70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

雨対策

2021-07-06 11:30:52 | 愛すべき子どもたち

ここは関東平野のほぼ中央に位置していて近くに川もないため、雨による土砂崩れや河川の氾濫による被害の恐れはありません。ただ、さんあいの施設が建っている場所は周りより低い場所にありゲリラ豪雨や台風のような雨が降ると排水が追いつかず中庭に水が溜まってしまいます。そしてそのまま降り続くと建物が床上浸水してしまう恐れがあります。

その予防として、4基設置している排水ポンプを稼働させます。今年は梅雨は降雨量が多く、ゲリラ豪雨的な降り方の時に一度ポンプを使いました。

こんな豪雨になると、中庭が心配になります。

 

建物の構造上、屋根の雨も全部中庭に集まってしまいます。でもこのペースの降り方だと排水も間に合います。

 

豪雨の際は玄関先が水の勢いでビシャビシャになるある恐れがあるので、大事を取って側溝に排水ポンプ設置して隣の遊水地に流しました。

 

今回の大雨で、被害にあわれた地域の方々の復興を祈念いたします。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 無農薬野菜の寄付 | トップ | 3施設合同職員研修 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事