70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

秋恒例さつま芋掘り

2021-10-12 13:43:11 | 愛すべき子どもたち

さんあいの畑では、毎年ジャガイモやさつま芋を育てます。ジャガイモ掘りは初夏恒例の行事です。そしてさつま芋掘りは秋恒例の行事になっています。中高生とインドア派以外の子はたいてい参加します。勿論収穫した芋は、各ホームに分けてみんなで食べます。さつま芋掘りが終わると子どもたちは一気にハロウインモードになります。コロナも少し落ち着いているので、街では昨年よりは派手な雰囲気になりそうです。でもここは田舎なので、施設の中で盛り上げようと思います。

小さな畑に子どもたちの熱気がムンムンと広がって行きます。

 

職員は、子どもが掘りやすくなるように、まず芋づるの周りの土を掘ります。

 

力ずくで抜こうとすると芋が途中で折れてしまいます。

 

今日一番の大物を掘り当てたSちゃんです。

 

今年はまずまずの収穫でした。土を洗い落として天日で乾燥させてから各ホームに配ります。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本人とは? | トップ | 里親月間 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事