70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

春の色どり

2021-04-27 14:01:45 | 愛すべき子どもたち

さんあいの周りの桜や水仙は散ってしまいました。でも春真っただ中、園の周りで草花が子どもたちをたちを楽しませてくれます。自然を愛でるちょっとした職員の気づかいが、子どもたちの生活には欠かせません。

名前は分かりませが、見事に育った青い花です。

 

ペチュニアは、これからもっと大きくなります。

 

 

去年の秋に植えたイチゴが、見事に育って実をつけました。 子どもたちは熟したのから食べています。

 

 

玄関は、パンジーが出迎えてくれます。

 

 

子どもたちが遊ぶ中庭の芝も青くなってきました。 これも職員が水や肥料をあげこまめに除草して育てています。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 一時保護児童の増加 | トップ | 雨の祝日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事