大垣山岳協会

大垣山岳協会の事業、会員の行う山行を広く紹介します
山登りが大好きな貴方、これから始めてみたい方是非ご覧ください

ワカン講習会開催される 19.1.13

2019-01-14 | 山協トピックス
  ワカン講習会 2019年1月13日(日)  快晴   衣斐剛人他12名


 大垣山岳協会広報部では2018年入会者の冬山講習会を1月13日に池田山で行いました。この日を楽しみにしていたのですが、登山口に雪がなく衣斐リーダーの挨拶もテンションが低いようです。

林道脇の東屋を過ぎると、ようやく待望の雪が出て来ましたが、今日はワカン歩行の訓練が目的なのでこの程度では不安でした。

しかし、快晴の今日は恵那山から中央アルプス、御嶽、乗鞍、穂高から北アの連山が見え最高の大展望に恵まれました。前穂高と奥穂高の吊り尾根がはっきり確認できる程でした。写真は能郷白山とその右奥に加賀白山。

峠の茶屋付近からは霊仙山から南に御池岳、藤原岳の先に伊勢湾が太陽を反射して銀色に輝いていました。

また、ここは伊吹山が最も魅力的でアルペン的な容姿に見える絶好展望台、我が会のお嬢達も大感激の様子でした。

峠から少し上がったところでは、積雪量は足らないもののなんとかワカンの歩行訓練は出来そうでひと安心しました。

山頂に到着し、お昼を済ませ、講習開始です。訓練前には山の基本や深雪急斜面のトラバース禁止などの簡単な講義を行いました。その後、実際にワカンを装着して山頂西斜面と東斜面を利用して歩行訓練を行いました。平木さんが用意した近代装備ビーコンの使用説明にはベテラン陣も熱心に聞き入りました。

先ずは一列歩行訓練、隊列でトップの足跡を忠実に辿り壊さぬように歩行、順次トップを交代。

東斜面では各々斜面下降の姿勢と登りではワカンをキックステップの要領で蹴りこんだ。


今日は積雪の為か管理人が居なかったが、池田山は昨年から通行料を支払わなければ山頂に行けなくなった。地元の登山者としては自由に登っていた山だけに至極残念だった。ところが北に向かう林道から東側の斜面につけられた道を行けば無料で登れる旨の看板があった。


雪山講習お疲れ様でした。初めての雪山体験の気持ちを忘れず基本を何度も反復し基本に忠実な登山を実践していただきたい。少し山に慣れると横着や手抜きをしがちになってしまう。山登りにベテランはなくいつも一所懸命真剣勝負だと思う。それが楽しい山登りの秘訣だと思っている。



★★衣斐さん提供のフォトチャンネルもあるよ!!
コメント

鈴木さんの山登り 何度も迷って 19.1.10

2019-01-13 | 個人山行
県境尾根から萱場山(かやばやま)登山報告  鈴木正昭  20190110

 乾いた雪にうっすら覆われた奥三河、稲武の高原から愛知長野県境尾根をたどって萱場山(1131m Ⅲ△)に登った。先月19日に入山して敗退した懸案が実現して新年初登山となった。でも、山頂にたどり着くまで、行ったり来たりを繰り返すことコースミス3回。それでも、充分な時間とささやかな前進意欲に恵まれて、うねうねと屈曲して北に延びる尾根筋を歩き通せた。 (単独 2.5万図・根羽)

1月10日(木)自宅5:50⇒国道155号⇒猿投グリーンロード八草北IC⇒力石IC⇒国道153号⇒稲武町交差点右折⇒国道257号⇒県道80号(東栄稲武線)⇒林道野入月ヶ平線⇒8:20林道脇駐車地(愛知県豊田市稲武町)
駐車地出発8:45→9:00県境尾根出合→9:40前回引き返し点→12:10・1120m点(尾根分岐)→12:50主稜線出合→1:10萱場山1:30→2:10・1120m点→3:35駐車地

 寒い朝だった。標高1000mの山すそを通る林道野入月ヶ平線に入ると車載温度計は-6℃を示す。一帯は名古屋大学生命農学研究科の演習林。その林班数字らしい「15」の看板の横に車を止めて、沢沿いに登り愛知長野の県境尾根に上がる。前回は県境尾根のずっと南の点名三方ノ根から北上して萱場山まで登る予定だったが、道迷いなどで時間を浪費して行程半分ほどで引き返した。

 県境尾根筋には5㎝の薄い雪が広がり、枯葉の茶色地肌も交じる。幅の広い切り開きが続く。やぶはほとんどない。左右の樹林は落葉広葉樹の幼木が密生していて眺望は乏しい。県境を示すだろう「国調図根」の杭と名大演習林の黄色の杭が頻繁に現れる。

 
 先月山行の引き返し点のピークを過ぎてすぐに、右手遠方に光り輝く白銀の山嶺が樹林の小さな隙間に望めた。

 南アルプス?
 小さく左右に曲がる尾根を順調に進み、さあ、県境尾根から分れる尾根分岐点に着くころ、という段階で異変が起こった。目指す尾根分岐点の位置が分からない。右往左往したあげく、見つけたササやぶの尾根を60mほど下ると、沢に下りてしまい間違いだと分かる。下降路を戻ると時間的に不利なので、間伐後の荒れた斜面をトラバース、二つの枝尾根を跨いで、主尾根に戻った。ここで初めて分岐点はまだ先であることが分かり、すぐに1120mの分岐ピークに出た。ここで、県境と分れ南東のササ原の尾根を下る。各所に赤布もある。やれやれと思うのもつかの間、尾根は平たい谷間に消えてしまった。またもミス。標高約1000m。分岐ピークから派生している尾根は数本あるが、本命より左側の尾根を下ったと推定する。そこで、谷を東側に登り尾根を進むと、本命尾根に出た。

疎らな広葉樹の中の急斜面を登り萱場山山頂に達した。

 積雪5㎝以下。直径30mほどのお盆のような山頂真ん中に座る三角点横で熱いコーヒーを飲んで昼食。ブナ、ミズナラ、ミズメなどの木枝のすだれが広がり、周りの眺望を隠している。どんよりした雲が広がる。耳をすますが、シーンとした無音静寂の世界。集落や自動車道から遠い位置のせいだろう。北東方面の緩斜面は広葉樹の木々がツンツンと立ち並び茶色の肌を見せている。山名の通り、50年ほど前までは、根羽村の人々が農業材料や燃料の採取に足繁く入山した。今はわずかな登山者のほか、忘れられた山となった。山での賑わいが消えたことは悲しい面もあろうが、一方で私はうれしさも感じる。入山者が少なくなれば、山野の自然度は高まり、手付かずの尾根や谷を自由に歩ける。騒音や放置ゴミにも出合わなくて済む。道間違いに舌を鳴らしながらも、自力登山の醍醐味を味わえる。勝手な言い分と言われそうだが。

 下山では、山頂からの降り初めでわずかなミスをした以外は、快調に2時間で駐車地に戻れた。登りには4時間半を要したのは前記のように3回のミスのせいだ。当初下山後に、先月歩いた三方の根(別称1200高地 1229m)まで県境尾根を歩く予定であったが、割愛を迫られた。

 ミスをなぜ起こしたのか。一つは1120m尾根分岐の位置を間違えたこと。尾根の屈曲部が何カ所もあるので、現在位置の把握が難しい。途中に三角点や道標などの確認物がなにもないので地図読みが難しい。分岐尾根は1120m点で県境尾根から北東側に離脱する。その位置関係を常に留意していたが、県境尾根の方向が似ている地点で最初のミス尾根に入ってしまった。つまり、距離感が正確につかめていなかったのだ。GPSもなく、地図だけだと、微細な手抜かりが誤りを起こす。

 もう一つ、樹林の陰になりどの派生尾根も眼で見通せなかったこともある。少しでも見通せたなら、ミスは防げただろう。さらに1120m点からの尾根間違いは入り口付近の数枚の赤布につられたからだ。でも途中で方位確認をすれば、気付いたはすだ。広い谷に降りたところで、一度は引き返そうとした。しかし、そこで地図を丁寧に読んで東側の尾根に上がった。ここでは冷静に転進を判断できた。いずれにせよ、充分な時間的余裕を持てたことも目的成就の一因だった。

名大演習林(稲武フィールド)は1955年に発足した201haの林野。今回歩いた県境尾根の全てが演習林の東端の境界線でもある。関係者らを含めて人の気配は皆無だった。春から秋にかけては学生や若い研究者たちの声が響くことだろう。


完 
コメント

2019年初登り・各務原アルプス(速報) 19.1.6

2019-01-06 | 編集者から
 今年の初登りは、元旦の金生山だが、私は地元の元旦祭があり参加できなかった。今日の各務原アルプス(明王山、金比羅山)が初登りとなった。今日の参加者は37名、年齢もまちまちの多くの参加を得ることができた。藤井リーダーの場所選定、あるいは穏やかな天候も多くなった理由。
 坂祝町の21号バイパスのトンネル近くの登山口に着いた。今日は部分日食が見られるということで、参加者の持っていためがねを借りて太陽を見た。上部に半円の日食があった。その後、反時計回りに歩き始めた。人数が多いのと年配者に配慮し、4グループに分け、少し出発の時間をずらしながら出発した。いきなりの急登が始まる。

 登り始め
 私は、通常最後尾につける。ブログ用の写真を撮るためには、最後尾がグッドポジションだ。人数が多いので適当に位置をずらしながら撮っていく。ブログ担当となってからは、撮影ポイントを逃さないように注意している。やがて、鮮やかな色の鉄塔が見えてきた。

 ここで少し前を行く新人のグループに随行する。若い人の会話、少しづつ冬用の衣料を買いそろえている。モンベルばかりじゃいけないから、少し他のメーカーのものも買った。彼女によれば、好感度の高い店員の薦めるものはつい買ってしまうそうだ。

 新人グループ
 明王山のパラボアが見えてきた。すぐに迫間不動尊の分岐となり、時間があるのでパラボラの管理道を下りていく。迫間不動からは御岳がよく見える。

 御岳


 展望を楽しんだ後、パラボラまで戻る。ちょっとした岩場があり、展望が素晴らしい。

やがて金比羅神社に達する。

後続の年配者グループを待つ間、昨年後半に加入した新人会員の自己紹介が始まる。この中でも登山歴の少ない人は無限の可能性がある。見知らぬ峰や花々に胸をときめかせながら登ったり、次はどこに行こうかなんて考えるのが最高に楽しい(あくまでも私の昔の感想だが)。

 お昼
お昼の後、明王山から猿琢山(城山)に向かう。行きがかりから、最後尾の年配者の後を歩くことになる。このグループには、このブログを始めたときに、自宅に2回、「見てるよ」と激励の電話してくださったT大先輩がおられる。本当に有難かった。大先輩達のお話を聞きながら思った。わが会の年齢差は大きいし、むしろ年配者が多数を占めるようになってきている。現在、相当幅の広いバラエティの富んだ山行が行っているが、年配者も安心して参加できるような山行も少しづつ考えていかなければならないと思う。

 明王山で山の視座を行う

 各務原市街と名古屋のビル群

 猿啄城を望む

 登山口近くのお地蔵さん この表情を見ると少し癒やされるのは私だけか?

 年頭から少しくどくど書いてしまった。今年も頑張ってブログを書くので応援よろしく!! 

コースタイム 坂祝登山口9.25→迫間不動10:55→金比羅山11:27~12:30→猿啄山13:49→登山口14:27


 
コメント (1)

新春一月の山行予定

2018-12-29 | 編集者から
 今日早朝から本格的な降雪があった。昼から小ぶりになったので、いつものように城台山に出かけた。自宅付近で5cmくらい、山頂は10cmくらいであった。これくらいの雪でも山の表情は変わってくる。新雪を踏むときの音を楽しみながら、あるいは雪に残された動物の足跡を追っていく。

 一心寺 左側の鐘楼の鐘が毎朝7時にならされる 今鳴らすのは地元のボランティア


 城台山城址 通算2672回目

新春一月の予定

 〇1月1日金生山ご来光初登り
 
 〇1月6日(日)各務原アルプス(城山、明王山、猿琢山)

 〇1月13日(日)池田山 わかん講習会(新人対象)

 〇1月20日(日)伊吹山(上平寺から弥高尾根)

 〇1月20日(日)大谷山・滝谷山

 〇1月22日(火)~24日(木)のうちの好天日 安全祈願山行・南宮山(朝倉山経由)

 〇1月27日(日)平成31年度新年総会・激励会(スイトピア)


コメント

12月生まれ大集合・瓢ヶ岳 2018.12.23

2018-12-23 | 編集者から
 わが会の特色の一つは、登山の後にみんなで集まってわいわいがやがやしゃべりながら飲む会が多いことである。前理事長宅を借りながらの井戸端会議、カニ山行、今はないがブリ山行というのもあった。様々な機会に山談義を口角泡を飛ばしながらしゃべったりする。今日の誕生会もその一つである。では他の月の誕生会があるかというとない。12月生まれはわが会に16人と多いからである。
 今日はその16人中10人、さらに支援者?4人が参加して、まず瓢ヶ岳(1163m)を登った。山全体を霧が深く覆っていた。最も早く登れる中美濃登山口、ここは1011mの標高なので山頂までわずか。約50分で山頂着。すぐに12月生まれの集合写真を撮った。

 下山後、鍋パーティの準備。鍋奉行が奮闘し、たちまち豪華な鍋が完成した。まずは乾杯、私は運転手でノンアルコールビール。

ノンアルコールの赤ワイン、これってどう見てもファンタグレープ!!暖冬とは言え、しばらくすると冷えてくる。鍋終了後、吉田さんが用意した誕生ケーキが登場、これはサプライズだった。ハッピーバースデーの歌を歌いながらケーキのろうそくを本日が誕生日の村田さんが吹き消す。


 前回に続き楽しい誕生会を企画・実施していただいた藤井さん、鍋料理の事前用意をしていただいた後藤さん、衣斐さんありがとうございました。

コメント