さんぐう直人 公式ブログ  ”未来は、今、創られる”

政治活動、経済活動など、さんぐう直人の活動を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この会社をどう救うか!- その2

2014年09月25日 18時17分19秒 | 経営改善
最初の訪問から3カ月ほど経ったある日、A工業から会いたいと連絡が入った。電話を掛けてきたのは、あの佐藤常務だった。口調が穏やかになっている、前回訪問したときのエネルギーが感じられない。少しの不安と大きな期待を抱きながら伺った。

そこには佐藤社長と佐藤常務、そして総務の鈴木さんが待っていた。この間の経緯を伺った。前回訪問後の従業員だけの話合いの様子は鈴木さんが話してくれた。

(鈴木さん)
最初は先生に対する批判でした。「今日初めて来た人に『こんな会社で働きたくない』といわれなきゃいけないのか、なんで社長はあんなコンサルを呼んだのか」という調子です。先生への批判が一通り終わると、『自分達は養鶏場の鶏みたい』と現場の作業者がぽつりとつぶやきました。「朝くると挨拶も早々に作業が始まり(コケコッコー)、かんばんが振られ(餌を食べて)、その指示通りに製品をつくる(卵を産む)。毎日毎日この繰り返しでしょ。このままでいいのかなぁ。確かに働き甲斐と言われると自信がないなぁ。」

 この発言が火をつけたのでしょうか、会社に対する不満や職場の問題点についての発言が堰を切ったように次々と飛び出しました。その中で多かったのは佐藤常務に対する不満です。「自分達の話を聴かない、なんでも自分で決める、提案してもつぶされる、いつも怒られている様だ、押し付けばかりだ。」という調子です。  <後略>

鈴木さんが話している間、佐藤常務は何か言いたそうで我慢し続けているがそれも限界。鈴木さんの話を遮るように話し始めた。


(佐藤常務)
正直言って、鈴木さんから話合いの様子を聞いたときは「そこまで言うなら自分達で考えろ!」と投げ出したい気分になりました。自分なりに会社のこと、従業員のことを想いやってきたのに彼らの見方は違っていた。ショックでした。その後、この件は社長とじっくり話し合いました。おそらくA工業に入って初めて本音で話し合ったような。でも話し終わってさわやかな気分がしました。 <中略>

未だにあなたから『この会社で働きたくない』と言われたことに納得をしていません。ただ従業員が言うことにも一理ある、私が気づかなかった問題点もある、彼らは彼らなりに会社のことを考えている、もしかして何も考えず判断しない従業員と思っているのは自分だけかもしれない、そう言えば彼らと腹を割って話したことは無いような気がするし  <後略>

A工業にはかなりのマグマ(不安、不満、欲求)が溜まっていたようだ。そのマグマ溜りに蓋をしていたのが佐藤常務かもしれない。一度、噴火させる必要がありそうだ。

 帰り際に「佐藤常務に変化が見られますが、何をされたのですか」と佐藤社長に質問したら「いやいや大したことはなにも。」と教えてくれない。一体何をしたのだろうと思案しながら、この日はA工業を後にした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加