SANGA diary

信越の山々の滑走ガイド「サンガ」のあれこれ

野外救急の修行4日間

2017-03-31 12:10:54 | 下界にて
プロスノーボーダー会田二郎さんとのレッスン&ツアー終了してすぐ翌日から4日間、妙高におりました。
野外救急法の受講です。


行き倒れの人を助けるシュミレーション中。

初めて受けたのが5年くらい前でしょうか。
スリップストリームジャパン主催の「WFA」はリフレッシュ受講が沢山しやすいので、平均したらば年1回は顔出してますね。

以前は「応用編」とされていた疾病を中心とした回を一年半前にようやく受講できたので、今回はそのリフレッシュに来たわけですが・・。
人間は忘れる生き物ですからね(笑)
10時間の講義やシュミレーション後の宿題や自習に四苦八苦するのは毎度の事です。

受講半月前から気が重くなるほどの今期最後の壁でしたが
今回も熱心な他受講生に囲まれて、ドS激熱講師である林ユキエ師匠にしごかれて幸せな時間でした。

雪のいい時期を滑れず過ごせたけど、後悔は少しもありませんね。

雪崩や天気のことは日々触れて維持しやすいですけど
こうした緊急時のことは経験しづらいので、定期的に実践的な練習が必要ですね。

コメント

地道な積み重ねのおかげで、いい滑走

2017-03-19 21:57:31 | 滑走
待ちに待った土曜日。

山を滑り始めて着々と実力をつけてきたGさん、念願の斜面へ到達。
おめでとうございます!

頑張ってきたご褒美ですね~。

片やウチのツアー初参加のNさん、いきなりいい所に連れてきちゃいました(笑)

とはいえ、Nさんにはお申込み時に色々とお話し聞いており、トータルスキルは問題無しという判断をさせて頂いたうえでのご参加でした。

何しろ快晴無風、標高差抜群で雪質の変化も激しいものの、お二人ともしっかりこなして頂きました。
素晴らしい!

そして翌日日曜は予報が芳しくなく
「中止にしてもいいですよ」との提案に
山にハマり始めたばかりで、とにかく慣れたいMさんは
「登るでしょ!!」
の即答。

危なくなければお連れするのが僕らのお仕事。

鬼門だった登りもいいペースでこなしてくれたおかげで、ご褒美のいい雪へご案内できました。

写真無いけど、予想に反して絶妙な状態だった場所も楽しみまくりまして

ちょっとアドベンチャーなところも「大丈夫!」と余裕の通過。

もうこれで初級者は見事に脱出ですね。

両日共に、積み重ねてきたものが実った方々のサポートができました。
ご参加ありがとうございました!
コメント

3月前半はいい感じにお客さんと登って滑って

2017-03-11 21:31:46 | 滑走
「ガイドする気あんの?」なんて常連さんに突っ込まれるくらいにスカスカのスケジュールでしたが(笑)
なんだかんだと遊びに来て頂きまして、ここ2週末も楽しくお仕事できました。

仲の良いご夫婦とゆっくりいい雪滑ったり。

なんか、癒されました。

日本雪崩ネットワークの五日間の講習を受けた方々へのフォローアップ講習ツアーでも楽しく滑ったり。

山に真摯な人たちはカッコいいですね。

「今週末よさそうだから、どうですか!」という突発的な呼びかけにお集まり頂いて、滑り倒したり。


二日間共に機動力あふれるお客さんで揃ったんで、一日に何回も登り返して充実しましたね~。

そして3月11日と言えば忘れられない日ですね。
相も変わらず、僕ができることは雪崩や山のことをお伝えしたり、山を楽しんで頂くことぐらいです。

無駄に山で死んだりする人が減ればいいし。
遊びに来てくれたお客さんに気持ち良く過ごしてもらって、日々の暮らしの中で周りの人にも当たり良く過ごしてもらえれば、いい連鎖じゃないかと思ってます。

「やれることをコツコツとやり続ける」

その思いであれから過ごしているのは僕だけじゃないはずです。
コメント