海にたゆとう珊瑚的日々

書の事、愛する犬の事。平凡な毎日を楽しんで・・・

あーん(泣)

2009-09-30 21:20:56 | トホホな日々
、、、だから機械って嫌いよ。。。

と、自分の整理整頓能力は棚に上げて 外付けHDDに向かってブツブツ言ってしまうアタクシです。
昨年、以前のパソコンの調子が悪くなってきた頃に、万が一に備えてあれもこれも外付けHDDにコピー保存したの。
その時に、保存するフォルダを吟味せずに「とりあえず」どれもこれも保存したものだから 外付けHDDの中がゴチャゴチャ

今日は朝からその整理にあたってました。
あれこれ詰め込んであるから いざ取り出そうする時にワケ判んなくなっちゃってんの
同じ内容のフォルダを、名前を違えて複数個保存してあったりして(泣)
なんでこういい加減なんだろう と、自分に呆れつつ整理整頓。
特に過去の写真はデータCDにもコピーしておくことにしました。外付けHDDだって機械だもの、いつ壊れるか判らない。過去の写真だけは二度と“写せない”から二重に保存しておくに限るものね。

写真って 最近はフィルムじゃなくてSDカードに撮っちゃうでしょ?
ついついパソコンでいつでも開いて見られるって思うんだけど、やっぱりちゃんとフォトカードにしてアルバムに貼って見る方が楽しいと思う。
特に旅行の時に撮った写真はキレイにアルバムに貼ってコメントなんかも書いちゃって昔のやり方で保存しておく方がいいな。
これって私がアナログ人間だからかしらん???


9月も今日でお仕舞い。
この間「7Days Judgement~死神の精度~」の千秋楽だったと思ったら もうあれからひと月。早いわぁ 月日が束になって飛んで行くみたい。
そろそろ注文してあったアッキーのライブCD「~THE LIFE IS CONTACT~」が来る頃かしらんと思っていたら、遅延のお知らせメールがNANから届いた。
“音の最終調整”中で発売が遅れるとのこと。
発売が決まってから今まで待っていたんだから 待つことはなんてことない。

この間 近所のhちゃんと車でお出かけした時に「BOB in 池袋」のライブCDをかけていたらhちゃんが「このCD、あたし持ってない」って言うの。
「そりゃ持ってないよ」って言ったら「どうして持ってないのよ」って言うから「池袋のライブCDが出るけどどうする?って聞いたら STBのBOBと同じ曲を歌うんでしょ? だったらいらないって言ったじゃん」って答えたの。
STBのBOBは持ってるからいらないって自分で言った癖に「私も欲しかった」なんて今頃言われても
今回の「THE LIFE IS CONTACT」のライブCDはhちゃんも注文して、届くのを楽しみに待っている。

私たちが望んでNANに働きかけて発売までこぎつけたライブCDだもの。
遅れようがなんだろうが今更そんな事は構わない。
最高の音で作り上げてくれたなら それでいい。

手元に届く日が楽しみだ
コメント

「ジェーン・エア」観劇

2009-09-28 23:43:59 | 映画 演劇 コンサート TV
日生劇場のステージを見て驚いた。XA~XC列をつぶして丸くせり出すように舞台が作られていた。
その場が全て。その場所だけで物語が進む。大きな場面転換はなし。
ベッドだったり机だったりベンチだったり、そんな大道具(と言うの?)だけで 場面を構成して行く。
意外だった。。。大掛りな移動を繰り返すセットが組まれているだろうと想像していたから。(美術は 松井るみさん。驚いて、そしてこのシンプルさの中に想像する世界を作り出したことに感心した)


松さんの歌声はとても素直で美しかった。全身全霊でジェーンを生きているのが伝わって来ました。
ジェーンと語り部と二つの役割で舞台上に居て 出ずっぱり。
1幕の途中で歌声に疲れを感じて心配しましたが、ちゃんと持ち直して最後まで澄んだ歌声を聴かせてくれました。

昔すごく昔に原作を読んだハズなのですが、大筋しか覚えてなくてちょっとショックでした。あの頃は年間何冊読むかという競争をしていてたくさん読んだハズなのに覚えていない話が多くて
読書は数じゃないのに、ね。

ジェーンは自分自身の足場固めをしっかりとやっていきつつ前に突き進む勇気もあり、その凛とした姿勢は松さんにとてもよく似合っていました。
賢くて健全で、意志を持って物事に立ち向かう姿はあの時代には稀有だったのでしょう。今の世の中にも、そしてこんな世の中だからこそジェーン・エアの姿が共感を呼ぶのかもしれません。

橋本さとしさんもロチェスターにぴったり 荒々しさの中に孤独をにじませて苦悩する姿は 私が持っていたさとしさんのイメージを一新。
なにしろ私が一番強列に印象に残っているさとしさんと言えば「シンデレラストーリー」のあの面白可笑しかった宮廷大使ピエールだったんですもん。
違いすぎ(爆)

そしてそして待っていました。幸田浩子さん
2幕に登場です。遠く、舞台の一番遠いところに登場した瞬間からキラキラ
立ち居振る舞いが優雅。綺麗 素敵 愛らしい~ まさに貴族のお姫様ぴったり(ったって貴族のお姫様なんて実際には見たことないですが イメージねイメージ)
初めて生で聞く幸田さんの歌声は そりゃあ~美しくてうっとりしてしまいました。
高慢で気高く意地悪な、庶民の暮らしなんて知ったこっちゃないお姫様役が似合ってるのなんのって。
「きゃぁ~ グネゴンデ」って盛り上がりましたわ。(今回の役名はプランチですが)

それに何と言ってもリード夫人(伊東弘美さん)。
哀しい人。愛する兄が妻を愛しんでいる。その事が彼女の憎悪をかきたてて、その兄嫁が生んだ娘・ジェーンを憎み続ける。愛する兄の子でもあるのにそこには思いが至らない。
思いの限りに憎み虐めぬいたあげく、人を人扱いしない寄宿学校に預け、そこでジェーンに「おば様なんて愛していない」とののしられた事を何年も何年も根に持ってそして死の床についている。
この人の一生はなんて哀しいのだろう。人を憎む・呪う心の呪縛から逃れられない日々はどれほど辛い事だろう。抜け出せない地獄の日々は自分自身の心が作り出している事にこの人は気が付いていない。
全てはジェーンのセイだと 死の床にあってもジェーンを憎んで呪っている。

伊東弘美さんが渾身の演技を見せてくれて その哀れさに涙しました。


そしてヘレン。心優しく正しい人の歌う♪許して♪ もう一度聞きたかった。
聞いている私の心まで美しくなるように澄んだ歌声で素晴らしかったです。

ファエファックス夫人。寿ひずるさん。大好き☆
温かい人柄でジェーンを包むその姿。ちょっと頑固なところもあるところがまた素敵。
それに・・・エプロンをつけている寿さんを初めてみた(笑)

適材適所って言葉があるでしょ? 今回の舞台を見ていてその言葉が浮かんできたの。それぞれがその役を生きるのにぴったりの人達。
正直、途中で何か所か私自身がダレテしまった箇所もあったけれども楽しみました。
なにしろあの原作を3時間足らずの芝居に作り上げなきゃならないんですもんね。説明調が長くなっても致し方ないのでしょう。
楽曲はとても素晴らしくて しかし難しい曲が多かったように思います。かなり力量がないと歌いこなせないんじゃないかしらん?
ドラマティックな曲も随所にあって 1回きりの観劇じゃぁ勿体なかったかな。


今年はもう舞台のチケットを取っていないのでまだ9月なのに今年の舞台観劇(予定)はこれでお仕舞い。
なんとも寂しい1年の観劇スケジュール来年はもう少し幅を広げた観劇をしたいと思います。
まずはアッキーのスケジュール次第ですが

アッキーと言えば。NANで待望のONNA KAFA&OTOKO KAFAの販売があるとお知らせメールが。
待望の。。。だったので早速購入する事にして、夫に「郵便局に行って来る~」と言うと「またアッキーだな」と笑われてしまいました。

「また」って・・・・・・・確かに


コメント (4)

「魅惑のスタンダードポップス」その後

2009-09-28 14:17:53 | 中川晃教さん
近所の犬友達が昨日のアッキーを見て一人盛り上がったらしく
「シンガーソングライターなんでしょ? 彼の作る歌ってどんなの?」と聞くのでとりあえず一番最近のCDがいいだろうと思って「BOB in 池袋」と「SHIROH」のDVDを貸してあげました。

ミュージカルは(というか舞台ってものを)見ない人なのですけど、はたしてどんな感想を持つかしらん?


仲良くして頂いているアッキー友のsさんから伺ったんですが
お母様は布施明さんのファンだそうで、「魅惑~」に布施さんも出演なさってたのでsさんが番組の事を教えてあげたのですって。
そしたら今朝「「ちょっと~あの金髪の男の子誰よ?めちゃくちゃ、いい声じゃないの。テレビ見ながら、布施明なんて、どーでもいいからあの男の子にもう一曲歌わせて~って叫んでたわよ」 とすっかりアッキーがお気に召した様子。

「あっあのあれが中川アキノリくんなんだけど 衣装、大丈夫だった?」 と聞くと
「あんな可愛い男の子なら、大丈夫、似合ってた」 っていうお答。(ヨカッタヨカッタ)
「伸びやかで、キラキラしていて他の人とは全然違う、素敵な声。アンタがキャーキャー言うのも分かる」と仰ったとか。

sさん、これでお母様公認でアッキーの応援が出来るってもんですわ

STBでだったかしらん アッキーが今年はお気に入りのブランドが半ズボンスタイルを提唱していて、それに賛同してアッキーは今年半ズボンスタイルに挑戦しているんだって言ってました。
あの時に。。。服装については好みが分かれるかもしれないけど、、、みたいな話をしてましたよね、確か。
4月26日の赤坂BLITZでは ちょっとびっくりしましたけど(笑)その後、オレペイベとか昨日放送だった「魅惑~」でも半ズボンだったので 私としてはもう全然OKでして。26歳であのスタイルが似合っちゃう人もそうそういないよね~なんて思ってるんですが、書道のおねぇさま方や田舎の友達がどう受け取るかちょっと心配だった所もあったんですよね。   

それが意外にも 好評~(正直 ちょっとびっくりって感じ)
可愛いじゃないのぉっていうのよ、、、うん 可愛いんだけどね。
きっと本人が「可愛い」って言われてるって知ると 嫌がるよ。何年か前に「男に可愛いって言うのは失礼だ」って言ってたもん。
けど仕方ないよねー

可愛いんですから (←ワザと大きく書いたりして しかも赤だし/笑)

先ほどバタバタとアッキーが歌ってるところだけ録画チェックしたんですが
あとでゆっくり全体を観ようと思ってます。思ってますが、今夜はお出かけなの。
「ジェーン・エア」観劇。
私、今年は松竹興行の舞台は“一人ボイコット状態”を貫くつもりだったのに取っちゃいましたの、チケット。
松竹にはがっかりさせられたので、そんな事一人でしたって何の意味もないったらないんですが これ気持ちの問題だから。。。と思って。
なのにどうして「ジェーン・エア」に行くことにしたかっていうと、幸田浩子さんが出演なさってるから。
他のキャストの方々も松たか子さんやさとしさんなど魅力的のですが来年の舞台でも見る事が出来るでしょ だけど幸田さんは次がいつか判らない。
「キャンディード」を生で観ていない私は幸田さんの歌声をDVDでしか知らないの。
どうしても幸田さんの生の歌声が聞きたいと思って。

一人ボイコットだったのに その意志は幸田さんの前に崩れましたわ。。。
松竹興業で日生劇場っていうのがとっても引っかかるんですが、とにかく行って来ます。行くからには 楽しんできます。←予定。


コメント (4)

やはりこれでは…

2009-09-28 10:24:15 | 中川晃教さん
ダメです。嫌です。あきまへん…

昨夜の「魅惑のスタンダードポップス」こんな小さなテレビで見たんだよ~
おまけにヘッドホンだし。

うう…
今朝 忙しくて、録画チェック出来てません(;_;)
ホームシアターにして聴きたい~!

アッキー、生き生きしてましたもん、魅惑~。
歌うために生まれてきた人、昨夜もそう思いました。
彼の歌声は本当に素晴らしい

テレビで聞いてもあれだけ素敵なのよ、生で聴いたら感動するからo(^-^)o

昨夜は魅惑~を見た友人たちからメールが何通か立て続けに届いたの。
アッキーの歌声絶賛メール。嬉しいわあ~

…こんなことしてる場合じゃない。
とっとと仕事を終わらせて、昨夜の「魅惑~」 見なきゃ♪
コメント

「魅惑のスタンダードポップス」

2009-09-27 22:00:55 | 中川晃教さん
革ジャンと、、、、、、なんとか
えっと・・・「ブルージーンと革ジャンパー」(でした)で登場したアッキー。

イクスピアリの番組収録にも行ったし、さっきまで放送も見てたんですが録画をチェックできないので(リビングのテレビはどなたかが占領中)アッキーが歌った歌のタイトルはあいまいです。ごめんなさい。(←いつものことですが)

あの時の会場の雰囲気を思い出しました。なにしろふた月も前の収録だったので。
ここ←あの日(7月27日)の収録の日記です。が、たいした事は書いてません。

半ズボンスタイルで登場して「ブルージーンと革ジャンパー」を歌ったアッキーに司会の井上順さんが「小学生の時の服じゃありません」とフォロー?を入れてくださった辺りはバッサリと切られてました。
あと、やたら長くて(20分くらい)退屈してた平尾昌晃さんの話も、そのあとで映画の思い出を話してらした鈴木史朗さんの話もバッサリ切られてました。
2人とも話がやたら長かったもんなぁ~

それに雷が鳴って収録し直した部分も、どこがそうなの?と思うくらいキレイに編集されていてさすがです。
素人に判るわけはないのですが、あの時に会場に居たものとしては不思議な気がします。

アッキーは平尾さんのコーナーで“ハウンドドック”(←今見たら“ロック”ってなってたあ~ DとRでエライ違い。。。直しときました。はい。)を歌いました。
平尾さんと歌うアッキーはとても楽しそうで見ているこちらも嬉しくなるよう。

今回の特集はレイ・チャールズ。
題名はしらなくても曲は知っている。そんな知っている楽曲ばかり。
アッキーは レイがカバーしたサザンオールスターズの「いとしのエリー」と「Hit the road jack」を。
特に「いとしのエリー」は大好きな曲で この歌をまさかアッキーが歌ってくれるなんて思ってもみなかっただけに嬉しくて

あの時に会場で感じた喜びが甦って来ます。

抽選に外れた私を誘ってくださったmさんやEさんとそのお仲間に感謝します。
どうもありがとう~


二回続けて参加出来たことは本当に幸せな事でした。
次にアッキーが登場する時には ぜひ“自力”で当選して参加したいものです。


神のみぞ知る   ですが。



アッキー公式会員ページ
monthly snap & PHOTOPOT 更新されてます。

*スカパーアワード*←から ポチっとよろしくです。
コメント

6時から

2009-09-27 17:45:18 | トホホな日々
まずね、6時から「天地人」を見るでしょ。
「天地人」も見とかないと 秀忠さんが登場した時に話の流れに乗れないと詰まんないから。

で、7時半からはお楽しみ…半ズボン(^o^;)君が登場のNHKBS―2「魅惑のスタンダードポップス」があるでしょ。
だからね、結構忙しい。テレビ三昧の今夜。

リビングで見ながら録画もしちゃうもんね~o(^▽^)oと目論んでたら夫が、8時からCS放送を見るって言い出して 予定が狂っちゃうヾ( ´ー`)
CS放送が見られるテレビはリビングのだけなの(;_;)
おかげで私はダイニングの小さなテレビで「魅惑~」を見る羽目に。。。

たはっ(^o^;)……
コメント

ルクスタとかね。

2009-09-26 13:29:23 | 中川晃教さん
買って来ました。
LOOK at STAR! と Best Stage

「7Days Judgement~死神の精度~」のステージ写真が載ってます。

阿久津、どうしてるんでしょうね。
あの次の日に藤田は死んじゃったし、「その後組の金を持って逃げて、警察に捕まって組関係の裁判の証言人となるべく警察の保護下に置かれる」って事で暑い8月は終わった。

千葉さんは今頃もう「千葉さん」じゃなくて違う人になって人の死をジャッジすべく“7日間”を過ごしている事だろう。
阿久津はまだあの「カラメルソースが裾野まで到達しそうなプリン頭」で、まるで六区あたりで買ったような服装をして「死にてぇよ」といいながら日々を過ごしているのかな。藤田がいなくなってしまった後の日々は寂しいだろう。
もう“組のお金に手をつけて”逃げちゃった頃かしらん。
それとも いつ“組のお金に手をつけてやろう”とこっそり企んでいるところかしらん。

どうしてるのかな~・・・阿久津。

と、あの夏のトラムで阿久津を生きたアッキーは秀忠も終わって 次の仕事にむけて歩き出したんでしょうに、私は相変わらず阿久津に会いたいなぁーと思ってる。
面白いね。
演じ手よりも観客の方が観劇後の舞台を引きずる事はよくあるように思う。
演じ手は 脱ぎ棄てて行かなければ 次の仕事を纏えないけど、観客は違うもの。
次の舞台の初日まで引きずっていても構わないんだから。
しばらく阿久津で遊ぼう。時折思い出しながら。

LOOK at STAR!のCD close up のページ(P105)に アッキーのライブアルバムの紹介が載ってます。私たちがNANに「ぜひ出してくださーい」とお願いした4月26日のライブ「中川晃教CONSERT2009~THE LIFE IS CONTACT~」のCDね。9月30日リリースってなってる。今日が26日だから NANに予約したCDはそろそろ届くかな。

今年はライブCDは出さない方針だった所を私たちの願いを聞き届けてくれて出してくれることになったんだものね。
ファンが力を合わせれば 出来ることもあるんだなぁ~って思って嬉しかった。
届いたなら大切に聴こう。それに4月26日は私の誕生日でもあったから余計に大切に聴こうと思う。
届くのが楽しみ

あ、そーいえば(とNAN会員の人にしか関係ない話が続くけど)
どうなったのかな? あの時会場で壁一面に貼られていたフォトパネルがポストカードになるんだよね。
ポストカードもそろそろ届く頃かしら?
重ね重ね楽しみ。

明日はNHK-BS2で「魅惑のスタンダードポップス」の放送もある。
「小学生の時の服装じゃありません」なんて井上順さんに言われてたアッキーの半ズボン姿が見られます


コメント (6)

秀忠と正宗が!?

2009-09-26 09:21:33 | 中川晃教さん
廊下で人の話を立ち聞きするなんてお行儀の悪い事をしている
徳川秀忠と伊達正宗。。。。。。
立ち聞きされている話の主は 直江兼続さん

どーんな話の展開でそんな事になってんだか?????
なぁんだかよく判らない話ですが 天地人。アッキーの出番の収録が昨日で終わったようです。

おわくりブログ 更新されています。

お疲れ様でした。放送が楽しみです~
コメント

人の振り見て・・・

2009-09-25 20:28:11 | トホホな日々
「我が振り直せ」&「親しき仲にも礼儀あり」・・・


都会の喧噪を離れて、、、都会のど真ん中“赤坂見附”に行きました。
久しぶりの弁慶橋・清水(←今日のお部屋はこのHPの写真のお部屋でした~☆)
近所のhちゃんが「おしゃれなワンピースを買ったのに着て行くところがない」と会うたびに言うので「じゃぁ~ どこかにご飯食べに行く?」と言ったら「行く行く~」(まるでヴォルフガング)と言うので清水を予約して二人して行きました。

この所 2人部屋に3人。とか、6人部屋に2人とかって事が多かった清水ですが、今回はちゃぁ~んと2人部屋に2人で通されて良い感じ。
個室でゆっくり出来るのがやっぱり嬉しい。きゃあきゃあ言っても構わないし。

今日も「はんなり華懐石」のコース。
 

このあとお薄でお仕舞い。
いつものように炊合せのあたりで「もう食べられませ~ん」なぁんていいつつ そのあとの稲庭うどんもきっちり頂いて、デザートもしっかり頂いてお薄を飲んで「ごちそうさまでした」

美味しいお食事を頂いて楽しく終わる“昼食会”のハズだったのですが。。。



自戒、そしてそこに過去の多くの反省を上乗せして。思う。
親しい仲にも礼儀あり、と。

今まで何度となく反省して、だけどちっとも直せなくて、なので私には人の発した言葉について厳しい事を言う資格は全くない。
だからこそ自戒を込めて そして繰り返した反省を思い返して言うのだけれど
親しい という事は 結構危ない。
気持ちが完全に開ききっていて 無意識に思ったことを口にしてしまう。

hちゃんは私よりも一回り年上で、私はhちゃんが好きだしhちゃんも多分私の事を好きでいてくれていていると思う。
きっとhちゃんは気持ちがすっかり緩んでいて、その一言が私を傷つけるだろうなんて思いもせずに口にしてしまったんだと思う。
私もきっとこんな風に まったく想像すらせずにたくさんの人を傷つけていたんだろうな、、、
だからhちゃんのひと言は聞き流す事にしてそのまま会話を続けた。

子供じゃないからね。もういい加減うんざりするほど大人なんだし。


清水を出て いつものように向いのサンローゼ赤坂からニューオオタニの庭に。
 
楽しい気持ちを持ち続けようとする事は それほど難しい事じゃない。


日差しは暑かったけど 風は秋の気配がして心地よかった。
コメント

ここはどこ?

2009-09-25 11:43:21 | トホホな日々
都会の喧騒を離れて…

という常套句を冠につけて。
遊びにきましたo(^-^)o
コメント

☆メールアドレスについてのお知らせ☆

いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。 使用アドレスについてお知らせ致します。 ○○@goo.ne.jp←のアドレスは現在使用しておりません。 ご用の方は、←サイドバーの「メッセージを送る」からご連絡下さいませ。 よろしくお願いいたします。