70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

元旦の日

2019-01-02 00:00:01 | 愛すべき子どもたち

「新年あけまして、おめでとうございます!」 元気な声であいさつをする子、恥ずかしそうに言う子、何も言わずにいつものように起きてくる子。兎に角、新年が明けました。昨晩は新年まで頑張って起きていた子も少しいたようですが、ほとんどが睡魔にのまれてあえなくベットへというパターンだったようです。小学生たちは朝から元旦礼拝に教会へ行きました。そして帰ってきてから、全員がホールに集合して園長先生からお年玉をもらいます。去年の4月から入所して幼児さんはお年玉の意味が分からない子もいましたが、「特別なお小遣いだよ」と説明するとパッと顔が明るくなりました。今年の元旦はほんとう穏やかな日でした。

朝は伝統的なおせち料理を食べました。

 

ホールで新年のあいさつをしてから、お年玉をもらいました。

 

お年玉は、むだ使いしないようにもらった後は、職員に預けます。

 

さんあいのペットのポニーちゃん、今年もよろしくお願いします。

 

風ひとつない穏やかな元旦で、凧揚げには残念な日でした。でも大丈夫、お正月は始まったばかりだよ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 問題の外在化 | トップ | お餅つき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事