70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

十五夜の食事

2019-09-16 15:24:36 | 愛すべき子どもたち

あまりニュースの話題にもならなくなりましたが、9月13日は中秋の名月、昨日は十五夜でした。さんあいでは栄養士さんのアイデアで行事食のメニューの夕食を作りました。アレンジや盛り付けは各保育士の裁量に任されています。さてどんな夕食ができたのでしょうか、見てみましょう!

 

栗ご飯にさんまの塩焼き、そしてレンコンの揚げ物とサトイモ入りの豚汁、更にはサツマイモタルトのデザート、“秋の味覚の玉手箱や~!”と食レポしたくなります。

 

栗ご飯をおむすびにして食べやすくしました。ウサギ型にしたサツマイモのタルトが可愛い!

 

こちらは何と言っても、みやびに盛り付けた月見団子で食事全体に十五夜感を演出していますね!

コメント   この記事についてブログを書く
« アンガーマネージメント研修 | トップ | ラグビーワールドカップ開幕 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事