70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

サッカーの試合

2017-12-04 16:10:05 | 愛すべき子どもたち

11月28日に子どもたちが通う高校が加盟するサッカーの県大会があった。 さんあいからは2名の男子が別々の高校から大会に参加し、優勝と準優勝の好成績をおさめた。 2人とも最初は緊張した表情で動きが硬かったが、徐々に慣れてチームに大いに貢献していた。 

実はこの二人、中学生の時はレギュラーになれずベンチを温めていた。そして何度もやめたいと口にしていたが、職員が説得して最後まで続けてくれた。そして環境が変わった高校では二人ともレギュラーになり自信に繋がったに違いない。彼らの活躍を見ているいると中学の時の職員の説得が花を咲かせたようでとても嬉しかった。

 

大会当日は、1月並みの寒さでしたが、多くの保護者の方々が応援に来ていました。

 

試合前のエンジン、「絶対勝つぞ!」

 

みんな普段の練習の成果を発揮していた。

 

先生たちも、何とか勝たせたいと戦略を指示する。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフレーミング | トップ | プレゼントの季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事