70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

ある「秋の夕

2018-10-05 17:14:45 | 愛すべき子どもたち

子どもたちが学校から帰ってくると、あっという間に暗くなってしまうのが秋の夕です。短くて気持ちのいい季節を味わうように子どもたちは、中庭の周りを走ります。冬の持久走の練習ではなく、単純に走るのが気持ちよくて楽しいようです。

最近ポニーは夕方になると夜中までずっと吠えます。何か不安なことがあるのでしょうか? 原因を探っています。「ポニーちゃんのお誕生日はいつ?」と小学生女児の間で疑問が生まれました。飼い主が何人か変わっているので把握できませんが、さんあいに来たのは3月18日だったので、その日を誕生日としました。

さんあいのある秋の夕のお話でした。

自然発生的にみんなでお庭を走り出しました。涼しいし気持ちいいね!

 

ポニーちゃん、お誕生日が決まってよかったんね! 来年の3月で8歳?とは思えない若さです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« スポーツと文化の秋 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事