70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

久しぶりの日光

2021-09-10 17:03:13 | 愛すべき子どもたち

今日は、久しぶりに太陽が顔を出し学校から帰った子どもたちが、みんな引き寄せられるように中庭に出てきました。中高生たち、学校のことや恋ばなに夢中です。その他の子たちは兎に角日光を一杯浴びながら体を動かしていました。さんあいの奇麗な中庭の存在は、子どもたちの心の安定や癒しに大きく貢献していると思います。

午後5時太陽は沈みかけていますが、フカフカの芝生の上で子どもたちのお話や運動は止む様子はありません。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする