SANGA diary

信越の山々の滑走ガイド「サンガ」のあれこれ

山のパトロールが始まります

2018-06-29 19:18:57 | 登山
いよいよ、北アルプス北部夏山常駐パトロール隊

通称「常駐」

の仕事が始まります。
6年目の今期は、昨年から引き続いて藪尾根と脆い岩尾根の山の担当となりました。


「楽しそうだね」
と言われますが、あくまで仕事ですからね。
厄介な登山者をなだめたり、延々と続く藪刈りに浮き石除去、各小屋での人間関係に気を遣ったりと、下界のお仕事と変わらぬ苦労は多々あります。

それでも
そんなものをふっ飛ばすくらいのいい事は多々あります。
僕はこの仕事が好きだし、誇りに思っています。

よく道ゆく人に「ありがとうございます」と言われる僕らですが、単なる職務ですし日陰の存在であるべきでしょうから、お礼は必要無いと思います。
ただ普通に挨拶してもらえて、楽しんでいる姿を見せてもらえれば僕らは報われます。

とにかくできるだけ道を歩き、できるだけ沢山の人に話しかけていきたいと思います。

コメント

今期最後のツアーは残雪ハイキングでした

2018-04-30 17:18:03 | 滑走
「今日はもう滑りはおいといて、景色見に行きましょう」
と、朝一の宣言通りとなりました。

日々の雨と高温により縦溝だらけ!
滑りにくいことこのうえない状況でしたが、標高上げられない事情を抱えた僕らにはどうしようもございません。


まあしかしですよ。
晴れた日に、いい景色を見てもらえたのは何よりでした。
ありがとうございました!


麓の緑も濃くなり、素晴らしい季節を迎えました。

ガイド始めて10年の今期も大した事故も無く終わることができました。
相も変わらず攻めないガイディングですが、それをご理解頂けるお客様のおかげでこうして無事でいられます。

今後も永く、いい山行を提供できればと思っております。
また雪が降るころ、お会いしましょう!
コメント

山奥の温泉小屋へ

2018-04-22 20:48:48 | 滑走
昨年の企画も先週末のも雨で中止に追いやられた蓮華温泉への旅ですが、ついに遊びに行けました。


暑い中、えっちらおっちらと携帯電波の届かぬ楽園へ。
昼間から温泉入ってダラダラするだけという贅沢!


晩御飯は安定の美味しさで、全員おかわりしまくりでした。
蓮華温泉ロッジさんは3年越しの宿泊でしたが、何度来ても最高です。


翌朝も気持ちよく晴れて、暑い中を延々登り上げまして。


ついでに大きな斜面も滑ってゴール。


やりきりました!

雪も減ってきて滑走はどうだかなーというのが内心でしたが、存外良かったですね。
何しろのんびり温泉の旅は間違いなく楽しい。

いい旅をありがとうございました!

コメント

桜に雪の日は即興合同ガイディング

2018-04-08 22:19:23 | 滑走
雨模様の土曜、お仕事入れる気もなくクライミングジムでぶら下がりながら
「いや~明日もカッチカチの上にちょい積もるくらいじゃねぇすかね~」
などと翌日現場へ向かえば


40cm以上の新雪でした。

麓で友人の山口謙ガイドと会い、本日の雪崩についてああだこうだ話し合ってからふと気付くと、お互いお客さんはごく少なく。
「じゃあ合同で行っちゃいますかね」
ということで仲良くラッセルしたもんです。

山へ向かう車の中、桜に雪が積もるのを見ては、雪の安定度と狙う斜面について考えては自分に言い聞かせるのをブツブツとやっていましたが、無事終われてホッとしております。

コメント

暑いくらいの里山でのんびりと

2018-04-01 22:06:58 | 滑走
「のんびりしたところに滑りに行きたい」
とのことで、ブナの森へ。




しかし暑かった!
山頂でダラダラと昼寝の時間も贅沢でした。

「いい雪」重視するならばもっと標高上げたいところでしたが
リフト使わずにユルユルと登って滑る山行もいいもんです。

「やっぱり山は春だわ」
と連呼しておる最近です。
コメント

またしても快晴の週末

2018-03-25 21:22:21 | 滑走
春の陽気に真っ白な新雪。
それはガイドにとって溜息の出る状況なのです。

今週末も寸前になっていらない雪が積もってくれちゃったけど
晴れてりゃ山登って損することはありません。



景色は最高だし、楽しく滑れるところも多く
終わってみれば楽しい日の連続でした。

穏やかなご夫婦とのゆっくり山行の土曜。
初対面のやる気あふれる男子とガンガン攻める日曜。

いい感じでした!

これにて妙高の高標高帯に簡単アクセスできるのは最後。
また春には別のほうから行けますね。

ありがとうございました!

コメント

冬と春の狭間

2018-03-18 23:02:56 | 滑走
スキー場のパトロールのお手伝いもようやく暇になり、ようやく平和な日々を過ごしております。

平日は山やゲレンデでしっかり遊んで週末は頑張ってお仕事する!という今さらながらガイドらしい生活ですね。

で、週末のお仕事は公募ツアー。
お馴染みの方からご無沙汰の方までご参加頂きました。

直前にちょっとだけ降って半端に冷えたり暖かくなったり難しい条件に悩みましたが


ザックリした選択と必殺現場主義でどうにかなりました。
と言うより、結構楽しかったですね。

これもまずは天気が素晴らしく良かったことと
お客さんの前向きに山を楽しむ心意気があってこそです。

凄いパウダーを滑れるわけでもないけれど
冬と春の狭間の穏やかな山は、なんだかいいですね。

ご参加ありがとうございました!
コメント

今期最後のセイフティキャンプ

2018-03-11 23:55:08 | 滑走
先週末のセイフティキャンプは告知早々に定員となり、その後「まだ開催ありますか?」というリクエストで開催しました。

「雪崩の講習」というと

雪掘ってー雪の柱叩いてー

みたいな印象が強いようですが
セイフティキャンプの主軸はソレではありません。


これも立派な講習中の風景です。

今期最後の開催となる今回も、参加の皆さんそれぞれに充実した試行錯誤をして頂きました。
ご参加ありがとうございました!

日本雪崩ネットワークのセイフティキャンプを個人開催可能とする「プロバイダー制度」の初年度、僕の方では6回20名のご参加を頂きました。

来期も雪崩ネットとこの開催契約を継続するかどうかは未定ですが
何はともあれ、受講した方達が事故に遭わず、楽しく山を続けて頂ければ本望です。
コメント

公募の雪崩講習①

2018-03-04 21:59:42 | 滑走
「公募での開催ありませんかね?」
というご要望で企画した「セイフティキャンプ」でした。

暑いくらいの天気の中での開催となりまして。


「春は雪も安定して」
なんて世間様では言われますが、雪崩のことが単純なので危険を避けやすいだけであって、危険性はあるわけです。
それに対しての行動判断の根本は、厳冬期と変わりません。

積雪が少ないシーズン始めやドカドカ降り過ぎる厳冬期よりも、むしろこれからの時期の方が講習が充実すると思います。
そして3月は昔から「三寒四温」と言われるくらいに目まぐるしい天候変化のころですから、むしろ最適です。

今回は5名様のご参加頂いたので、「一滴」主宰の中村昭彦ガイドに安全管理のお手伝いをお願いしました(講釈自体は僕のみで担当)。
http://www.itteki-guide.com/
一昨年に日本雪崩ネットワークの雪崩業務従事者レベル1を修了して以来、地道に雪崩の勉強を積み重ねている信頼のおける人です。

今回もまたやる気あふれる皆さんにご参加頂き、僕としてもやりがいある二日間でした。
ご参加ありがとうございました!




コメント

定番極上ルートはアメとムチ

2018-02-25 21:01:50 | 滑走
山に行き慣れたお客さんが揃い、妙高の定番だけどなかなか行けないルートへ。


登りはガチガチガサガサ雪の修行系でしたが、いい景色!


そして雲上の滑りは極上でした。

しかし3名様とも、写真撮ってるよりしっかり目に焼き付けておくべき滑りでした。
いいターンしてたなぁ。


雲の中へ突入したらば、案の定滑りにくーい雪になったものの
皆さん足並みよく、いい時間に下山。
素晴らしい!

急斜面かつイヤらしい雪の登りもしっかり耐え、斜面と雪質を存分に味わう素晴らしい滑り。
何度もの登り滑りの切り替えにツボ足歩行と、総合力が必要な状況だったけれど、おかげ様でスムースに楽しむことができました。

頑張ったぶんのご褒美ツアー、ありがとうございました!
コメント