アンカツを応援するブログ

アンカツこと、安藤勝己騎手を応援するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日曜日の騎乗馬と予想

2012-03-31 17:59:50 | 競馬
日曜 阪神
6R 3歳500万 ダート1800m ウイニングサルート ◎
松永幹厩舎、フレンチデピュティ産駒の3歳牡馬。
「積極的に運んだけど、相手が強かった。
 中1週でも疲れは無いし、メンバーひとつ」
前走も2走前に続いてかなり突っ込んだレースをしたが、
逃げていた勝ち馬がこちらより強かったというのと、
出すぎたことで脚をなくして2着も危ないレースだった。
ここ2走でかなり前に出して行く競馬をしたので、
今回はもう少しリラックスした入りの競馬をしたいね。
幸いにも、相手には逃げ先行馬がずらりと揃った。
中団からしっかりとした脚で差す競馬を期待したい。

まず最内に入ったミルクディッパーが間違いなく飛ばして行く。
それを追って3番のテイエムワカタカと7番アントニオピサ。
どちらも出来れば先手を取りたい馬だけども、
ミルクのほうがやや速いのではないかと思われる。
まあ、どういう並びでもハイペースは避けられまい。
5番マイネルエトランゼ、16番アムールクエストが2番手追走馬だが、
これらが4、5番手で前に離されないように追走。
8番ゴーイングストーン、9番ハワイアンソルト、
13番ラガートモシーロ、15番メイショウブシドウ、
このあたりの伏兵馬たちも前に行きたいが、
完全に速さ負けして中団待機となるだろうね。
それらを見ながら、12番に入ったサルート。
過去2走の経験がどう出るかだが、基本的に中団の外か。
内には4番のメイショウコンカーが慎重に進む。
6番アズマリュウセイ、10番タイセイモンスター、2番ネクタルあたり、
終いに良い脚を持っている馬たちが後方に構えて進む。

重馬場になりそうなので前が優勢にはなるのだが、
ここはちょっと逃げ先行馬が揃いすぎで、逃げ組はさすがに厳しいだろう。
中団の組が一気に捲くりきるなり、直線早めに交わす展開が予想できる。
サルートを筆頭に、コンカー、アズマ、タイセイらが一気に来て、
ガラッと変わってゴールとなると予想する。
単勝と、3連単頭固定で3頭に流したい。




9R 難波S 芝1800m メイショウジンム ▲
牧浦厩舎、メイショウドトウ産駒の6歳牡馬。
「中1週でも硬さはなく良い状態をキープ。
 前走同様、適度に荒れた馬場で時計がかかれば」
昨年の6月に1度だけコンビを組んで勝っている。
かなり詰めが甘く惜敗の多かった馬だが、
同レースではスローの瞬発力勝負になり、ギリギリ勝った。
瞬発力勝負と書いたが、このスローならどんな馬でもという感じで、
どちらかというと渋太いという印象を強く抱かせる内容。
当時の記事を見直しても、自分でそんなことを書いている。
上のクラスでも渋くそこそこには、と書いたわけだけども、
まさにそんな感じで、今は8番人気8着くらいがデフォルト。
前走は馬場が重くなったレースで渋太くインを突いて2着した。

別に荒れ馬場が得意な馬だとは思わないけども、
成績を見ると、重馬場で結構走っている。
前走も重かったし、アンカツで勝った時も重だった。
これは、単純に時計がかかるのがプラスに働いているのだろう。
今回も馬場は重いはずなので、前走と同等の期待が出来るだろう。
ブックの想定では11番人気と完全に舐められているので、
(人気自体はいつもと変わらないが、前走をフロック視されている)
3着までに来る事を大いに期待したいところだ。

逃げるのは内目の2番に入ったアグネスワルツか。
逃げて2戦2勝のメイショウゾウセンも行きそうで、
多少競り合って、出の速かったほうが先手。
その後ろに6番のリルダヴァルが上がって行きインで待機。
外から10番アグネスエナジーと12番シースナイプが続く。
5番エスカナールと3番アドマイヤタイシも加わって先団を形成。
淡々としたペースで、それぞれ差が無い位置関係で進みそうだ。
同じく前に行ける11番カワキタフウジンと13番ナムラオウドウは、
枠の関係で中団に待機しそう。それでも構わない2頭。
その2頭の内に、9番に入ったジンムがいることになるかな。
4番プランスデトワール、15番のケニアブラックが後方の前目で、
最後方近くに8番デンコウジュピターが構えて行く。
どうあれ、先頭から後方までそれほど差が無い進行になりそうだ。

阪神18は3角までが長く流れが緩みやすいが、
このレースはリルダヴァルやらエスカナールやら、
中団にはナムラオウドウやら、早めに動く馬が揃っているので、
放っておいても自然と流れが速くなりそう。
ジンムとしては、それらを行かせてから馬群を突く形で良いだろう。
成績が示すとおり、さすがに力上位という馬ではない。
早めに戦いが始まってゴール前にバテが来る展開なら、
上位に食い込むことが可能であると考える。

人気ないし、単複だけ買って楽しむのが気楽で良いと思うが、
相手を考えるなら、重い馬場でも苦にしなさそうなのを。
エスカナール、リルダヴァル、アドマイヤタイシの3頭かな。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 土曜日の結果 | トップ | ドバイ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名も無き馬)
2012-03-31 20:44:09
アドマイヤフライトは大物感はありましたね。残念ながらダービー出走は叶いませんでしたが無事に成長してもらいたいですね。
Unknown (sankyo)
2012-04-01 01:36:39
走る馬の雰囲気はあるんですけどね。
今日は手前が変わらなかったようで、それで少しジリっぽくなりましたかね。
まあ、現状でダービーでの勝ち負けはしんどいとは思いますが、
まだ出走を諦めることはしないと思いますよ。
京都新聞杯には一応出ると思うし(多分出れるでしょう) それなりに戦えると思います。

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事