三筋北陸・ワインダー(糸捲き機)の専門機料店

繊維産業のウラ話に迫る、メンテナンスのお気楽日記。

メンテお気楽日記 6月4日 すごい!部品もある(あった?)もんだ。

2018-06-04 | 中古機台
まずは、写真を見て下さい。ボビン繰りの「12本合糸の糸口」です。廃業工場で見つけました。

燃台や、準備機はすでに、整理されていましたが、ワインダーは取り置きを依頼してあったので、搬出のため、
解体屋さんのトラックに付いていきました。案のじょう、ワインダーはホコリだらけでした。

絹撚糸さんだったという事で、機台はセリシンかすで、真っ白?ですが、スパン糸工場の糸ボコリが絡み付いた
機台より、分解・整理しやすい。ワインダー機台としては厳しい状態だが、部品取りとしては、充分価値がある。

一番欲しいのは、原動部カバーとモーターブラケット。12錘機で3・6錘機を作れば、当然、原動部がない状態
です。原動部さえ確保できれば、あとは客注仕様に応じて、何とでもしようが見えて来る。

他にも、けっこう必要な部品も確保できます。シャフトのエンドカバーやフレームエンドは一台に一個の部品です。
さすがに、糸道ガイドやベアリン部は選別が必要となります。ブラケット等は、塗装整備すれば、再利用できます。

今回は、絹撚糸用ドラムと聞いていたので、下見もしないで乗ってしまったが、ドラムの状態によっては、利益率が
大きく変わって来る。そのまま使用できる状態なら、オイシイ話?ですが、まず、無理な現状と考えなければならない


と、まあ、ワインダーの中古機状況はここまでとして、
廃業整理工場には、燃台のベークライト製ボビンやカセ繰りHボビン、3°30′紙管しか残っていない状態。
解体屋さんによって、鉄・イモノ・アルミ関係はすべて処分されている。哀れな(寂しい)状態でした。

平安油脂の箱、碓氷製糸やブラタクの段ボール箱には、ボビンが放り込まれ、山になっている。
「250g用のA型Hボビンなんて、わざわざ探して欲しいとの依頼もあったのに・・」今となってはゴミ?ですか

平安油脂の箱(これがけっこう、扱い易い。容量が一人で持てる大きさなので、各所で見かける)の中には、
唐津やアルミナ製ガイドも入っている。これもゴミ?かと思ったが、他機料店からの取り置きだった。

これが、そんじょそこらで見かける合糸部品ではない。大抵は3~5本合糸用だが、12本なんて見たこともない。
必要だから作った?とも考えられるが、今、作れるか?と言ったら、まず、無理と考えた方がイイ。
自分では使う予定もないが、資料として持ちたい「一個いいか?」って聞いたら「いいょ」。そんなモノなのか?


同じような部品は、これまでも何点か見てきた。木製シャットルのテンション装置なんて、極の技術。よく、こんな
細工が出来るものだと感心する。三英測器の機械式測長器も、もう作る事は出来ないと思う。残念というより惜しい。
写真の片隅に入れた、梨地ワイヤーのゲートテンションも、もう作っては貰えないだろう。


今は、極小加工は、プログラムで作るらしい(チップの配線等)が、100個200個では、無理からぬ世界である。
それを、人間さまが作ってしまうのだから、驚かずにはいられない。そんな技術が日本にあったという事です。

指先で加工精度を確認する職人もいる?オシロスコープで確認する職人もいる。両方とも「技術」です。
目的は「必要なモノを作り出す」その一点です。昔話を嘆くより、今、できる事を知る方が大切です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント

メンテお気楽日記 10月14日 同じ日に「定長装置の問い合わせ」

2017-10-14 | 中古機台
今日、定長装置のお問い合わせがありました。
そんな時、ちょうどgooから「一年前の記事」の案内がありました。これ幸いにコピー添付します。


メンテお気楽日記 10月14日 定長装置の問い合わせ
「定長装置」の問い合わせと見積もり依頼が多くなりました。要因は、「見守りの人員不足」と「資材の効率化」と考えられます。ひと昔前なら、熟練のお姉さん?が糸の大きさを見て、作業を......
コメント

メンテお気楽日記 9月26日 城下町と餅屋さん

2017-09-26 | 中古機台
室町時代や江戸時代の城下町の話ではありません。「産業城下町」と言われる地域産業の話です。

広島や豊田なら自動車産業。小松にはブルトーザーをはじめとする重機産業。
企業のネームバリューの下には、幅広い「下請け企業・孫請け工場」が幾多ありました。

大はバケット製作から、小さな特殊ボルトの製作まで、溶接・旋盤・曲げ加工など、あらゆる技術が
集約して、部品加工を通して産業を形成し、生活を支え街づくりの態を成していた。
町の鉄工所にも、0コンマ0何㍉を削り出すオヤジが何人もいた。


繊維産業も同じです。「産地」と呼ばれる地域には、撚糸屋や幡屋だけでなく、関連資材を商いとする
店もいっぱいあった。紙管・袋・綴じ糸・油剤をはじめ、キャップやボビンの補助部品、数え上げたら
キリがない。もちろん、機料店や糸商社も街の風景として溶け込んでいた。

城下町と言われる由縁は、その企業・産業にかかわる業種が多く、また、専門店としても成り立っていた。
専門店とは、自分の仕事に自信を持ち、それ以上に切磋琢磨して、知識や技術を競い合った。
商店街のお店には、帽子屋さん・傘屋さんなんて専門店もあったが、今はまず見かける事は出来ない。


いた。した。ばかりの話では恐縮ですが、最近「畑違い」の問い合わせが多くなった。
自分は「糸巻きワインダー専門」として、看板を挙げている。そこへ、織機の部品や資材の問い合わせ。
まだ、紙管やワックスの問い合わせなら、道もあるが、撚糸台や織機の部品となると、仲間がだより。

職人仕事もそうです。先月は合撚機やカバーリング機の改造にも、引っ張り出された?
「レシコンベルト張れないか?」違うだろ!と思いながらも、出来そうな仲間を紹介するしか道はない。


確かに、北陸は繊維産業の加工基地でもあった?そのための設備や技術も集約されていた。

それが今も、と、聞かれれば「危うい」としか言いようがない。日本全国の繊維産地の撤退が早かっただけの
話。グズグズしてたと言うか、高齢でも仕事をする気質が、かろうじての生き残り工場として残っている。

そんな風ですから、紙管屋さん・資材屋さんも商いになりません。商店街の店がなくなるのと同じです。
対応は、ホームセンターでガムテープやバンド・袋を買い、海外製の紙管を使うしかない。

もちろん、売ってないモノ、買えないモノもあります。その機械のための部品とかガイド類・備品。
作っていない機械の部品なんて無理な話です。そこで、中古探しがウチに回って来ます。

「中古品で商いをする」悲しい現状ですが、それが、いつまでも続くわけもない。いつかは無くなる。
いっしょに無くなるのは「技術」です。積み上げてきたモノが「伝承」もされず消えていく。


「地場産業」のない街は、味気ない街です。全国チェーン店と量販店、ホームセンターだけが目立つ。
「餅は餅屋」にあってこそ、美味しそう見えるし、応援もしたくなる。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント

メンテお気楽日記 8月31日 新製品開発?

2017-09-04 | 中古機台
「何を作れば、売れるのだろう?」あんちょこな質問です。でも、若社長はマジ?です。

何もないところからは、何も生まれません。何を、どうしたらの相談なら、糸口もあるというもの。

そもそも、売れる(儲かる)ための「モノづくり」とは、顧客が何を望んでいる、何を必要としているか?
顧客というよりも、使う立場に立って考えることが大切。自分の製品に自信があれば、顧客は付いてくる。

売れている(儲かっている?)製品を作れば、なんて、すでに他人の目、見ている処が違う。二番煎じです。
儲かったなんて話は聞いたことがありません。大体は価格競争で窮地に立つ。ライバルもタケノコ状態。


目の前にある製品をじっくり見直すことをお勧めします。「これを、どうしたら、喜ばれるか」それだけです。

日本の産業の歴史なんて、改良・改良の歴史です。ラジオを持ち運びできるトランジスターを開発、ウォークマン
も、その流れの「改良」です。故障の少ない車や、燃費の良いクルマ、すべて、改良・改良の積み重ねです。

ヒントも簡単です。何が不便なのか?何がどうなれば、便利で、気持ちよく使ってもらえるか?です。

方法も色々とあります。小さくする方法、合体する方法。もちろん、便利で効率を良くするのも改良です。
デザインや色を変えるだけでも、見え方が違ってくる。九谷焼業界では、値札の0を一つ増やし間違えたら
売れてしまった?という、笑うに笑えないような話まである。


社長いう「機能性繊維」にいたっては、用途は多種多様です。目的があるからこその開発であり改良です。
確かに、昨今、衣料における機能性繊維の開発(発売)には、目を見張るものがあります。

消臭・防臭・保温・蓄熱・断熱・抗菌・防虫・撥水・防水・形状安定・難燃・導電・・・並べればキリがない。
只、言えることは「産業資材」の様な、安定供給は考えない方が良い。加工賃がちょっとアップ程度。

それよりも、自社製品の「特長」を把握しているかです。製品を作る技術はすでにあるのですから。
それを、どう使うか?どう改良するかです。顧客の意見も大切ですが、意外と、身近な処にアイデアはある。

あくまでも「こんなモノを作れないか?」より「こんなモノを作りたい!」でなければ、貪欲にもなれない。
開発なんて、一歩一歩でなければ、前に進めない。一発逆転のホームランなんて、サラサラない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント

中古機台  産業機を改造しての小型ワインダー

2016-07-06 | 中古機台

卓上型一錘機の中古市場は、なかなか出物が出て来ません。
と、言って他社新品ワインダーはとても予算オーバー。サンキンサービスのレストア仕様の
卓上ワインダーでも、まだちょっと?

産業機を改造して、1錘機・2錘機を製作する手もあります。
価格は中古整備あつかいとなるので、5万以下の予算で出来ます。
只、それなりのスペースは必要となります。
それと、100Vモーター希望の場合は、別途仕様になります。
コメント