横浜川崎近郊にて地域密着で地デジアンテナ工事BSアンテナ工事エアコン工事LAN工事をこなす、あいあいグループ

地デジアンテナ工事BSアンテナ工事、エアコン工事、LAN工事を主に生活をサポートする匠の集団です。

アンテナ配線見ないと解らないものです。アンテナ工事

2019年08月25日 22時02分37秒 | アンテナ工事
今日は朝一で横浜市泉区和泉中央北の新築にてUHFアンテナ工事。
こちらは近所で以前うちで工事した方がいて、その方の紹介でこちらの工務店さんの
アンテナ工事、うちで全て引き受けることになりました。

有難いことです!!工事は八木式でブースター取付ばっちりMXTVまで映りました!!

その後、茅ヶ崎市平和町にてUHFアンテナの撤去、新たにUHFアンテナ工事。

こちらは、以前建ててもらった業者がいい加減ですぐTV映りが悪くなり、その後、ほかの業者(ネットによく出てる)頼んだら

原因解らず・・・お客さんが見て向きが全く違っていたのと、アンテナの取付金具が垂直偏波用に金具が調整されてなかった模様。

これ全てお客さんが自分で確認したようで、最初に付けた業者がシロートだったのが原因だが次に来た業者も原因不明って・・

アンテナが風見鶏のようになってたのが1番の原因なので、現在3点止めで屋根馬施工してるものをサイドベースにて短く工事しときました。

これで全てよくなっただろうと思ったのですが年の為、屋根裏にあるブースターも確認してみると、CATVBS混合ブースター(共同用)の前で
UBS混合器取り付けてたのでロスをなくすため混合器取り外し、ブースターにてなぜかモニター出力(-20db)にも配線が??

お客様に聞くと後でTV端子増やしたとのことだったので納得、そこで良かれと思い、配線を入れ替えたのが間違いでした!!

1FのTVでBSは映るが、地デジが殆んど来てない!!ブースターの出力側で90db以上出てるのにTV端子では40db切ってる??

意味が解らん??何度も屋根裏のぼりTV端子から電波逆流させ配線調べて納得

ブースターの先で分配器ついてたのだが実はそれこそが後で増設した配線(3分配器)そして自分が良かれと思いモニター出力(-20db)に刺した配線が元々の家の配線。しかも送り配線、これが原因でした。分配の数が全く合わないが送り配線にて40db以上減衰してる。

通常は考えられないが送り配線のどこかの端末でINOUT逆転してるか、途中でジョイント直結で結んでるかもしくは単純にTV端子の経年劣化、
いずれにせよ他の部屋のTV端子は荷物だらけで見れないとのことで、ブースターの配線入れ替え何とかTV端子にて55dbくらいまで上がりました。

TV端子の先で4分配し、分波器4つ付いててしかも3Cの配線だったのでそれも効率よく2分配器と2分波器2つにし、5Cの配線に交換、あとは送り配線。
電波のロスを限りなく低く加工しときました。
アンテナ配線はちゃんと確認しないとと反省です。屋根裏何度潜ったことか・・・・

その後、座間市入谷東にてUHFアンテナ工事。のはずだったのですが全く電波が来ない!!
お客さんにはケーブルTVは使えないからフレッツTVを進めときました。
コメント   この記事についてブログを書く
« なんちゃってアンテナ工事屋... | トップ | 今日は垂直偏波ばっかり!!ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事」カテゴリの最新記事