さんでんじです。

ブログで思いのまま、自分なりの感想も含めて、発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

参議院選挙の供託金。

2010-06-24 17:16:34 | Weblog
参議院選挙が、いよいよ始まりました。東京選挙区では、なんと24人が立候補しました。議員定数は5人ですよね。仮に有効投票が500万票とします。これを5で割って100万票。その8分の1以上票を獲得しないと300万円の供託金が没収されることになる。つまり12万5000票以上を獲得しないと、300万円の損失になるわけで。当然、東京選挙区には、民主党、自民党、公明党、共産党の各候補が立候補しています。さらにはミニ政党の社民党、みんなの党、国民新党、たちあがれ日本、新党改革、日本創新党などが候補者を立てていますが、供託金は大丈夫なんでしょうか、と心配になりますね。

でも、2.5%以上の支持率をもらわないと、没収ですね。ミニ政党は確か、1%以上の投票支持率がなかったと思うんだけど。ま、東京は、民主2人、公明1人、自民2人で決まりだと思うけど。共産が届くかどうかですね。ひょっとしてみんなの党が来たりして。ダークホースですね。ミニ政党はどこもダメでしょう。おおっ、マック赤坂さんが立候補している。又吉光雄さんもだ。今回は何票取れるでしょうか。300万円は広告費のようなものでしょうね。東京選挙区はいろんな人が出馬して、面白いね。

あれ、新党日本は立候補者がひとりもいない。さすが、田中さんはわかっていらっしゃる。候補者立てたって無駄なことを。

ところで大阪選挙区って、みんな政党ばかりじゃないか。ミニ政党ばかりだけど。あれっ、吉本党の立候補者がいない。大阪府のお笑い100万票はどこへいくのだろうか。民主が2議席取れるかな。無理だろうな。公明は決まりだろうから。自民と民主の争いでしょう。たちあがれ日本の立候補者がいないね。これじゃ全国区もあぶないよ~。みんなの党も、自民党と選挙協力すればいいのに。自民党の足をひっぱっているだけのような。
コメント   この記事についてブログを書く
« なんで、前におったらあかんの? | トップ | もう寝ま~す。デンマーク戦... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事