さんぐう直人 公式ブログ  ”未来は、今、創られる”

政治活動、経済活動など、さんぐう直人の活動を紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

100人の1歩 その1

2020年03月30日 11時31分32秒 | 議員日記

 本日、志村けんさんが逝去。心よりご冥福をお祈りします。また、笑いを通して元気を届け続けてくれた志村けんさんに心より感謝感謝感謝です。けんさん、ありがとう。

さて久々の投稿です。

 日本では高齢化が進み少子化が相まって人口が減少、税収減だが福祉費増で国も地方自治体の財政はアップアップ。協働社会、共創社会、お互い様社会などと叫ばれるが、コロナ対応は国や行政の想いが届かず我が事ではなく人ごと、笛吹けど踊らずか。賛同する1人が頑張って100歩進むより100人が1歩進む方が力強いはず。私たちができそうな「100人の1歩」をあげてみました。もちろん市民に協力を求めるわけで「無理なく続けられる」ことが大前提です。

 

100人の1歩 その1「レジ袋削減」

目的は温暖化の原因とされる「Co2削減(海洋マイクロプラスチック問題にも貢献できる!)」です。

 そのために私たちがやることは「マイバックを買って持ってお買い物」だけ。市内のスーパーMaでは〇円引き、スーパーHaでは〇円引きのうえ袋詰めまでしてくれます。レジ袋がないと困るんだよなぁの声が聞こえてきますが、台所の片隅で山になっていませんか?結局は捨てていませんか?。私もマイバックで買い物をしています。たまに持参を忘れてしまい都度買い足していたらマイバックが5枚にもなりました( ^^) _U~~。。こんな経験から、レジ袋ゼロは無理でも減らすことはできると確信しています。

「レジ袋を減らしたくらいで、そんなに効果があるの?」と私も疑心案疑で試算してみたら、こんな結果。

Co2削減量 年間400トン

400トンは大きいか小さいか?

 柏崎市のCo2削減目標は9万トンです。ガソリン車からハイブリッド車への切り替えの500台分に、ガソリン車から電気自動車への切り替えの100台分に相当します。負担も大です。

繰り返しますが私たちがやることは、

マイバックを買って持ってお買い物

だけです。

柏崎市はレジ袋削減市民運動の宣言都市です。夏にはレジ袋の有料化が始まります。これを機に始めませんか!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この会社をどう救うか!- その2 | トップ | 100人の1歩 その2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。