70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

盛り上がったクリスマス会

2018-12-25 12:19:23 | 愛すべき子どもたち

今年もさんあいの最大イベントのクリスマス会は、大いに盛り上がりました。 特に今年は子どもたちと職員が頑張って様々な出し物に挑戦してくれました。また、食事も工夫してて子どもたちの好きなものを中心に余らないような量を出しました。いただいたケーキが沢山あるので、子どもたちは主食よりもそっちが気になる様でした。

今年もこんなすばらしいクリスマス会を持てることを神様に感謝しました。同時にさんあいのスピリットである「隣人愛」の精神で子どもたちと職員からのクリスマス献金をシリア難民の越冬支援に捧げました。

 

子どもたちの好きなものベスト3(ポテト、空揚げ、お寿司)を用意しました。でも、やっぱりケーキに目が行ってしまいます。

 

讃美歌、牧師先生のメッセージ、献金の後は、テーブルにあったロウソクに点火して「きよしこの夜」を歌いました。

 

礼拝が終わった後、鈴の音とともにサンタさんとトナカイさんがやってきました。

 

新人職員による創作クリスマスストリーの紙芝居です。

 

元吹奏楽部員の職員によるクリスマスメロディーです。みんな感動しました。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« よき知らせ(good news) | トップ | 地域のサンタさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事