。夏と言えば、毎年国民を湧かす「夏の高校野球」。今年は97回目を迎えるそうです。各地方では予選の熱戦が続いています。昨日20日、保土ヶ谷球場での神奈川大会の一戦を観戦、応援してきました。対戦は戸塚高校対金沢高校。いずれも横浜市立の名門高校です。応援のお目当ては「戸塚高校」。何十年ぶりに若者達の熱戦の坩堝にはまりました。結果は10対0の五回コールドゲームで、戸塚高校の勝利。日照りの中でしたが、選手も応援団も一所懸命。その雰囲気の中で、年甲斐もなくすっかり青春気分を味わいました。

コメント

火花でなく「花火」

2015年07月18日 | 日記・エッセイ・コラム

台風11号は中国、四国地方に大きな被害をもたらし、消え去りました。横浜地方もその影響を受けて大雨でしたが、昨日17日の午後から次第に明るくなりました。満を持したように、横須賀の久里浜で「納涼花火大会」がありましたので,カメラ片手に花火撮影の初挑戦に出かけました。初歩的な撮影のテクニックについては一応勉強していきましたが、美しい花火を捉えることは大変に難しいと実感。折しも、芥川賞にお笑い芸人の又吉直樹氏の「火花」が選ばれましたが、この写真は火花でなく「花火」です。

コメント (3)

静寂な箱根

2015年07月13日 | 日記・エッセイ・コラム

箱根大湧谷の火山活動は未だに平穏になる兆候はありません。そんな最中、元箱根から旧東海道沿いに「甘酒茶屋」「畑宿」を降り「湯本」までをハイキングしました。昨日12日のことです。いずれの経路も大湧谷からは4km以上も離れていて安全な地域ですが、芦ノ湖班も名所甘酒茶屋も観光客はまばらで静寂そのものでした。茶屋のお店の人の話では「いつもの1/10」の客数だとか。下界は熱中症もでる暑い日でしたが、箱根路は涼風の中。小田原で乾杯をしましたが、お客の激減はこの地まで及んでいました。収束の気配も見えない火山活動。今後、どうなるのでしょうか。

コメント

遅かったか!

2015年07月07日 | 日記・エッセイ・コラム

「なでしこジャパン」は残念ながらワールドカップでは、頂上に登ることは出来ませんでした。でも、彼女たちは本当によく頑張りました。国民に勇気と感動を与えてくれました。感謝、感謝です。
 今日7日に所用で東京原宿に行きました。若者の街、原宿の少し北側の閑静な所に「東郷神社」があります。ここには、明治時代の日露戦争日本海海戦において、わが国の聯合艦隊司令長官として大勝利に導いた「東郷平八郎」元帥を御祭神として祀っています。いわゆる勝利の神様です。昨日までにお参りしておけば少しはお役にたったのでしょうが、一日遅かったようです。真に残念です。
 それにしても、宮間キャプテンの次の言葉にはまことに意味深です。「女子サッカーが単なるブームに終わることなく、日本の文化になって欲しい」。ひたむきな彼女達の諦めない頑張りに、今後さらに色々な形で応援していきたいと思います。次回は、大勝負の前日までに必勝祈願したいものです。

 

コメント