SANGA diary

信越の山々の滑走ガイド「サンガ」のあれこれ

K2スプリット今さら紹介する

2014-03-05 21:50:55 | おすすめ

P2240019_2

今期愛用のK2ウルトラスプリットを紹介するぞ、の図

 

 つーか まー 軽いっすねー まじ

というような軽い紹介になるくらい、軽いです。

そこそこ軽量であるパノラミック158とウルトラ161を実測してみましたが、ウルトラ161の方が軽い、という。

その割にフレックスはしっかりしとります。

 

滑らかに反り上がるノーズは形状と相まって、モナカ雪にも強く

ほぼフラットのソール形状は、どんな雪質でも卒なくこなすし、スキンのグリップも十分です。

 

ちなみに、付属のスキンは前方向への滑り改善してますよ。

来期、柄も何もかも全て継続です。

 

そんなデキたヤツではありますが

パノラミックよりも有効エッジ短いからって、158㎝→161㎝に変更したけど

 長いわ

というのが本音。

 

長さに応じてフレックスも調整してあるもんで

そこそこ背負っててハイスピード出すならばともかく

おっさんはもう、そんなに飛ばす事はございませんので

 やっぱ長いわー

 しかも、ターンの切り返し重いわー

 うーん  うーん

ということで

とある職人にアレをお願いしたのです。

 

続く。

コメント

スプリットボードの長さって

2014-02-13 17:31:16 | おすすめ

今年はK2社のウルトラスプリット161㎝をメイン使用しとりますが

 
現在ボトムラインさんでチューンナップ中。

代わりにレンタル用の155㎝を使ってるけども、滑りも歩きも軽快でございます。

Ncm_0035

1人ラッセルに荷物重めのガイド都合だと、もうちょい長めがいいかもだけど

普通は仲間と交替でラッセルしたり、みんなで非常装備を持ち合うので、そんなに長さは必要ないのではと。

長過ぎれば歩行時の取り回しが悪くなるし、板重量は増え、ウエスト太くなればエッジを噛ませにくくなっちゃうんで。

ちなみに、昨年はパノラミック158㎝をシーズン通して使用し、全く問題無し。

有効エッジの長さを考えてサイズアップしちまったけど、来期はウルトラスプリット158に戻そうかと思案中なのです。

※画像の来期ユニバーサルパックには、ちょっとした仕掛けあり・・・

コメント

今さらながら、先週のK2試乗会のこと

2014-02-13 15:02:04 | おすすめ

素晴らしい品質の日本ボードブランドが人気なのは、当たり前ではありますが

「イメージ先行してるだけで、K2もいい板作ってますよ。乗ってみれば良さが分かってもらえると思うなぁ」

長くK2プロスノーボーダーとして滑り続け、滑りにこだわってきた出口超さんから、そんな言葉を聞くことができました。

同席していたK2ジャパン社長からも、全く知り得なかった「板へのこだわり」が続々出てきまして

 へぇ~ まじっすかー

と、アホ面で感心しきりのわたくしでしたとさ。

 

たまにヘンなもんも作りはしますが(笑)

目からウロコの発想や、トライな精神はすんばらしいメーカーであると思いますし

板も、乗りやすいものばかりだと思いますよ。

 

何より、今回の試乗会のような集まりに来る事で、面白い人達にお会いできることこそ

板一枚貰う以上の財産なんだろうなぁと。

 

今回は特に、前述の出口さんとゆっくりお話しできたのがとても良かったすね。

夏は若狭の海でダイビングサービスを提供されておるとのこと。

http://www.wakasa-ds.net/

時に危険な自然の中で楽しく遊んで頂く、という点では同じ仕事。

先輩として、とても良いお話しを頂きました。

 

今のところ、4月16日(水)~20日(日)かぐらにて、お客様も一緒に楽しめる試乗会&色々を予定しているようですんで

そこで是非乗ってみて下さいませ。

コメント

関合宿1日目 アウターのおすすめ

2014-01-03 17:20:54 | おすすめ

関温泉1日目。

Ncm_0002_2

お揃いの人、いた(笑)

同じくコロンビアメンバーの関温泉スタッフハヤトくんと、うっかりサイズ比較になりまして。

※僕の方はもうちょい裾絞らない方がいいすね。

    

僕ら着てるのは滑り用のアウターでフィッチバーグジャケット&パンツ。

3レイヤーのハードシェルで、山でもゲレンデでもイケるやつです。

 

小西隆文プロの意見を、滑り手目線で盛り込んでありまして

かなりシルエット変えてあります。

過去にあったモデルよりも腕や裾を延長してあり

腕伸ばしても寸足らずにならんし

お尻もしっかり隠れます。

他に首まわり広くしたりと、色々良くなってますね。

 

まあもちろん不満が無いわけじゃないし

あまりギア褒めることないけど(笑)

品質と値段のバランス考えても、もし個人的に買うならこいつは最有力候補かと。

いいと思います。

 

今日はフリーライディングセッションもご参加ありまして

ありがとうございました!

コメント

雪崩のお勉強のすすめ

2013-10-28 20:49:08 | おすすめ

 今年も日本雪崩ネットワークのスケジュール発表の時期となりまして 

「気づき」の機会であるアバランチナイト 

机上雪上での講習会であるセイフティキャンプなどの告知が始まっとります。 

わたくしはセイフティキャンプ妙高の回でお手伝いとして参加しますのでおよろしく。

 

アバランチナイトは講習会じゃないので

 

 これ強調しときましょうね

 

何回も参加されてて「もうこれでどこでも滑れるぜー」と自信がついてしまわれた方。

 

本を読むだけで安心している方も同様に

 

内容は同じでも、机上と現場でやるのとでは別次元なんで

 

ぜひ講習会にお進みくださいませ。

 

 

少し前に雪崩対策の道具についておすすめしたけど

 

いざって時に使えないんじゃ意味も無し。

 

そして何よりも大事なのは

 

「いざ」を避けるための知識と行動だと、思うなー。

 

 

ガイド同志で話していても、雪崩ネットの活動に関わり、ステップアップの講習を受けることについては賛否両論あります。

 

ここ数年で熱心なメンバーが立て続けに亡くなったのも事実。<o:p></o:p>

それでもねー

意味が無いなんて、思わない。

 

確固たる方程式の立たない世界だけど、予測と検証を重ねていくことで進歩するはず。

あきらめた時点で可能性はゼロになっちゃうわけで。

もったいないしさー、なんかこう、なんだろうなー

誰が何と言おうと、この冬も雪と地形と空とのにらめっこの日々です。

 

おもくそ私情入ったんで、話し戻しまして。

 

 

ガイドであろうと一般の方であろうと、お邪魔する山は一緒なもんで

 

 いや、むしろ皆さんの方が攻めていらっしゃるかと・・・

 

エアバッグやら無線やらで武装するのも結構ですが

 

基本からちゃんと向き合うってので、いかがでしょう。

 

 

ちなみに

 

セイフティキャンプではパーティ行動や読図に関してはほとんど触れないので、そっちはウチで是非およろしくーっす。

コメント