経営の神様が背中で教えた「仕事の勉強法」: 佐久市 金買取 ヤナギダ ブログ

2018年02月15日 07時10分40秒 | 日記
K18金  ¥3380
プラチナPT950 ¥3140
【2月 14日(水 買取値】
佐久市野沢93番地十二町
ケヤキの木の真向かい
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~
☎0267-62-0220

<ブログ>
PHP研究所の江口克彦
さんは、松下幸之助翁と
『人間を考える』という著
者の最終検討を二人だけで
行った。

当初、翁の前で話す言葉は
「はい」「ええ」「そうです」
「なるほど」という四つだけ
だったそうです。

検討会が始まって三週間ほど
経った頃、翁が『PHPのこと
ば』という四百ページほどの
改訂版を出したいと言い出し
た。検討会の整理だけでも手
いっぱいでたいへんなのに、

翁ができるだけ早く出したい
と言うので、江口さんは一週
間夜を徹して読み終え、改訂
版の案を都整えた。

翌日、印刷の手配など指示を
仰ぐと、「ちょっと置いとこ
か」と言われ、忙しいときに
徹夜までさせてと腹が立った。

ところが一週間ほどして、今
まで四語で相づちを打つしか
能がなかった自分が、翁と会話
をしていることに気がついた。

翁は、江口さんがあまり自分の
考えを理解していないことを
知っていた。しかし「勉強せい」
「代わりの者を寄こせ」とは
言わず、改訂版を出す名目で
強制的に本を読ませて勉強させ
たのだ。

江口さんはそれに気づいてハタ
と膝を打ったという

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おみくじ」 | トップ | 厄年に根拠はない!?: 佐久... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事